花粉症や鼻炎の点鼻薬、使い続けても大丈夫?~「ステロイド」と「血管収縮剤」の違いと薬剤性鼻炎


回答:「ステロイド」の点鼻薬は長く使う、「血管収縮剤」の点鼻薬はピンポイントで使う

 花粉症や鼻炎などに使う点鼻薬でも、有効成分が「ステロイド」か「血管収縮剤」かによって使い方は大きく異なります。
点鼻薬~ステロイドと血管収縮剤
 「ステロイド」の点鼻薬は、花粉症のシーズンを通して、しばらく続けて使う必要のある薬です。

 「血管収縮剤」の点鼻薬は、鼻づまりをどうしても解消したい時にピンポイントで使い、症状が治まったら使用を止める薬です。あまり使い過ぎると、薬が原因の鼻炎「薬剤性鼻炎」を起こす恐れがあるため、最長でも1~2週間に控える必要があります。

 症状が治まってもしばらく続けるべきなのか、症状が治まったら止めるべきなのか、同じ点鼻薬でも薬の内容によって全く異なります。
 必ず、薬の目的や正しい使い方を理解した上で使うようにしてください。



回答の根拠①:「ステロイド」の点鼻薬の目的~使い方と安全性

 主に病院で処方されるのは、『ナゾネックス』や『アラミスト』、『エリザス』といった「ステロイド」の点鼻薬です。
 これらの点鼻薬は、シーズンを通して毎日1日1回使い続けることで、花粉症や鼻炎のアレルギー症状を抑えることができます。
点鼻薬~ステロイドの使用方法と目的
 そのため「ステロイド」の点鼻薬は、鼻づまりが主であっても、くしゃみ・鼻水が主であっても、軽症例から使用が推奨されています1)。

 1) 日本アレルギー学会 「鼻アレルギー診療ガイドライン」 (2016)



 「ステロイド」は全身の副作用が強い、という印象を持たれている方は少なくありませんが、点鼻薬として正しく使用する限り、全身に作用することはありません
 実際、『ナゾネックス』の生物学的利用能「バイオアベイラビリティ」は0.2%未満です2)。これは、使用した薬剤の0.2%も全身に作用しない、ということを意味しています。

 2) ナゾネックス点鼻液 インタビューフォーム



回答の根拠②:「血管収縮剤」点鼻薬~使い過ぎで起こる「薬剤性鼻炎」

 市販の点鼻薬の多くは「血管収縮剤」が含まれる点鼻薬です。
 これは、鼻の粘膜にある血管を収縮させることで腫れを解消し、一時的に鼻づまりを改善する目的で使用されます。
点鼻薬~血管収縮薬の目的と使い方
 この「血管収縮剤」による効果は即効性があるため、鼻炎が辛いときに用法・用量を守らず何度も使ってしまう人が少なくありません。
 しかし、「血管収縮剤」の点鼻薬を過剰に使い続けていると、次第に鼻の粘膜組織が異常に分厚くなり、アレルギーでもないのに鼻炎や鼻づまりを起こしてしまう「薬剤性鼻炎」になってしまう恐れがあります3)。

 3) Allergy.62(11):1458-63,(2013) PMID:24552760

 そのためガイドラインでも、鼻づまりが重症な際に1~2週間に限って使用する、と規定されています4)。
 「血管収縮剤」の点鼻薬は、あくまで一時的な鼻づまりの解消を目的とした薬であることに注意し、用法・用量を超えた回数で使用しないようにしてください。

 4) 日本アレルギー学会 「鼻アレルギー診療ガイドライン」 (2013)



薬剤師としてのアドバイス①:「薬剤性鼻炎」の原因は、「血管収縮剤」の間違った使い方

 「血管収縮剤」の点鼻薬のリスクが声高に叫ばれていますが、そもそも用法・用量を守って正しく使う限りは、「薬剤性鼻炎」の大きなリスクにはなり得ません。
 「薬剤性鼻炎」を起こした人の多くは、用法・用量を守らず、1日に何十回も「血管収縮剤」の点鼻薬を使い続けていたようなケースです。
薬剤性鼻炎の原因
 適切にピンポイントで使用する分には、即効性に優れた薬と言えます。

 特に、市販薬は自己流で使う人が少なくありません。必ず、用法・用量を守って使用するようにしてください。それが、思わぬ健康被害を防ぐための最善の方法です。



+αの情報:ステロイドと血管収縮剤の見分け方

 薬の有効成分を見ることで、「ステロイド」なのか「血管収縮剤」なのかをおよそ見分けることができます。

「ステロイド」の点鼻薬

 『ナゾネックス(一般名:モメタゾンフランカルボン酸エステル水和物)』
 『アラミスト(一般名:フルチカゾンフランカルボン酸エステル)』
 『フルナーゼ(一般名:フルチカゾンプロピオン酸エステル)』
 『リノコート(一般名:ベクロメタゾンプロピオン酸エステル)』

・・・など、「~ゾン〇〇酸エステル△△」といった成分名のもの

「血管収縮剤」の点鼻薬

 『プリビナ(一般名:ナファゾリン)』
 『トラマゾリン(一般名:トラマゾリン)』

・・・など、「~ゾリン」で終わる成分名のもの


 よくわからない場合は、お近くの薬局で薬剤師に相談するようにしてください。



 ~注意事項~
◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

カスタム検索


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL