抗生物質で下痢をしている。薬を止めさせるべき?~我慢すべき下痢と、危険な下痢を見分けるポイント


回答:脱水を起こす恐れがあれば一旦中断し、主治医に相談を

 考えるべきことは”脱水症状”を起こす恐れがあるかどうか、です。”脱水症状”を起こす恐れが無い限りは、安易に抗生物質の服用は中止すべきではありません。
抗生物質と下痢

 ”水のような下痢”をしている場合や、下痢によってぐったりとしている場合などは、脱水症状を起こす恐れがあります。また、便に血液や粘液が混じっているような場合には、薬によるアレルギー反応などを起こしている恐れがあります。
 こういった場合には薬を一旦中断し、「何の薬をいつから飲んでいたら、今どんな状態か」を主治医に正確に伝え、今後の対応を相談する必要があります。

 ただし、多少の軟便・下痢であれば、水分補給を心がけながら、抗生物質は続けて最後まで服用することをお勧めします。
 抗生物質を途中で止めてしまうと”耐性菌”を生み、次から薬が効かなくなってしまう恐れがあるからです。



回答の根拠:抗生物質による軟便・下痢は、怖い副作用ではない

 抗生物質による軟便・下痢は、最もよく現れる副作用の一つです。

 抗生物質は細菌を退治する薬ですが、服用すると感染症の原因となっている細菌と一緒に、腸内細菌の善玉菌にも作用します。
 その結果、腸内細菌のバランスが崩れて軟便・下痢を起こすことがあります


 つまり、抗生物質による軟便・下痢は、腸内細菌へも薬が作用した結果起こるものであって、薬が何か内臓に特別な悪さをした結果起こるものではありません。



薬剤師としてのアドバイス①:基本的に継続、ひどい下痢の場合は相談を

 基本的に、抗生物質は自己判断による中断は避けるべきです。先述のように”耐性菌”ができてしまうと、次から同じタイプの抗生物質が効かなくなってしまうからです。

 もし、水のような酷い下痢をしている、下痢によって元気がない、といった状態になった場合でも、自己判断で薬を中断してしまうのではなく、まずは薬を処方してもらった病院に連絡し、主治医と対応を相談することをお勧めします。


 服用すべき抗生物質も残り少なく、そのまま中止しても良いケースもあります。
 あるいは、抗生物質の種類を変えて、治療を続けなければならないケースもあります。
 整腸剤(例:『ビオフェルミンR』など)を追加することで、同じ抗生物質を続けるべきケースもあります。

 特に、溶連菌などの厄介な感染症の場合、自己判断で抗生物質を止めてしまうことは非常に危険です。正しい対応をするために、必ず主治医に連絡・相談するようにしてください。



薬剤師としてのアドバイス②:下痢では電解質も失う

 ひどい下痢や嘔吐をした場合、水と同時に体内の電解質も失っています。そのため、水だけを補給していても、水と電解質のバランスが崩れて”脱水症状”を起こしてしまう可能性があります。
水と電解質4
 水分補給の際には、スポーツドリンク等、電解質も一緒に補給できるものを選ぶ必要があります。



 ~注意事項~
◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

カスタム検索



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL