スポンサードリンク

ステロイド点鼻薬 薬物動態学

/

ステロイドの点鼻薬をもらったけど、全身の副作用は起きない?~内服と点鼻の大きな違い

回答:起きないと考えて良い

 点鼻薬は、鼻だけで作用し、全身に作用しないように作られています。

 内服薬と異なり、血液中に吸収されて全身に作用を及ぼすことがありません。そのため、ステロイド薬の全身的な副作用(糖尿病になる、胃潰瘍になる、骨がもろくなる、顔が丸くなる等)は起こりません。

 ただし、長期で大量に使用した場合など、極端な使用をしていた場合にはこうした副作用が出る可能性もゼロではありませんので、必ず医師・薬剤師の指導に従って使用してください。

 

回答の根拠:飲んだ薬のうち、どれくらいを薬として利用できるか?という指標

 使った薬が、”どれだけ全身の循環血液に到達するのか?”ということを推し量る指標に、「生物学的利用能(バイオアベイラビリティ)」というものがあります。
バイオアベイラビリティ

 言葉は難しいですが、単なる割合を表すものです。

 100mgの薬を飲んだとき、「バイオアベイラビリティ」が90%であれば、90mgが血液に乗って効果を発揮するということです。10%は胃で分解されたり、肝臓で分解されたり、そもそも消化管から吸収されなかったり、といった理由で利用できない、という意味です。
 

バイオアベイラビリティを高くする

 薬が全身で効果を発揮するためには、その成分をなるべく効率良く血液中へ到達させる必要があります。そのため、「バイオアベイラビリティ」が高くなるように設計する必要があります。

 例えば、内服の抗生物質である『サワシリン(一般名:アモキシシリン)』は88.7%で、飲んだ薬の大部分が血液中に移行し、効果を発揮できるようになっています1)。

 1) サワシリン錠 インタビューフォーム

バイオアベイラビリティを低くする

 逆にステロイドの点鼻薬は、鼻でだけ作用して全身に作用しないことよう、「バイオアベイラビリティ」が低くなるように設計されています。
 『ナゾネックス(一般名:モメタゾンフランカルボン酸エステル水和物)』は、この「バイオアベイラビリティ」が0.2%未満とされています2)。

 2) ナゾネックス点鼻液 インタビューフォーム

 これは、使用した薬の成分のうち、0.2%未満の量しか全身に到達しない、ということです。そもそも、点鼻薬の1回使用量は内服薬と比べてもごく微量です。その上、その微量な内の0.2%未満しか全身に到達しないため、全身に作用することはほとんどない、と言えます。

+αの情報①:目的に応じた使い方をする

 ステロイドの点鼻薬は、全身の副作用を防ぐため、「バイオアベイラビリティ」が低くなるような使い方をします。

 一方、”ニトロ”と呼ばれる狭心症の薬は、普通に服用しても「バイオアベイラビリティ」が極めて低いため、効果が期待できません。そのため、「バイオアベイラビリティ」を高くするために”舌下に置く”という特殊な使い方をします。

 このように、効果と副作用の両面から、最も安全かつ有効に使う方法が”用法”として決められています。薬は自己流で使わず、きちんと用法を守るようにしましょう。

+αの情報②:アレルギーの点鼻薬には、「ステロイド」と「血管収縮剤」の2タイプがある

 アレルギーに用いる点鼻薬には、「ステロイド」と「血管収縮剤」の2タイプがあります。

 「ステロイド」の点鼻薬は、花粉症のシーズンを通して、しばらく続けて使う必要のある薬です。
 「血管収縮剤」の点鼻薬は、どうしても鼻づまりを解消したい時にピンポイントで使うもので、症状が治まったら使用を止める薬です。

 それぞれ正しい使い方は異なりますので、混同しないよう注意してください。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  2. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  3. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  4. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  5. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
PAGE TOP