スポンサードリンク

SSRI・SNRI 薬の誤解

/

『ジェイゾロフト』や『レクサプロ』などのSSRIは、副作用で太る?~体重への影響と因果関係

di-jzo-rec

回答:副作用の可能性もゼロではないが、ほとんどは別の要因

 『ジェイゾロフト(一般名:セルトラリン)』や『レクサプロ(一般名:エスシタロプラム)』などのSSRIを飲んでいると、体重が増えることがあります。

 この体重の増加は、確かに副作用である可能性もゼロではありません。しかし、薬を飲んで元気になって食事量が増えたことなど、別の要因によるものがほとんどです。
SSRIと体重増加の因果関係
 このことから、太るかもしれないから、と薬を敬遠することは全くお勧めできません。

回答の根拠①:SSRIと体重増加の因果関係

 現在のところ、SSRIと体重増加の直接の因果関係を示した報告はありません。

 そもそも、添付文書上に「体重増加」の副作用が記載されているのは、数あるSSRIのうち『パキシル(一般名:パロキセチン)』のみで、その頻度も0.2%とごく低いものです1)。

 1) パキシル錠 添付文書

 同様に『ジェイゾロフト』にも「体重増加」の事例が報告されていますが、同時に「体重減少」も報告されています。また、研究段階ではむしろ胎児の体重を「減らす」副作用が報告されています2)。

 2) ジェイゾロフト錠 インタビューフォーム

 これらのことから、SSRIが何かの薬理作用によって明らかに体重を増加させる、といったことは考えにくく、実際に体重が増えたのであれば何か別の原因を探る方が妥当です。

回答の根拠②:よく食べるようになるから、という研究報告

 SSRI服用中の体重増加に関して、薬の副作用ではなく、薬による「うつ症状」の改善効果によるものとする報告があります。
 この報告では、SSRIを服用することで「うつ症状」が改善し、食欲が戻り、食べる量が増えるために体重も増える、という因果関係に結論付けています3)。
SSRIと体重増加~改善の自覚
 3) J Clin Psychiatry.65(10):1365-71,(2004) PMID:15491240

 ただし、うつ症状の改善は自覚できないことも多々あります。そのため、知らず知らずのうちに食べる量が増えているために体重が増え、これをSSRIの副作用ではないかと疑ってしまうケースが少なくありません。

薬剤師としてのアドバイス:体重増加は「回復の証」として受け取る

 ただでさえ病気によって辛い状態の中、謎の体重増加が起こった場合、薬の副作用を疑って薬を敬遠したくなることに無理はありません。

 しかし、先述の通り体重増加はSSRIの副作用を疑うよりも、薬が効いて食欲が回復してきた可能性を考える方が妥当です。
 病気の性質上、こうした回復傾向に対して自覚がないことも多々ありますが、「実際に体重増加として現れるくらい、薬の効果があった」と受け取ることをお勧めします。

 体重は元気になってから運動で落とすことも可能です。せっかく「効果があった」薬を中断してしまうことは、非常にもったいないことです。まずはきちんと薬を飲んで、しっかりと食事を摂って、元気になることを目標に治療を進めるようにしてください。

 ただし、食事量は増えていないのに体重が増える、生活に支障が出るほど体重が増え続けている、どうしても体重が気になるといった場合には、主治医と薬について相談するようにしてください。絶対に、自己判断で薬を止めたりしないようにしてください。

+αの情報:食欲を増やす併用薬

 SSRIと一緒によく使う薬で、『ドグマチール』や『ベタマック』、『ミラドール』といった「スルピリド」製剤には、食欲を増加させる作用があります4)。

 4) ベタマック錠 添付文書

 また、同じ抗うつ薬でも『リフレックス(一般名:ミルタザピン)』などのNaSSAには食欲を増加させる作用があります5)。

 5) リフレックス錠 添付文書

 SSRIの副作用と混同してしまうこともありますが、これらの薬を使っている場合には、明らかな体重増加が起こる場合があります。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  2. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  3. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  4. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  5. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
PAGE TOP