■サイト内検索


スポンサードリンク

【疾患別の目次】 ビタミン

/

【目次】ビタミン・栄養に関するQ&A

index-vitamin

ビタミンB群の薬

 ビタミンB群の薬は3種類あり、それぞれ誘導体やビタミンB2の有無など細かな違いがありますが、適応症は同じです。

『ビタノイリン』と『ビタメジン』と『ノイロビタン』~誘導体の違いと、ビタミンB2の配合意義

ビタミンCの薬

 「ビタミンC(アスコルビン酸)」は、「パントテン酸」と併用することで効果が高まります。

ビタミンC製剤の『シナール配合顆粒』に入っている「パントテン酸」って何?~アスコルビン酸との併用効果

ビタミンの摂り過ぎは危険か?

 ビタミンには水溶性のものと脂溶性のものがあります。水溶性のビタミンは多少摂り過ぎても、尿となって出ていくだけなので問題ありません(ビタミン剤を飲むと尿の色が濃くなります)。一方、脂溶性のビタミンは過剰摂取に注意が必要です。

ビタミンは摂り過ぎても大丈夫?~脂溶性ビタミンの過剰症に注意

ビタミンDの塗り薬

 乾癬などに使うビタミンDの塗り薬は、ステロイド外用剤と混ぜると効果が落ちてしまうことがあります。しかし、混ぜた薬は使いやすく塗る手間も少ないため、敢えて混ぜて使う場合もあります。

「ステロイド外用剤」と「ビタミンD3製剤」は混ぜても良い?

 

栄養剤

 食べ物を口から摂取できなくなった場合、流動食や栄養剤でエネルギー・ビタミン・微量元素を補充する場合があります。

『エレンタール』と『エンシュア』~タンパク質・脂質の配合と風味・浸透圧
『エンシュア』・『ラコール』・『エネーボ』~半消化態栄養剤の値段・栄養バランスと微量元素
『リーバクト』と『アミノレバン』~BCAA製剤のカロリーと使い分け

目次へ戻る

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動

【書籍】
■羊土社
薬の比較と使い分け100(2017年)
OTC医薬品の比較と使い分け(2019年)
■日経メディカル開発
薬剤師のための医療情報検索テクニック(2019年)
■金芳堂
医学論文の活かし方(2020年)

 

【連載】
Medical Tribune / PharmaTribune
ダイヤモンド・ドラッグストア
m3.com

 

【講演】
薬剤師会(兵庫県/大阪府/広島県/山口県)
大学(兵庫医療大学/同志社女子大学)
学会(日本薬局学会/プライマリ・ケア連合学会/アプライド・セラピューティクス学会)

 

【監修・出演等】
異世界薬局(MFコミックス)
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ / TBSラジオ
yomiDr./朝日新聞AERA/BuzzFeed/日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

 

 

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■おすすめ記事

  1. 添付文書に記載された副作用頻度の数字を、単純に比較してはいけ…
  2. 『テルネリン』と『ミオナール』、同じ筋弛緩薬の違いは?~効果…
  3. 【新刊のお知らせ】「薬剤師のための 医療情報検索テクニック」…
  4. 『メルカゾール』と『チウラジール』、同じ甲状腺の薬の違いは?…
  5. 「リン酸コデイン」は12歳未満に使っても良い?~呼吸抑制と日…
  6. 『タミフル』・『リレンザ』・『イナビル』・『ラピアクタ』、同…
  7. 『アマリール』・『グリミクロン』・『オイグルコン』、同じ糖尿…

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

スポンサードリンク
PAGE TOP