スポンサードリンク

知っておくべきこと ウイルス性肝炎

/

肝炎のA型、B型、C型って何が違うの?~なぜC型肝炎は怖いのか

回答:ウイルスが異なるので、感染経路や予後も異なる

 ウイルス性肝炎はウイルスに感染することで発症しますが、この肝炎ウイルスにはA型からE型まで5種類のタイプが存在します。
 それぞれ感染経路や感染した後の症状・予後も全く異なるため、明確に区別して考える必要があります。

 経口感染するもののほとんどが自然治癒するA型、血液感染して稀に劇症化するB型、血液感染してゆっくりと肝がんに進行するC型肝炎が、日本で問題となるウイルス性肝炎です。

 D型・E型肝炎は、通常日本では問題になりません。

 特に、感染から長い時間をかけてゆっくりと肝硬変や肝がんに進行していくC型肝炎は治療も難しく、大きな問題となっています。

A型肝炎:ほとんどは1週間で自然治癒する

原因ウイルス:A型肝炎ウイルス
主な感染源:カキやハマグリなどの貝類
主な感染経路:貝類の生食、感染者の便で汚染された水から経口感染
潜伏期間:1ヶ月ほど
劇症肝炎化:めったにない
キャリア化:ない
肝硬変化:ない
がん化:ない

 A型肝炎は、貝類などの食品や飲料水を摂取することで感染します。1ヶ月ほど潜伏したのち、発熱・嘔吐・食欲不振・倦怠感などの症状を起こしますが、通常は1週間程度で自然治癒します。また、治癒した際に肝臓にウイルスが残るようなこともありません。

 ただし、ごく稀に劇症肝炎、急性腎不全などにつながる恐れがあります。衛生状態の悪い地域に滞在する際には、ワクチン接種をすることも考慮する必要があります。

B型肝炎:血液感染し、稀に劇症化・慢性化する

原因ウイルス:B型肝炎ウイルス
主な感染源:血液、体液
主な感染経路:出生時の母子感染、性交渉、汚染された医療器具の使用によるピアスや刺青、外傷など
潜伏期間:1~3ヶ月
劇症肝炎化:1~2%が劇症化する
キャリア化:あり
肝硬変化:あり
がん化:あり

 B型肝炎ウイルスに感染すると、急性肝炎を起こすことがありますが、90%以上がそのまま治癒し、慢性化することはありません。中には自覚症状がないまま治癒することもあります。ただし、1~2%が劇症肝炎に移行します。劇症肝炎は致死率が40~50%と非常に高い病態です。

 また、感染したウイルスの遺伝子型が「ジェノタイプA」だった場合、10~15%が慢性肝炎に移行すると言われています1)。

 1) 国立研究開発法人 国立国際医療研究センター「肝炎情報センター」

 B型肝炎ウイルスによる肝炎の発症は、ワクチンの接種によって予防することができます。

C型肝炎:肝臓がんの80%を占める

原因ウイルス:C型肝炎ウイルス
主な感染源:血液
主な感染経路:性交渉、医療従事者の針刺し事故、覚醒剤の回し打ちなど
潜伏期間:40日
劇症肝炎化:あり
キャリア化:あり
肝硬変化:あり
がん化:あり
C型肝炎ウイルス感染後のフロー
 肝臓がんの原因の80%がC型肝炎であると言われ2)、C型肝炎ウイルスに感染すると、20~30年ほどの時間をかけて肝硬変、肝臓がんへと移行していきます3)。

 2) 日本肝臓学会 肝がん白書 (2011)
 3) Cancer.95(2):331-9,(2002) PMID:12124834

 現在使われている血液製剤は高い精度の検査が行われているため、まず感染は起こりません。しかし、1990年代以前の輸血や血液製剤では検査が不十分であり、薬害による感染者が生じています。

 
 2015年に入ってC型肝炎の新しい治療薬『ソバルディ(一般名:ソホスブビル)』が登場し、また従来まで難治性とされたジェノタイプにも高い効果を発揮する『ハーボニー(一般名:ソホスブビル + レジパスビル)』や『ヴィキラックス(一般名:オムビタスビル + パリタプレビル + リトナビル)が承認されるなど、C型肝炎の治療は大きく進歩しています。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


【主な活動】

★「PharmaTribune」にてコラム「今月、世間を賑わした健康情報」連載中です。
★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラス1」に取材協力しました
  2. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  3. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  4. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  5. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
PAGE TOP