スポンサードリンク

便秘薬 薬物動態学

/

『マグミット』に半減期はある?~吸収されずに効果を発揮する薬

回答:そもそも吸収されないので、半減期もない

 「半減期」とは、血液中の薬の濃度が半分に減少するのにかかる時間のことです。

 『マグミット(一般名:酸化マグネシウム)』のように、そもそも消化管から吸収されない薬は、血液中に薬が到達することもないため、「半減期」も存在しません。

回答の根拠:『マグミット』の作用機序

 『マグミット』などの「酸化マグネシウム」製剤には、酸を抑えることで胃粘膜を守る効果(制酸作用)と、腸内で水分を集めて便を柔らかくする効果(緩下作用)があります。

※制酸作用
 酸化マグネシウム(MgO)は、胃酸(HCl)を中和することにより制酸作用を発揮します。
 MgO+2HCl→MgCl2+H2O

※緩下作用
 胃酸と反応して塩化マグネシウム(MgCl2)となった後、腸で難吸収性の重炭酸塩(Mg(HCO3)2)、炭酸塩(MgCO3)に変化します。
 この重炭酸塩や炭酸塩は水分を集める性質があり、これによって腸管内容物を軟化させます。また、水分を集めることで腸管内容物は膨張するため、それが腸管を刺激し、排便を促します1)。

 1) マグミット錠 添付文書

マグミットの吸収
 このように『マグミット』は血液中に吸収されることなく、「酸化マグネシウム」という物質が排泄されるまでの過程、その道中で起こす化学反応によって効果を発揮します。
 そのためCmaxやT1/2など、薬の効果の指標になる体内動態データはありません2)。

 2) マグミット錠 インタビューフォーム

血液中に吸収されない薬

 多くの薬は、消化管などから吸収されて血液中に入り、全身をめぐることで効果を発揮します。しかし『マグミット』のように、消化管内だけで作用する目的の薬であれば、吸収される必要はありません。

※消化管から吸収されない薬の例
『ビオフェルミン』・・・整腸剤。腸内に善玉菌を供給することが目的
『バンコマイシン』・・・抗生物質。腸管内を殺菌する目的で内服することも

薬剤師としてのアドバイス:ごく微量の吸収に留意する

 「吸収されずに効果を発揮する薬」であっても、ごく微量は血液中に吸収される可能性があります。特に、微量元素は「微量」で作用があることから、特に気を付ける必要があります(例:「亜鉛」と「銅」のミネラルバランス)。

 そのため、長期間に渡って使い続けていた場合には、吸収された「マグネシウム」が身体に何らかの影響を与える可能性はゼロではありません。
 『マグミット』の添付文書にも、長期使用した場合の「高マグネシウム血症」に対する注意書きがされています。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  2. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  3. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  4. 告知情報

    【書籍化のお知らせ】「薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100」
  5. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
PAGE TOP