スポンサードリンク

知っておくべきこと 薬の飲み方

/

症状が治まったら、もう薬を飲まなくても良い?~薬を中断するデメリット

回答:最後まで飲み切った方が良い

 処方された薬はその時に飲み切るようにしましょう。その理由は以下の3つです。

1. 耐性菌の出現など、自己判断による中止は思わぬ健康被害を招く可能性が高い
2. 薬で”治まっている”症状は、薬を止めるとぶり返してしまう
3. 残った薬を、自己判断で次の機会に使うことは危険

 頓服薬や、常備薬として医師から指示されている場合はこの限りではありません。

 薬が残っている場合は病院へ持って行き、使ってOKかどうかを医師に確認してもらいましょう。その際に、次にまた似たような症状が出た場合、その薬を使っても良いかどうかを予め確認しておくと良いでしょう。

詳しい回答①:”耐性菌”という厄介な菌の出現

 特に、抗生物質を自己判断で中止することは絶対にやめてください。抗生物質を中途半端に使うと、薬が効かない”耐性菌”を生み、次から薬で治療できなくなってしまう恐れがあります。

 また、こうした”耐性菌”が周りの人にも伝染した場合、自分だけでなく家族や友人など周りの人たちも、薬が効きにくい菌の被害を受けることになります。

 たとえ元気になっても、処方された抗生物質は最後まで飲み切るようにしてください。

詳しい回答②:症状が”治まった”という甘い判断の罠

 いま薬が効いているから、”症状が治まった”と思えている可能性があります。その場合、薬を止めるとぶり返してしまうことになります。

 水虫治療やアレルギー治療では特に、少し良くなったからと治療を自己判断で止めてしまう傾向があり、結果的に治療が長引いてしまうことになります。
 必ず、医師から「これで治療は終わりでOK」と言ってもらえるまで、薬を続けるようにしましょう。

詳しい回答③:余った薬を自己判断で使うことのリスク

 「次、同じような症状になったときに使おう」と、薬を保管しておく方もおられるようですが、お勧めはできません。
 同じような症状であっても、原因が全く異なることもあります。ひとことに”頭痛”や”腹痛”、”痒み”と言っても原因は様々で、使う薬は全く異なります。間違った薬を使うと効果がないばかりか、逆効果になる恐れもあります。

 また、医師の指示外で薬を使っておきた副作用については、「医薬品副作用被害救済制度」の対象外となる恐れもあります。

 自己判断で薬を選ぶことは危険ですので、やめましょう。

 →参考:

薬剤師としてのアドバイス:残ってしまった薬の処理は薬局に

 使わなかった頓服薬など、何かの理由で残ってしまった薬は、直射日光や高温、多湿を避けて保管しておき、何が残っているかをお薬手帳などにメモしておきましょう。
 薬によっては冷所保存、暗所保存が必要なものもありますので注意してください。

※記録しておくべき項目
・薬の名前
・薬の名前についている数字(mgなど)
・薬の総数
・いつ処方された薬か

 そのメモは次回、薬局で薬をもらう際に薬剤師に提示してください。そうすれば、”家に残っている薬から先に使う”ように医師に提案し、薬代の節約に協力することができます。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  2. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  3. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  4. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  5. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
PAGE TOP