スポンサードリンク

薬剤師のありかた 知っておくべきこと

/

薬剤師の「今日はどうされましたか?」~質問の意図を確認し、薬剤師の質を見極める

薬剤師に、質問の意図を確認しよう

 さっき病院で診察してもらってきたのに、なぜまた薬局で薬剤師に「今日はどうされましたか?」と聞かれるのでしょうか(私はそんな聞き方しませんが)。

 他にも、薬剤師から色々と質問をされるものの、なぜそんな質問をされるのかわからない、興味本位で聞かれているだけではないのか、と疑問・不快に思う人はたくさん居ます。

 そんな場合には、遠慮せずに「なぜそんな事を聞くのですか?」と、質問の意図を確認してみてください。そこで納得いくような返答がなければ、その薬剤師は失格です。お金を払っているのですから、他のマトモな薬剤師に交代してもらうべきです。

薬剤師への質問は、失礼でもなんでもない

 薬剤師に向かってそんな失礼な質問はできない、と言われる方がおられます。
 しかし、そもそも「質問の意図がわからない」ような質問の仕方をする薬剤師の方が、先に失礼です。

 健康や病気という究極の個人情報について聞こうというのですから、細心の注意を払って然るべきです。少なくとも、「少し確認させて頂きたいのですが・・・」といったような断りを先に入れるべきです。

 マトモな薬剤師であれば、不必要な質問はしません。興味本位で聞くようなこともありません。全ての質問や確認には、患者の健康を守るという意図があります。
 ですので、もし断りなく聞かれた場合でも「なぜそんな事を聞くのですか?」と質問すれば、「これは〇〇というためですよ」という返答が返ってくるはずです。

薬剤師は、「処方」が妥当かどうかをまず確認する

 「今日はどうされましたか?」という質問の大半は、処方が妥当かどうかを確認するために行われています。

 「処方内容を見れば、”風邪”であることぐらいわかるだろう」と言われることがあります。確かに、薬の内容や組み合わせを見れば、おおよその症状については推測できます。
 しかし、その推測できる症状と、患者本人が抱えている症状が、必ずしも一致するとは限りません。

 いま、処方箋はほとんどがパソコンで入力・印字されています。

 極端な話、前に受診していた人の処方内容が、何らかのミスでコピー&ペーストされ、次の人の処方箋に印字されてしまう、といったことが起こり得ないとは限りません。
 つまり、風邪のBさんの処方箋に、さっきの糖尿病のAさんの薬が印字されてしまう、といった可能性は完全なゼロではありません。
処方の妥当性の確認とは
 こういった不測の事態を防ぐために、薬剤師は患者の主張と処方内容が合致しているかどうか、”処方の妥当性”を確認する作業を行います。
 つまり、薬の内容から症状を推測できるできないに関わらず、風邪なのか糖尿病なのかは、本人や家族から確認する必要があるのです。

 薬は間違った使い方をすれば命に関わります。たとえ、面倒だ邪魔だと罵られようが、患者の健康と生命を守るために、薬剤師は”処方の妥当性”を確認する使命があるのです。

薬剤師は、往々にして説明不足

 病気は極めてプライベートな問題です。
 何のために質問されたのか、その目的や意図が相手に伝わっていなければ、単に興味本位で聞かれたと不快に思われても無理はありません。

 薬剤師だから大丈夫という謎の安心感に胡坐をかいて、丁寧な説明を怠っていると指摘されても仕方ありません。
病気はプライベートな情報
 せめて、「新しい薬が出ているので確認させて頂きたいのですが」とか、「いつもと違う薬が出ているので確認させて頂きたいのですが」といったような、簡単な前置きくらいは行うべきです。

 ところが、そういった配慮のできていない薬剤師がたくさん居ることも事実です。こうした認識の甘さは、何とかしていかねばと思います。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  2. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  3. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  4. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  5. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
PAGE TOP