薬の塗り方

  1. 保湿剤 薬の塗り方

    『ヒルドイド』、保湿にはどのくらいの量を塗れば良い?~FTUの目安と使用量

    【薬剤師が執筆・監修】軟膏・クリーム・ローションの1FTUの定義と、目安としての指標…

  2. ステロイド(外用) 薬の塗り方

    水虫や湿疹の塗り薬は、いつ塗るのが効果的?~お風呂上がりを勧める理由

    【薬剤師が執筆・監修】薬の種類によって異なる、お風呂上がりが良い理由4つ…

  3. ステロイド(外用) 薬の塗り方

    顔と手で、違う「ステロイド」の塗り薬を処方されたのは何故?~皮膚の厚さとステロイドの強弱

    【薬剤師が執筆・監修】顔と足の裏では薬の吸収率が100倍も違う~正しいステロイド外用剤の使い方…

  4. ステロイド(外用) 薬の塗り方

    手荒れに「ステロイド」を塗っても、家事ですぐとれてしまう。塗り直ししても良い?

    【薬剤師が執筆・監修】「ステロイド外用剤」は、塗り直す必要があるのか~塗布回数と治療効果、リスク…

  5. ステロイド(外用) 薬の塗り方

    『ヒルドイド』と「ステロイド」の塗り薬、どちらを先に塗れば良い?~塗布順序と効果の差

    【薬剤師が執筆・監修】『ヒルドイド』と「ステロイド」はどちらを先に使っても、効果に影響するほど吸収に差は出ず、副作用のリスクも変わらない~特に指示がなければ「①…

  6. 抗真菌薬 薬の塗り方

    水虫の薬は、いつまで使い続けるべき?~水虫の薬の目的と、症状が治まっても1~2ヶ月の根拠

    【薬剤師が執筆・監修】症状が治まっても、新陳代謝で新しい皮膚と入れ替わるまでの1~2ヶ月は、薬を使い続ける必要がある…

  7. 抗真菌薬 薬の塗り方

    水虫の薬を使ったら痒みが酷くなった、それでも使い続けた方が良い?

    【薬剤師が執筆・監修】水虫治療を開始できる皮膚の状態ではない、薬が肌に合っていない、そもそも水虫ではなかった・・・考えられる3つの理由から対応を考える…

  8. 似た薬の違い 薬の塗り方

    軟膏とクリーム、ローションの違いは?~使い心地・刺激・皮膚への付着性

    【薬剤師が執筆・監修】皮膚にしっかり付着するか、さらっとして使い心地が良いか~使い心地で選んで良いとは限らない、厳密な使い分け…

  9. 抗真菌薬 薬の塗り方

    水虫の塗り薬で床がベタベタになってしまう、どうすれば良い?~薬を塗った後の対処

    【薬剤師が執筆・監修】水虫の薬を塗った後の工夫~使う薬の量を減らしたり、片足にしか薬を塗らなくなってしまっては元も子もない…


【主な活動】

★「PharmaTribune」にてコラム「今月、世間を賑わした健康情報」連載中です。
★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

Sponsored Link

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  2. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  3. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラス1」に取材協力しました
  4. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  5. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneで連載コラムが始まりました
PAGE TOP