スポンサードリンク

外用剤 薬の特別な使い方

/

「トラネキサム酸」には美白効果がある?~肝斑への効果と、効果のないシミ

回答:肝斑による色素沈着は軽減する

 『トランサミン(一般名:トラネキサム酸)』には、肝斑による色素沈着を軽減する効果があります。

 ただし、効果があるのは肝斑のシミであって、全てのシミに対して効果が期待できるわけではありません(例:炎症の後の色素沈着)。

回答の根拠①:肝斑への治療効果

 『トランサミン』の内服によって、肝斑で起きる色素沈着を軽減できるとする報告があります1)。
 また、『トランサミン』には大きな副作用もないため、肝斑の治療に対して安全で有効だとする報告もあります2)。

 1) 臨床 61:735-743,(2007)
 2) Aesthetic Plast Surg.36(4):964-70,(2012) PMID:22552446

 ただし、外用剤に関しては、肝斑に対して有効であるとする報告3)と、色素沈着の軽減傾向にはあるものの有意差がつくほどではなかったとする報告4)とがあり、議論が続いています。

 3) 皮膚の科学 6:649-652,(2007)
 4) J Cosmet Laser Ther.14(3):150-4,(2012) PMID:22506692

回答の根拠②:よくわかっていない作用機序と、効果のないシミ

 色素沈着に関与するメラノサイトを「プラスミン」が活性化するため、この「プラスミン」を抑制する『トランサミン』がシミに効く、という可能性が示唆されていますが、明確な作用機序はわかっていません。

 また、炎症によってできた色素沈着や、雀卵斑のシミに対しては効果が得られないことが報告されています5)。

 5) 皮膚 30:676-680,(1988)

薬剤師としてのアドバイス:シミの抱える問題と、コストパフォーマンス

 シミは一つの原因だけで起きているわけではなく、複数の原因によって起きているケースも多々あります。その場合、例え肝斑によるシミが軽減されても、その下にあった老人性色素斑が浮き出てくる、といったことが起こります。
 2つ以上のシミがある場合には、それぞれを正しく診断し、それぞれに適した治療を行う必要があります。

 また、「トラネキサム酸」の有用性を報告する文献の数も増えてきていますが、まだ症例報告などが主で、特にエビデンスレベルが十分に高いものが揃っているわけではありません。

 こうした状況下で、保険の効かない自費診療や市販薬のコストを考えると、悩ましい部分があるのも事実です。
 どのくらいの効果が期待できるのか、どのくらいの期間続ける必要があるのか、どのくらいのお金がかかるのか、きちんと納得できる説明を受けるようにしてください。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


【主な活動】

★「PharmaTribune」にてコラム「今月、世間を賑わした健康情報」連載中です。
★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneで連載コラムが始まりました
  2. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラス1」に取材協力しました
  3. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  4. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  5. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
PAGE TOP