スポンサードリンク

解熱鎮痛薬・NSAIDs 知っておくべきこと

/

『カロナール』や『アルピニー』などの解熱剤、どのくらいの熱で使うべき?~38℃や38.5℃と言われる根拠

回答:38~38.5℃を越えたとき

 普段の平熱にもよりますが、一般的に『カロナール(一般名:アセトアミノフェン)』や『アルピニー(一般名:アセトアミノフェン)』などの解熱剤は、38~38.5℃を越えたときに使います。

 解熱剤は、熱による辛さや不快感を解消するための対症療法ですので、熱が低い場合や辛さを感じない場合には、必ずしも解熱剤を使う必要はありません。

回答の根拠:正常な「発熱」と、治療が必要な「高熱」の定義

 細菌やウイルスに感染した場合、ヒトの身体は「発熱」して免疫力を高めたり、細菌やウイルスの活動を弱めたりする防衛反応を起こします。

 しかし、生卵を温かい白米の上に乗せると固まってしまうことからもわかるように、タンパク質は熱に弱い性質を持っています。ヒトの身体もタンパク質で構成されているため、あまり高熱になると悪影響が出ます。

 感染症法においては、37.5~38.0℃は正常な「発熱」、38.0℃以上を治療が必要な「高熱」と定義されています1)。
ヒトの深部体温

 1) 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律

 熱中症などで体温が上昇した場合、脱水症などを併発していなくとも、深部体温が40℃を超えると独立した死亡因子になることが報告されています2)。

 2) Intensive Care Med.36(2):272-80,(2010) PMID:19841896

薬剤師としてのアドバイス:解熱剤は、熱による辛さ・不快感の解消が目的

 解熱剤の目的は、高熱による辛さや不快感を解消することです。熱を下げても根本的な治療にはなりませんので、ほんの0.2~0.3℃であっても、本人の辛さが緩和されていれば、解熱剤の目的は達せられています

 例えば38℃を越えていても、特に高熱による辛さが問題にならなければ、使わなくても問題ありません(ただし、小さな子どもや高齢者では、高熱が消耗や脱水の要因ともなるため、本人の主張ばかりを優先させるわけにはいきません)。

 また、熱が上がりつつある時に解熱剤を使うと、寒気を感じてかえって不快感が増してしまうこともあります。熱が上がりきっていないタイミングでは使用はお勧めできません。
熱が上がっている状態での解熱剤や冷却

+αの情報①:インフルエンザの高熱には要注意

 同じ高熱であっても、インフルエンザによる高熱の場合には、使う解熱剤には注意が必要です。

 『ロキソニン(一般名:ロキソプロフェン)』や『ボルタレン(一般名:ジクロフェナク)』などの解熱鎮痛薬(NSAIDs)は、「インフルエンザ脳症」を誘発するリスクがあるため、使用は避ける必要があります。
 特に、小児や高齢者の場合、「インフルエンザ脳症」を起こすリスクも高いため、安易な解熱剤の使用は避け、『タミフル(一般名:オセルタミビル)』などの抗ウイルス薬による根本治療が必要です。

 インフルエンザの高熱には、『カロナール』が安全に使用できるとされています3)。

 3) 日本小児神経学会 「インフルエンザ脳症はどうしたら予防できますか?」 

+αの情報②:解熱剤で、平熱は下がらない

 平熱である36~37℃の熱と、感染などで起こる37℃以上の熱は、それぞれ異なるメカニズムで産生されています。
 そのため、解熱剤を使ったからといって低体温になることはありません

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  2. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  3. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  4. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  5. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
PAGE TOP