スポンサードリンク

似た薬の違い 貧血

/

『フェロミア』と『フェロ・グラデュメット』、同じ鉄剤の違いは?~胃酸の影響と錠剤の大きさ、お茶の相互作用

回答:吸収が安定している『フェロミア』、錠剤が小さい『フェロ・グラデュメット』

 『フェロミア(一般名:クエン酸第一鉄)』と『フェロ・グラデュメット(一般名:硫酸第一鉄)』は、どちらも鉄欠乏性貧血の治療に使う鉄剤です。

 『フェロミア』は、胃酸が少なくても安定して吸収される薬です。
 『フェロ・グラデュメット』は、錠剤が小さく飲みやすい薬です。

 「鉄剤はお茶で飲んではいけない」と昔から言われていますが、最近の薬は影響も少なく、特に『フェロミア』は緑茶で飲んでも吸収や治療効果に影響しないことが確認されています。

回答の根拠①:『フェロミア』の吸収~胃内pHと重合体

 『フェロ・グラデュメット』は、胃酸が少ない状態で服用すると、吸収率が2/3程度にまで低下することが報告されています1)。これは、胃内pHが5.0より大きくなると「鉄」は吸収されにくい重合体を形成するからです。そのため、添付文書上でも制酸薬と「併用注意」とされています2)。

 1) 医療薬学.28(6):559-63,(2002)
 2) フェロ・グラデュメット錠 添付文書

 一方、『フェロミア』はpHが1.0~8.0の範囲では重合体を作らないため、安定して吸収されることが確認されています3)。

 3) フェロミア錠 インタビューフォーム

 このことから、『フェロミア』は胃酸を抑える薬を併用している人、胃酸が少ない高齢者、胃を切除した人でも安定した効果が得られる薬と言えます。

回答の根拠②:『フェロ・グラデュメット』の飲みやすさ~錠剤の大きさ

 『フェロミア』と『フェロ・グラデュメット』では、貧血の治療効果に差はありません3)。1日1~2回で服用するという用法も同じため、胃酸やお茶などの影響を考える必要がなければどちらを選んでも問題ありません。

 しかし、『フェロ・グラデュメット』の錠剤は、『フェロミア』だけでなく『フェロミア』の後発(ジェネリック)医薬品と比べてもサイズが小さめです2,3)。

※錠剤のサイズ
フェロミア・・・・・・・・・直径10.3mm・厚さ5.0mm(体積1,665mm²)、重さ550mg
→「サワイ」・・・・・・・・直径10.1mm・厚さ5.5mm(体積1,761mm²)、重さ546mg
→「武田」・・・・・・・・・直径  9.6mm・厚さ5.6mm(体積1,620mm²)、重さ550mg
→「JG」・・・・・・・・・  直径10.0mm・厚さ6.0mm(体積1,884mm²)、重さ570mg
フェロ・グラデュメット・・・直径 9.9mm・厚さ3.8mm(体積1,169mm²、重さ410mg

 大きな錠剤は、時に喉にひっかかることや、飲みにくさの原因にもなります。効き目に違いがなければ、飲みやすい錠剤を選ぶことも選択肢の一つです。

『フェロミア』の「顆粒」という選択肢も

 『フェロミア』には顆粒(粉薬)があるため、錠剤自体が飲みづらい場合には選択肢になります。ただし、1回量が1.2~2.4gと錠剤よりもかさ高くなることに注意が必要です。

回答の根拠③:お茶と鉄剤の相互作用

 「鉄剤はお茶で飲んではいけない」と昔から言われています。これは、「鉄」がお茶に含まれる「タンニン」と複合体を形成し、吸収されにくくなるからです。
 しかし近年、貧血状態の身体は鉄を吸収する力が高まっていることもあり、鉄剤をお茶で飲んでも貧血治療には大きく影響しないことが明らかになってきました。このことから、最近ではお茶を厳しく制限する必要はないとされています4)。

 4) 日本鉄バイオサイエンス学会「錠剤の適正使用による貧血治療指針(第3版)」,(2015)

 実際、『フェロミア』は「タンニン」が豊富な緑茶で服用した場合でも、鉄の吸収や貧血治療の効果に影響しないことが確認されています3)。
 ただし、『フェロ・グラデュメット』では鉄の吸収が半分程度にまで大きく低下するという報告もある5)ため、濃い緑茶を日常的に飲む習慣がある人は、より影響の少ない『フェロミア』を選ぶのが無難です。。

 5) 内科.21(1):149-152,(1968) CiNNi:40018171538

薬剤師としてのアドバイス:貧血=立ちくらみではない

 貧血の代表的な症状は、階段を登るなどのちょっとした運動で息切れや疲れを感じることです。いわゆる立ちくらみは「起立性低血圧」で、貧血とはまた別の症状です。
 また、鉄欠乏性貧血の治療では、体内に貯蔵されている鉄の量も回復させなければならないため、貧血の症状が治まっても3~6ヶ月程度は薬を飲み続ける必要があります。症状が治まったら薬を止めて良い、というわけではありません。

 立ちくらみを起こさないから薬は止めて良い、と自己判断で薬を止めてしまうと、貧血は治療できません。必ず医師からOKをもらえるまでは薬を続けるようにしてください。

ポイントのまとめ

1. 『フェロミア』は、薬や加齢・胃の切除で胃酸が減っていても、安定して吸収される
2. 『フェロ・グラデュメット』は、『フェロミア』やその後発(ジェネリック)医薬品と比べても錠剤が小さい
3. お茶を厳しく制限する必要はないが、『フェロ・グラデュメット』では吸収が低下するので控えた方が無難

添付文書、インタビューフォーム記載内容の比較

◆鉄の状態
フェロミア:クエン酸第一鉄
フェロ・グラデュメット:硫酸鉄

◆適応症
フェロミア:鉄欠乏性貧血
フェロ・グラデュメット:鉄欠乏性貧血

◆用法
フェロミア:1日1~2回
フェロ・グラデュメット:1日1~2回

◆「制酸薬」との併用注意
フェロミア:記載なし
フェロ・グラデュメット:記載あり

◆剤型の種類
フェロミア:錠(50mg)、顆粒
フェロ・グラデュメット:錠(105mg)

◆錠剤の大きさ
フェロミア:直径10.3mm・厚さ5.0mm(体積1,665mm²)、重さ550mg
フェロ・グラデュメット:直径9.9mm・厚さ3.8mm(体積1,169mm²)、重さ410mg

◆製造販売元
フェロミア:エーザイ
フェロ・グラデュメット:マイラン

+αの情報:貧血には、鉄を補給しても治らないものもある

 鉄は赤血球の材料になるため、材料不足で起こる貧血(鉄欠乏性貧血)には鉄剤が効果を発揮します。
 しかし、中には作られた赤血球を免疫が破壊してしまうもの(溶血性貧血)や、赤血球を作る骨髄に異常が起きているもの(再生不良性貧血)もあります。こういった貧血は鉄の補給だけでは十分な効果がありません

 また、小児の貧血にはピロリ菌が関係している可能性もあります。

 長く続く貧血は鉄の不足以外の原因を疑う必要があるため、一度病院で検査を受けることをお勧めします。

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

    • Fizz-DI
    • 2017年 8月 31日

     「胃内が少なくなった状態」での安定性を、2剤の主な違いとして取り扱う内容に変更しました。
     緑茶での飲用は、ガイドラインで「取り立てて禁ずる必要はない」とされていることを追記しました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  2. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  3. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  4. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  5. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
PAGE TOP