スポンサードリンク

薬の飲み方 相互作用

/

お酒で薬を飲んだらダメ?

回答:メリットはない

 やめるべきです。意図せぬ急な副作用や、肝臓への負担が大きくなるばかりで、メリットは全くありません。

 お酒も飲みたいけれど、しばらく続けて薬を飲み続けなければならない、といった場合には、どの程度のお酒なら大丈夫か、主治医の先生と相談することをお勧めします。

回答の根拠:併用注意

 多くの薬の添付文書には、お酒(アルコール)との”併用注意”が記載されています。

 その理由としては以下の2点がほとんどです。

①薬の作用がアルコールによって強まってしまうため、意図せぬ副作用の恐れがある
②薬がアルコールと同じく肝臓で分解されるため、肝臓への負担が大きくなる

詳しい回答①:薬の作用がアルコールで強まるもの

 ①には、睡眠薬や抗不安薬といったタイプの薬が当てはまります。

 睡眠薬や抗不安薬といった薬は、脳の活動を抑えることで気持ちを落ち着け、眠気を誘います。
 アルコールも同様に脳の活動を抑える作用があるため、薬とアルコールの2つの相乗効果で脳の活動を強く抑えつけてしまうことになります。
 その結果、階段でふらついて転ぶ、入浴中に眠ってしまうといったような、非常に危険なケースが起こる可能性があります。

例:『デパス(一般名:エチゾラム)』
 アルコールとの併用で精神機能、知覚・運動機能の低下を起こすおそれがある1)。

 こういったタイプの薬は、お酒で飲むか飲まないかだけでなく、薬を飲んでいる期間は飲酒を控えることが望ましい、とされています2)。

 1) デパス錠 添付文書
 2) デパス錠 インタビューフォーム

 また、アレルギーを抑える薬でも同じ注意が必要です。

 市販の風邪薬にもアレルギーを抑える薬が含まれていることが多いですが、そういった薬には副作用として「眠気」があります。
 この「眠気」もアルコールによって強まります。普段感じたことのないような強い睡魔に襲われて、思わぬ事故を起こす可能性があります。こういった注意も、アレルギーを抑える薬が含まれている薬には全て添付文書に記載があります。

詳しい回答②:肝臓への負担が強まるもの

 薬は腎臓か肝臓で分解されるものがほとんどですが、肝臓で分解されるものとお酒の相性は良いとは言えません。肝臓の能力は限られていますので、お酒と薬の両方を分解しなければならないとなると、必然的に負担がかかります。
 特に「アセトアミノフェン」という成分は、アルコールをいつもたくさん飲んでいる人が使うと、肝不全を起こした、という報告があります2)。

 2) カロナール錠 添付文書

 「アセトアミノフェン」は解熱鎮痛薬としてはとても優秀で、赤ちゃんから老人まで使用できます。また、『ロキソニン』や『ボルタレン』等の他の解熱鎮痛薬と異なり、胃への負担も少なく、インフルエンザの際にも使用できます。そのため、市販の風邪薬にもよく含まれているので注意が必要です。

詳しい回答③:他にも色々あります

 他にも、ピロリ除菌の二次除菌で使う『フラジール(一般名:メトロニダゾール)』は、アルコールの分解を邪魔します。
 そのため、普段はお酒に強い人でも気持ち良く酔えず、アルデヒドが増えて頭痛や吐き気といった二日酔いの症状をいきなり起こすことがあります3)。

 3) フラジール錠 添付文書

 

薬剤師としてのアドバイス:薬を飲んでいる間は、原則お酒は控える

 ここで挙げた例はあくまで一例です。全てを列挙しているスペースはありませんが、非常に多くの薬でアルコールとの相互作用の危険性が述べられています。

 また、②で挙げた「アセトアミノフェン」は、薬として誕生したのが1893年、広く使用されるようになったのが1949年と、非常に古くから使用されてきた薬です。
 しかし、アルコールとの相互作用の危険性が指摘され、添付文書に記載されるようになったのは2005年になってからです。つまり、広く使用されるようになってから50年以上、アルコールとの相互作用がよくわからないままであったと言えます。

 世の中にたくさん存在する薬の中には、”まだ明らかになっていない”だけで、アルコールとの相互作用がある薬があるかもしれません。こういった潜在的なリスクを回避するためにも、わざわざお酒で薬を飲む必要があるのかどうか、一度考え直す必要があります。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  2. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  3. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  4. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  5. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
PAGE TOP