スポンサードリンク

知っておくべきこと 副作用

/

他人の薬はどうして使ったらダメなの?~「医薬品副作用被害救済制度」の条件

回答:万が一のとき、補償を受けられないから

 日本には、薬の副作用で健康被害を受けてしまった場合、医療費の実費や生活補償・年金を給付してもらえる「医薬品副作用被害救済制度」があります。

 しかし、この制度を受けられるのは、「薬を正しく使用」していた場合に限ります。
 他人に処方された薬を使った場合や、自己流の使い方をして副作用が起きた場合には、補償を受けることができません
副作用被害救済制度
 万が一のときに、受けられるはずの補償を受けられない、といった事態を避けるためにも、他人の薬を使うことは全くお勧めできません。

回答の根拠①:副作用被害救済制度

 すべての薬には副作用があります。今の段階では明らかになっていない「潜在的なリスク」が、後々になって明らかになる、といったケースも少なくありません。
 そのため、たとえ細心の注意を払い、正しい使い方を心がけていたとしても、副作用を100%防ぐことは困難です。

 このような不可避の副作用で受けた健康被害は、「医薬品副作用被害救済制度」によって補償を受けることができます。

 しかし、この制度は「医薬品等の不適正な使用によるもの」は対象となりません。家族など他人の薬を勝手に使っていた場合や、個人輸入で処方薬を入手して使っていたような場合には、この「不適正な使用」に該当し、補償を受けることができません1)。

 1)独立行政法人「医薬品医療機器総合機構」 医薬品副作用被害救済制度に関するQ&A

回答の根拠②:不支給になる理由の3割が、「適正に使用していない」こと

 2007~2011年の5年間、年間1000件を超える申請に対して、20%程度は不支給になっています。
 不支給になる理由には様々ありますが、「医薬品を適正に使用していないため」という理由での不支給が全体の28%程度にのぼります。

※救済の対象とならない事例 1)
・予防接種を受けたもの
・救命のためなど、緊急にやむを得ず大量の医薬品を使った場合
・被害が軽度のもの
・抗癌剤や免疫抑制薬といった、対象外の薬を使った場合
・適正に薬を使用しなかった場合

 他人の薬をもらって使った、家族の薬を使いまわした、昔もらって家に余っていた薬を勝手に使った、用法・用量を守らずに大量に使った・・・等の理由が、「適正に使用していない」に該当します。

薬剤師としてのアドバイス:まずは救済制度の存在を正しく知る

 特に、痛み止めの貼り薬による光線過敏症は、他人から譲り受けた薬で多発しています。
 その際、「医薬品副作用被害救済制度」の存在も知らず、他人の薬では補償が受けられないということも知らなかった、というケースがほとんどです。

 一般にもまだ非常に認知度が低い制度ですが、薬を使う全ての人にとって、いざという時のための大切な制度です。どういった場合に制度を受けられて、どういった場合には制度を受けられないのか、正しく知っておくようにしてください。

 そうすれば、自然と他人の薬を使ったり、自分の薬を他人に譲ったりすることはなくなるはずです。

+αの情報:市販薬や通販で購入した薬も、正しく使っていれば対象になる

 「医薬品副作用被害救済制度」は、病院で処方された薬だけでなく、ドラッグストア等で購入した薬や、インターネットで購入した医薬品なども救済の対象となります。

 ただし、本来は処方箋が必要な薬を個人輸入した場合など、正規の手段で購入していない場合には、対象外になります。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  2. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  3. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  4. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  5. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
PAGE TOP