■サイト内検索


スポンサードリンク

時事問題 活動実績

/

【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中です

【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中です

 薬剤師や薬学生向けの情報誌・Webサイト「PharmaTribune」でコラム「薬剤師目線で考える~今月世間を賑わした健康情報」を連載中です。

 忙しい薬剤師でもさっと情報収集できるように、世間を賑わせた薬関連のニュースをいくつかピックアップし、一言コメントも添えています。テレビや週刊誌などで話題になった健康情報について、患者さんから質問を受けた際に「何それ?」とならないよう、前もって情報収集できるようなコラムにしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

押さえておきたい健康情報(月2回更新)

 毎月の前半・後半で2回更新する、その時期に世間を賑わせた健康情報をピックアップするコラムです。
 患者さんからの質問に備えて、業務の合間や昼休みなどでも短時間で無理なく読めるよう、押さえておきたいテーマを4個程度に厳選して紹介しています。

【2018年】
◆7月
前半版(医薬品の回収騒動、正露丸の特許、子どもの熱中症リスクに対する意識など)

◆6月
前半版(フランスで抗認知症薬の保険が外れたこと、父親の子育て知識の不足など)
後半版(週刊誌に掲載された「副作用リスト」の扱い方、市販薬のリスクなど)

◆5月
前半版(「ブラックペアン」に対する抗議、HPVワクチンの有効性・安全性の報道など)
後半版(『タミフル』の年齢制限解除、睡眠薬が着色された理由、妊婦の救急車利用など)

◆4月
前半版(調剤報酬を紹介する節約術、胎盤食のリスク、白米と健康の関係など)
後半版(麻疹[はしか]の予防接種記録の確認方法、妊娠中の生肉食のリスクなど)

◆3月
前半版(HPVワクチンに関する新しい報告、エイズに関する誤解、震災への備蓄薬など)
後半版(残薬と返金、インフルエンザの治癒証明書、エピペンの併用禁忌解除など)

◆2月
前半版(セルフメディケーション税制、薬の用法に対する不適切なテレビ番組への注意喚起など)
後半版(冬季五輪のドーピング違反、VRで病床から登山・旅行経験ができる取り組みなど)

◆1月
前半版(イブプロフェンと不妊、テレビで放送された丸山ワクチンの効果など)
後半版(薬剤師が行う疑義照会の経済効果、日本から失われた「集団免疫」など)

【2017年】
◆12月

前半版(水ぼうそうがワクチンの効果で激減していること、お薬手帳への活用方法など)
後半版(AEDに関するデマがSNSで拡散されたこと、日本人医師の受賞など)

◆11月
前半版(海外から輸入された痩せ薬による健康被害、グレープフルーツジュースダイエットなど)
後半版(インフルエンザの異常行動に対する一部メディアの不適切な報道、ビールと認知症など)

◆10月
前半版(抗がん剤をストップしたという情報発信、医療機関のミスでドーピング違反が出たことなど)
後半版(ドラマ「コウノドリ」とHPVワクチン、危険薬物を使った際のVR動画など)

◆9月
前半版(おたふく風邪と難聴、週刊誌による漢方薬バッシング、NHK「かかりつけ薬剤師」の特集など)
後半版(カフェイン中毒の蔓延、美容目的での『ヒルドイド』処方による医療費圧迫など)

◆8月
前半版(先天異常とナイアシン[ビタミンB3]投与、サプリメントによる健康被害など)
後半版(国体で初のドーピング違反、健康食品の打消し表示に対する規制など)

◆7月
前半版(塩分の過剰摂取による死亡例、日焼け止めと骨粗鬆症リスクなど)
後半版(車内の温度変化と子どもの置き去りの危険性、終末期の高血圧治療と薬の中止など)

◆6月
前半版(週刊誌が煽る副作用情報、カフェインの摂取量と中毒死の事例など)
後半版(卵アレルギー予防に卵を摂取する方法、小児へのコデイン類の投与禁忌など)

 

世間を賑わせた健康・医療情報に関するコラム(不定期)

 特に大きな話題を呼んだテーマ、患者さんからの質問が多いと予想されるテーマについては、個別にコラムも書いています。日々の業務や患者対応の際に、参考にして頂ければと思います。
 

「不要な薬を返すので、返金して欲しい」と言われた時は(2018年5月24日)

 医療費を圧迫する「残薬」はたびたびメディアでも取り沙汰されますが、時に「薬を返せば返金してもらえる」という誤解とともに広まってしまうことがあります。返金に応じられない法的な根拠、品質管理上の問題、患者への説明の仕方や家族での使い回しのリスクも踏まえて解説しています。

 

AED、使うべきかどうか迷ったらどうする?~AEDにまつわる3つの誤解(2017年8月31日)

 AEDの普及は進んでいますが、AEDを正しく理解し適切に扱える人は多くありません。「宝の持ち腐れ」にならないよう予め使い方や注意点は確認しておくべきです。コラムでは特に誤解の多い以下3点について、解説しています。

 

◆指導したのに、ネット情報を信じるのはなぜ?(2017年6月17日)

 ネット上には様々な医療情報に溢れていますが、自分にとって都合の良い情報を選んで読んでしまう傾向があります。医療情報は、それを読んだ人がどういった行動につなげるかまで考えて発信する必要があり、間違ってさえなければ問題ないというわけではありません(※8月15日発刊の誌面[95号]にも掲載)。

 

◆副作用情報で読者の不安を煽る記事の扱い方(2017年6月15日)

 テレビや週刊誌などでは、極めて偏った情報で薬を批判する特集が頻繁に組まれます。そのたびに現場では大きな混乱を来たし、「飲むべき薬を飲まなくなってしまう」ことで生命の危機に陥る人も出てくる恐れがあります。コラムでは、こうした無責任な情報に毎度振り回されないようにするために、どのように記事・報道を扱えば良いかを考えています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

■主な活動

【書籍】(羊土社)
薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100

【薬学監修】
異世界薬局
m3.com 薬剤クイズ
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」
日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

【連載】
PharmaTribune「世間を賑わした健康情報」

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

  1. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  2. 薬剤師のありかた

    忙しい人にお勧めの「勉強・情報収集用ブログ」の紹介
  3. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  4. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  5. 薬剤師のありかた

    新卒・若手薬剤師にお勧めの「勉強用書籍」の紹介
PAGE TOP