スポンサードリンク

外用剤 専門用語解説

/

「タコ」と「ウオノメ」は何が違うの?

回答:皮膚の内と外、どちらに病変が進むか

 「タコ」と「ウオノメ」はどちらも皮膚が硬くなる、角質が増殖する皮膚病変です。

 「タコ」は、皮膚の表面が厚くなって、盛り上がってくるようにできます。
 「ウオノメ」は、皮膚の表面から”楔(くさび)”のように、中へ向かって食い込むようにできます。
タコとウオノメ

「ウオノメ」は痛い

 「ウオノメ」は、皮膚の角質層から真皮層にかけて、「楔(くさび)」のように増殖した角質が食い込んでいくようにできます。
 真皮層の下には神経が走っています。そのため、力が加わるとこの「楔」が神経を圧迫し、痛みを感じます。
ウオノメは痛い

 「タコ」は皮膚の表面が硬くなるだけなので痛みはなく、逆に刺激に対して鈍感になります。また、「タコ」は足に限らず、皮膚に頻繁に刺激がかかるとどこにでもできます(例:ペンだこ)。

薬剤師としてのアドバイス:治療は、”正しい診断”が前提

 「タコ」や「ウオノメ」は、基本的には放置しても特に問題ありません。また、『スピール膏(一般名:サリチル酸)』は硬くなった皮膚を剥がす作用で、「タコ」や「ウオノメ」を治療できます。この薬は市販もされています。

 しかし、こうした治療も”正しい診断”が前提です。自己判断で「タコ」や「ウオノメ」と判断してしまうことには危険が伴います。感染症など別の皮膚病には、「タコ」や「ウオノメ」と区別がつきにくい症状で現れるものがあるからです。
 中には、足にできた悪性腫瘍を「タコ」と思い込んでいたために発見が遅れてしまった、というようなケースもあります。

 また、糖尿病を患っている人は、末梢の血流が悪化しているために、足などが化膿しやすい状態にあります。適切な治療を行わなかった場合、「タコ」や「ウオノメ」から化膿や細菌感染を起こしてしまう恐れもあります。

 皮膚に異変があった場合には一度、きちんと皮膚科を受診することをお勧めします。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


【主な活動】

★「PharmaTribune」にてコラム「今月、世間を賑わした健康情報」連載中です。
★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  2. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラス1」に取材協力しました
  3. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  4. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  5. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
PAGE TOP