顔と手で、違う「ステロイド」の塗り薬を処方されたのは何故?~皮膚の厚さとステロイドの強弱


回答:「ステロイド」は、塗る場所の皮膚の厚さによって使い分ける必要があるから

 顔と手では、皮膚の厚さが大きく異なります。そのため、同じ薬を塗っても効き目が全く異なります。

 このことから、塗る場所や症状に合わせて、「ステロイド」の5段階の強さから、最も適切な強さの薬を選ぶ必要があります。

※ステロイド外用剤の強さのランク
Ⅰ群:最も強い(Strongest)
Ⅱ群:非常に強い(Very Strong)
Ⅲ群:強い(Strong)
Ⅳ群:普通(Medium)
Ⅴ群:弱い(Weak)

 通常、手や足など皮膚の厚い場所には強め(Ⅰ~Ⅲ群)の「ステロイド」を、顔など皮膚の薄い場所には優しめ(Ⅳ群)の「ステロイド」を使います。
 
 

回答の根拠:皮膚の厚さによる吸収の違い

 皮膚の厚さによって、塗り薬の吸収率は大きく異なります。

 皮膚の薄い場所からは薬がよく吸収されますが、皮膚の厚い場所からはなかなか吸収されません。そのため、皮膚の厚い場所ほど、強い薬を使う必要があります。

 実際、腕の吸収率を1.0とした場合、足の裏では0.14、顔では13.0と、薬の吸収率には100倍近い差があります1)。
皮膚の厚さと吸収比
 1) J Invest Dermatol.48(2):181-3,(1967) PMID:6020682

 単純計算でも、足の裏と顔とでは、強さが100倍違う「ステロイド」を使う必要がある、ということになります。



薬剤師としてのアドバイス:場所、回数を守って使えば怖くない

 「ステロイド」の塗り薬の副作用には、皮膚が薄くなること(皮膚萎縮)など、一度起こると元に戻らないものがあります。
 こうした副作用は、顔などの皮膚が薄い部分に、不必要なほど強いランクのステロイド外用剤を使い続けていると起こる危険性が高くなります。

※薬が強過ぎて副作用の危険がある例(あくまで原則として)
皮膚の薄い顔に、『デルモベート軟膏(強さ:Ⅰ群)』
皮膚の薄い陰部に、『リンデロンVG軟膏(強さ:Ⅲ群)』

※薬が弱過ぎて効果が期待できない例(あくまで原則として)
皮膚の厚い足の裏に、『ロコイド軟膏(強さ:Ⅳ群)』


 ”たかが塗り薬”と侮って、勝手な使い方をすることは非常に危険ですので、必ず強さと使う場所とを確認するようにしてください。

 ただし、定期的に医師の診察を受け、使用する場所や回数を守って使用している限り、こうした副作用を心配する必要はありません。

※原則、ステロイド外用剤は1日2回(朝・夕(入浴後))で使用し、症状が治まってきたら1日1回に減量します。
 


 ~注意事項~
◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

カスタム検索



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL