スポンサードリンク

知っておくべきこと ワクチン

/

世界保健機関(WHO)が、日本の子宮頸がん(HPV)ワクチンの接種状況について言及~「根拠薄弱」と懸念

積極的な接種再開に至っていない状況に警告

 「」という記事でも紹介したとおり、世界保健機関(WHO)はワクチンの安全声明を出し、また日本産科婦人科学会は積極的な接種再開を求める声明を発表しています。

 これらは全て、ワクチンによって防げる死をこれ以上放置しないよう、若い女性を救うためのものです。

 ところが、厚生労働省は未だに積極的な接種再開に踏み切っていません。この姿勢に対して今回、世界保健機関(WHO)は「薄弱な根拠によって、若い女性をヒトパピローマウイルスによるがんの危険に晒している」として、日本の対応を非難する声明を発表しました1)。

 1) 共同通信社 2015年12月24日

薬剤師としてのアドバイス:正しい情報に基づいた判断を

 現在、子宮頸がん(HPV)ワクチンの接種は禁止されているわけではありません。
 「積極的な接種の勧奨」は中断されている状態ですが、希望すればいつでも接種が可能です。

 ワクチン接種を受けるべきかどうかの判断には悩むと思いますが、必ず正しい情報や知識に基づいて判断するようにしてください。
 受ける・受けないに関わらず、誤解や偏見に基づいた判断をしてしまっては、将来の後悔につながります。

誤解や偏見に基づいた判断は問題
 色々と不安を煽るような情報も多いですが、悩んだ場合はかかりつけの医師や薬剤師など、必ず専門家に相談するようにしてください。

+αの情報

 2016年3月17日の報道によると、東アジア人種特有の遺伝子型が副反応を起こす要因になっている可能性が示唆されています。
 これが本当であれば、日本で最初に多くの副反応が起きたことにも説明がつきます。遺伝子型によって治療を変えるテーラーメイド医療は、薬だけでなくワクチンなどにも必要である可能性があります。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  2. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  3. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  4. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  5. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
PAGE TOP