スポンサードリンク

SSRI・SNRI 似た薬の違い

/

『ジェイゾロフト』と『サインバルタ』、同じ抗うつ薬の違いは?~SSRIとSNRIの効果と副作用の差

回答:『ジェイゾロフト』はSSRI、『サインバルタ』はSNRI

 『ジェイゾロフト(一般名:セルトラリン)』と『サインバルタ(一般名:デュロキセチン)』は、どちらもうつ病の治療に使う抗うつ薬です。

 『ジェイゾロフト』は、「セロトニン」だけに作用する「SSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)」です。
 『サインバルタ』は、「セロトニン」と「ノルアドレナリン」に作用する「SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)」です。
ジェイゾロフトとサインバルタ~SSRIとSNRI
 SSRIとSNRIはどちらも「うつ病」の治療に使う抗うつ薬で、効果や忍容性(飲み続けられるかどうか)の面で大きな差はありません。
 しかし、「ノルアドレナリン」への作用の有る・無しによって、改善が期待できる症状や起こりやすい副作用に若干の違いがあります。

回答の根拠①:SSRIとSNRI、作用機序(メカニズム)の違い

 脳の神経伝達物質はシナプスから必要な時に放出され、必要な作用を終えるとすぐに回収(再取り込み)されています。
セロトニンとノルアドレナリン2
 うつ病は、脳の情報伝達物質である「セロトニン」や「ノルアドレナリン」が減ってしまうことで起こると考えられています。
 そのため、『ジェイゾロフト』などのSSRIは「セロトニン」の回収(再取り込み)を、『サインバルタ』などのSNRIは「セロトニン」と「ノルアドレナリン」の回収(再取り込み)を阻害し、シナプスの間(間隙)にある「セロトニン」や「ノルアドレナリン」の濃度を高めることで、それぞれうつ病に効果を発揮します。

※SSRIとSNRIの正式名
SSRI:Selective Serotonin Reuptake Inhibitor:選択的セロトニン再取り込み阻害薬
SNRI:Serotonin and Norepinephrine Reuptake Inhibitor:セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬

回答の根拠②:SSRIとSNRI~期待する効果の違い

 うつ病の治療効果はSSRIやSNRIの薬剤間で大きな差はない、とされています1)。

 1) 日本うつ病学会治療ガイドライン 「Ⅱ.うつ病(DSM-5)/大うつ病性障害 第2回改訂版」,(2016)

 しかし、「セロトニン」は主に安心感や落ち着きなど精神の安定に、「ノルアドレナリン」は主にやる気や気力などの意欲・関心に関わっています。
セロトニンとノルアドレナリン
 そのため、『サインバルタ』など「ノルアドレナリン」にも作用するSNRIは、意欲・関心の低下といった症状にも効果が期待できます2)。

 2) じほう 「治療薬ハンドブック (2016)」

 このことから、うつ病で不安や焦燥感が強いのか、意欲・関心の低下が酷いのか、といった症状の出方によって使い分けることがあります。

回答の根拠③:SSRIとSNRI~出やすい副作用の違い

 「セロトニン」は、消化管の活動にも関わっています。
 「ノルアドレナリン」は、全身の交感神経の活動にも関わっています。
セロトニンとノルアドレナリン~副作用
 そのため、どちらも吐き気や下痢といった消化器系の副作用が起こりますが、『サインバルタ』など「ノルアドレナリン」にも作用するSNRIは、交感神経の関わる心臓・前立腺などに対する悪影響や、不眠の副作用も出やすい傾向にあります。

 実際、高血圧・心疾患や前立腺肥大の患者に対して「慎重投与」とされているのは、SNRIである『サインバルタ』だけです3,4)。

 3) ジェイゾロフト錠 添付文書
 4) サインバルタカプセル 添付文書

薬剤師としてのアドバイス:SSRIとSNRIの中でも、個々の薬によって特徴は違う

 同じSSRIやSNRIに分類される薬であっても、個々の薬で特徴は違うため、ひとまとめにして語ることはできません。

 特に、抗うつ薬は使う人によって効き目も副作用も大きく異なることが多い薬です。そのため、実際に薬が合っているかどうかは、飲んでみなければわからない、という面が多分にあります。

 うつ病は、1週間や2週間で治療が終わるわけではありませんので、自分が飲み続けやすい薬で治療するのが最適です。薬を飲んでいて気になったことは、かかりつけの主治医・薬剤師に相談するようにしてください。

ポイントのまとめ

1. 『ジェイゾロフト』は「セロトニン」に作用するSSRI、『サインバルタ』は「ノルアドレナリン」にも作用するSNRI
2. SSRIとSNRIでは、うつ病に対する治療効果や忍容性に大きな違いはない
3. 同じSSRIやSNRIでも、個々の薬によって特徴は違うため、まとめて扱うことはできない

添付文書、インタビューフォーム記載内容の比較

◆薬効分類
ジェイゾロフト:選択的セロトニン再取り込み阻害剤
サインバルタ:セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤

◆適応症
ジェイゾロフト:うつ病・うつ状態、パニック障害、外傷後ストレス障害
サインバルタ:うつ病・うつ状態、疼痛(糖尿病性神経障害・線維筋痛症・慢性腰痛症・変形性関節症)

◆用法
ジェイゾロフト:1日1回
サインバルタ:1日1回、朝食後

◆高血圧、前立腺肥大に対する「慎重投与」の指定
ジェイゾロフト:なし
サインバルタ:あり

◆若年層への投与についての注意事項
ジェイゾロフト:18歳未満の大うつ病性障害患者に投与する際には適応を慎重に検討すること
サインバルタ:18歳未満の大うつ病性障害患者に投与する際には適応を慎重に検討すること

◆製造販売元
ジェイゾロフト:ファイザー
サインバルタ:塩野義製薬

+αの情報:うつ病以外の適応症

 SSRIはうつ病以外にも、様々なタイプの「不安障害」に適応があります。

※SSRIの適応症 
『レクサプロ(一般名:エスシタロプラム)』・・・うつ病・うつ状態、社会不安障害
『ジェイゾロフト(一般名:セルトラリン)』・・・うつ病・うつ状態、パニック障害外傷後ストレス障害
『デプロメール(一般名:フルボキサミン)』・・・うつ病・うつ状態、強迫性障害社会不安障害
『ルボックス(一般名:フルボキサミン)』・・・うつ病・うつ状態、強迫性障害社会不安障害
『パキシル(一般名:パロキセチン)』・・・うつ病・うつ状態、パニック障害強迫性障害社会不安障害外傷後ストレス障害

 一方、SNRIでも『サインバルタ』には、鎮痛薬としての使い方があります。

※SNRIの適応症
『トレドミン(一般名:ミルナシプラン)』・・・うつ病・うつ状態
『サインバルタ(一般名:デュロキセチン)』・・・うつ病・うつ状態、疼痛(糖尿病性神経障害・線維筋痛症・慢性腰痛症・変形性関節症)

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  2. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  3. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  4. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  5. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
PAGE TOP