スポンサードリンク

薬の誤解 市販薬・OTC

/

水虫は、市販薬では治らない?~薬を正しく選んで、正しく使えば、完治できる

回答:治る

 市販薬でも、正しく薬を選んで、その薬を正しく使えば、完治させることもできます。
市販の水虫薬でも完治できる
 完治させるためには、水虫の原因「白癬菌」を退治できる「抗真菌薬」の入った薬を選び(選び方)、その薬を症状が治まってからも1ヶ月は薬を使い続ける(使い方)必要があります。

 しかし、この薬の「選び方」と「使い方」のどちらかを間違っていることが多いため、なかなか治らないことが多いのが実情です。

「薬の使い方」は、多くの人が間違っている

 高い水虫薬の方が良い、売り上げランキング上位の薬が良い…薬の「選び方」にばかり目が行きがちですが、実際には薬の「使い方」を間違っているから治らない、という人が大勢おられます。

 水虫を完治させるためには、症状が治まってから、最低でも1ヶ月間は薬を両足全体に使い続ける必要があります。
 こうした正しい使い方をしなければ、いくら効果の高い薬を購入しても完治しません。

皮膚科の受診を勧める理由

 上記のように薬を正しく使うと、最短でも3本程度の市販薬を購入しなければならず、トータルで考えると病院を受診した方が安上がりになる場合があります。

 また、爪の水虫や、皮膚がただれているような水虫は、市販薬では治すことができません。

 これらのことから、水虫を治療する場合には、基本的に皮膚科の受診をお勧めしています。
 特に、市販薬を使っていても治らない場合、何度もぶり返す場合などは、一度皮膚科を受診するようにしてください。

回答の根拠①:正しい選び方~「抗真菌薬」が入っているものを選ぶ

 水虫の原因である「白癬菌」は、「抗真菌薬」で退治することができます。そのため、「抗真菌薬」が入っている市販薬を選ぶことで、水虫の根本治療ができます

 特に、最近は医療用(処方薬)と同じ「抗真菌薬」が入っている薬もあり、市販薬でも水虫を完治させることができるようになっています。

 ただし、市販の薬には痒み止めなど他の成分も色々と入っているため、それによって皮膚がかぶれる等のトラブルも起こりやすくなります。

回答の根拠②:正しい使い方~思っているよりもたくさん薬が必要

 水虫治療のゴールは、痒みなどの症状が治まることではありません。水虫の原因となっている白癬菌を完全に退治してしまうことです。
水虫治療のゴール
 白癬菌を完全に退治するためには、痒みなどの症状が治まってからも、皮膚や角質が新しくなるまでの1ヶ月間は最低でも薬を続ける必要があります1)。

 1) 日本皮膚科学会 「皮膚真菌症診断・治療ガイドライン」

 ところが、市販の水虫薬には痒み止めなどの成分が一緒に入っているため、使ったらすぐに症状が治まることもあります。
 そのため、水虫が治ったと勘違いして薬を止めてしまう人が少なくありません。

 痒み・赤みなどの症状が治まっても、白癬菌はまだしばらく皮膚に残っています。ここで薬を止めてしまうと生き残った菌が再び増殖し、水虫を再発することになります。

両足全体に正しく使えば、1ヶ月で30g程度の薬が必要

 水虫の薬は、症状のある部分にだけ塗れば良いというものではありません。一部に水虫の症状があれば、症状がない部分にも菌は確実に感染しているため、両足全体に薬を塗る必要があります1)。
水虫の塗り薬はどこに塗るのか
 このとき、軟膏やクリームであれば、人差し指の第一関節の長さをチューブから出した量(1-FTU)が、片足に塗るべき薬の適切な量です。

 一般的な10gのチューブであれば、これで約0.3~0.5g程度です。
 これを1日1回、両足に使うため1日の消費量は0.6~1.0g、4週間の消費量は17~28gになります。

 このことから、きちんと薬を使うと1ヶ月で30g程度の薬が必要になりますが、水虫の市販薬を購入される方の多くは、この量よりも遥かに少ない量の薬しか購入しません。
水虫の薬、正しく使った場合の消費量の目安

 つまり、症状のある部分にしか薬を塗っていない、少し痒みが治まったからといって薬を中断している、といったような、間違った使い方をしている人が極めて多いと言えます。

回答の根拠③:市販薬では、治せない水虫~爪の水虫や、ただれている水虫

 ひとことに水虫といっても、場所や症状によっては市販薬では治せないものもあります。

市販薬を爪に塗っても治せない

 爪の水虫(爪白癬)は、市販薬では十分な効果が期待できません。

 爪の水虫にも効果のある塗り薬には、『クレナフィン(一般名:エフィナコナゾール)』『ルコナック(一般名:ルリコナゾール)』といった処方薬が登場していますが、これらと同じ薬は市販薬にはありません。
 ※『ルコナック』の成分「ルリコナゾール」の市販薬は販売されていますが、『ルコナック』は薬の濃度が異なります2)。

 2) ルコナック爪外用液 添付文書

 また、爪の水虫には飲み薬の抗真菌薬を使うこともありますが、これらも病院で医師から処方してもらう必要があります。

市販薬に入っている「痒み止め」などの成分が逆効果なことも

 水虫の市販薬には、白癬菌を退治する「抗真菌薬」の他にも、痒み止めなどの様々な成分が一緒に入っています。

 ただれている場合や、傷がある場合などは、こうした成分が刺激になる恐れがあります。
 また、炎症が酷い場合には、水虫を治療する前にまず炎症を静めなければならない場合もあります。

 薬を使って痛みや痒みを感じた場合には、そのまま市販薬を使い続けるのではなく、一度皮膚科を受診するようにしてください。

薬剤師としてのアドバイス:1ヶ月使って治らなければ、皮膚科へ

 水虫の市販薬は高価なものが多く、できるだけ大事に使いたい、という気持ちはよくわかります。
 しかし、正しい使い方をしなければ完治せず、何度も水虫を繰り返すことになり、かえって費用もかさんでしまいます。

 市販薬を使う場合には、症状が治まっても1ヶ月間は薬を続け、完治させることを目標にしてください。

 それで治らない、ぶり返すといった場合には、一度皮膚科を受診するようにしてください。
水虫~皮膚科受診のタイミング

+αの情報:自称・水虫患者の30%が、水虫ではない

 白癬菌が原因の、いわゆる”水虫”であるかどうかは、病院で顕微鏡検査を行わなければ鑑別することはできません。

 そのため、足の痒みなどを”水虫”と自称していても、実際には水虫ではない別の疾患(湿疹・皮膚炎など)を抱えているケースが13~30%にものぼるというデータがあります3)。

 3) J Dermatol.37(5):394-406,(2010) PMID:20536644

 水虫の市販薬を使っていても良くならない場合には、別の皮膚疾患である可能性も考え、皮膚科医に診察してもらう必要があります。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  2. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  3. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  4. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  5. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
PAGE TOP