スポンサードリンク

SSRI・SNRI うつ病の治療

/

なぜ『パキシル』や『ジェイゾロフト』などのSSRIは、効果が現れるまでに2週間以上もかかるの?~BDNF仮説と薬の忍容性

回答:諸説あるが、脳の機能が修復されるのに2週間以上の時間を要するから

 抗うつ薬である『パキシル(一般名:パロキセチン)』や『ジェイゾロフト(一般名:セルトラリン)』などのSSRIは、飲み始めてから効果が現れるまで、2~4週間ほどかかると言われています。

 その理由には諸説ありますが、主にSSRIが脳で「セロトニン」を増やし、その「セロトニン」によって脳の機能が十分に回復されるのには、2~4週間の時間が必要であるからと考えられています。

 

回答の根拠:BDNF仮説による説明

 脳には、シナプスや神経細胞に栄養を供給する因子があります。これを、「脳由来神経栄養因子(Brain-derived neurotrophic factor:BDNF)」と言います。

 健康な人の脳にはBDNFがたくさんあるため、脳のシナプスや神経細胞には栄養が十分に供給されています。
 ところが、うつ病患者ではこのBDNFの数が減っていることが報告されています1,2)。

 1) Int J Neuropsychopharmacol.11(8):1169-1180,(2008) PMID:18752720
 2) Biol Psyshiatry.64(6):527-32,(2008) PMID:18571629

 このBDNFの数を増やすことが、うつ病の治療と深い関係にあることが指摘され、「BDNF仮説」として現在大きな注目を集めています

 この仮説では、SSRIがうつ病の症状に対して効果を発揮するためには、以下の3ステップを経る必要があると考えられています。

1. SSRIが薬理作用として「セロトニン」を増やす
2. 増えた「セロトニン」によって、BDNFが増える
3. 増えたBDNFによって脳への栄養供給が改善し、シナプスや神経細胞の機能が回復する

 つまり、実際に効果を実感できるようになるには、脳のシナプスや神経細胞の機能が回復する3段階目まで進む必要があり、そのためには2~4週間程度の時間が必要である、ということです。

薬剤師としてのアドバイス:SSRIは、効果が現れるまでに止めてしまう人が多い

 薬を飲んで血中濃度が上がると、それによって起こる吐き気などの副作用はすぐに現れます。そのため、効果が実感できる2~4週間後までは、副作用しか現れないことになります。

 副作用しか現れない薬を2週間以上飲み続けることは、極めて苦痛です。実際、何らかの副作用で2週間以内に薬を中断してしまう人はかなりの数にのぼり、うつ病治療の大きな問題となっています。

 どうしても無理な場合は中断し、薬を変更することも選択肢の一つですが、少しの副作用でそのたびに薬を止めていると、いつまで経っても治療が進みません。

 我慢できる範囲の副作用は、しばらく耐えて薬を飲み続ける、ということも時には必要です。

 その際、自分にとって最も飲み続けやすい、副作用の少ない薬を選ぶことが重要です。主治医と相談しながら、自分に合った薬を見つけて治療を進めていってほしいと思います。

+αの情報:「忍容性」という一つの基準

 薬を副作用が少なく飲み続けやすいかどうかは、「忍容性」という表現で評価され、SSRIやSNRIを選ぶ際の一つの基準になっています。

 副作用には個人差がありますが、『レクサプロ(一般名:エスシタロプラム)』や『ジェイゾロフト』は「忍容性」が高い薬として、広く使われています3)。

※抗うつ薬の「忍容性」のランク
①『レクサプロ(一般名:エスシタロプラム)』
②『ジェイゾロフト(一般名:セルトラリン)』

③ブプロピオン ※日本で未承認
④シタロプラム ※日本で未承認
⑤『トレドミン(一般名:ミルナシプラン)』
⑥『リフレックス、レメロン(一般名:ミルタザピン)
⑦フルオキセチン ※日本で未承認
⑧『イフェクサー(一般名:ベンラファキシン)
⑨『サインバルタ(一般名:デュロキセチン)
⑩『デプロメール(一般名:フルボキサミン)』

 3) Lancet.373(9665):746-758,(2009) PMID:19185342

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


【主な活動】

★「PharmaTribune」にてコラム「今月、世間を賑わした健康情報」連載中です。
★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  2. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラス1」に取材協力しました
  3. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  4. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  5. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
PAGE TOP