スポンサードリンク

認知症 漢方薬

/

『抑肝散』って、認知症に効くの?

回答:周辺症状に効く

 『抑肝散(よくかんさん)』に、認知症そのものを治療する効果はありません。

 認知症が原因で起こる、興奮状態や攻撃的な性格、不安や不眠、イライラといった「周辺症状」を抑える効果があるため、と併せてよく処方されます。
認知症の中核、周辺症状
 「周辺症状(BPSD)」が強い場合は、『リスパダール(一般名:リスペリドン)』などの抗精神病薬を使います。しかし、抗精神病薬では副作用も多いため、緊急度が低い場合は『抑肝散』などの漢方薬も選択肢になります。

回答の根拠①:認知症の治療薬ではない

 認知症、特にアルツハイマー型認知症は、脳の神経細胞が壊れることによって起こります。今のところ、一度壊れてしまった脳細胞を治す方法はありません。
 そのため、脳細胞が壊れないようにする治療が主流です。この治療で使われる薬は2種類あります

※コリンエステラーゼ阻害薬
『アリセプト(一般名:ドネペジル)』
『レミニール(一般名:ガランタミン)』
『リバスタッチ(一般名:リバスチグミン)』

※NMDA受容体拮抗薬
『メマリー(一般名:メマンチン)』

 『抑肝散』を認知症に使用する場合、これらの認知症治療薬と併用するのが一般的です。

回答の根拠②:アルツハイマー型・レビー小体型の周辺症状に効果

 『抑肝散』は、認知症患者の興奮・攻撃性・幻覚・妄想などを改善する効果が報告されています1)。
 また、アルツハイマー型認知症の周辺症状だけでなく、「レビー小体型認知症」の周辺症状にも効果を発揮するとされています2)。

 1) Hum Psychopharmacol.28(1):80-6,(2013) PMID:23359469
 2) Psychogeriatrics.12(4):235-41,(2012) PMID:
23279145

抑肝散の効果:生理学的な視点

 『抑肝散』は、脳シナプスでの神経伝達物質「セロトニン」と「グルタミン酸」の働きを整えます3)。

 「セロトニン」が減ると不安や焦燥感が強まり、精神状態が不安定になる傾向があり、うつ病との関連も高いものです。
 「グルタミン酸」は、増えすぎると興奮状態になり、攻撃的になります。

抑肝散の周辺症状への効果
 3) ツムラ抑肝散エキス顆粒(医療用) 添付文書

抑肝散の効果:漢方医学的な視点

 『抑肝散』には、「釣藤鈎(ちょうとうこう)」、「紫胡(さいこ)」、「甘草(かんぞう)」、「当帰(とうき)」、「茯苓(ぶくりょう)」、「白朮(びゃくじゅつ)」、「川芎(せんきゅう)」といった生薬が含まれています。

君薬・・・処方の中心になるもの。鎮静効果の中心となる「釣藤鈎」。
臣薬・・・「君薬」の作用を強めたり、補助したりするもの。「釣藤鈎」の鎮静作用を高める「柴胡」。
佐薬・・・君薬、臣薬の効能を調整するもの。興奮を鎮め、気の巡りを良くする「甘草」と「当帰」。
使薬・・・処方全体の作用を調節するもの。血を保養し、血を巡らせる「茯苓」、「白朮」、「川芎」。

 「釣藤鈎」は『抑肝散』の主薬で、鎮静効果を持っています。
 「紫胡」は、精神活動が不安定で、栄養の巡りが悪く、神経過敏や蕁麻疹、貧血、肩凝りといった諸症状を示す状態(肝鬱)を解消する生薬です。

 この2つの効果を、残りの生薬が補助し、高める配合になったものが『抑肝散』です。

 『抑肝散』は、認知症の周辺症状のためだけの薬ではなく、子どもの夜泣きや癇癪(かんしゃく)、不眠症などにも適応があります2)。 

類似漢方

 似たような処方の漢方薬もいくつかあり、体質や症状によって使い分けをします。
 
『釣藤散』・・・癇癪持ち、頭痛持ちに。
『紫胡加竜骨牡蠣湯』・・・抑肝散よりも体力が充実している人向け。動悸や便秘がある場合。
『加味逍遥散』・・・抑肝散よりも虚弱体質の人向け。冷えのぼせのある女性に。
『抑肝散加陳皮半夏』・・・症状が長期間続いて慢性化してきたような場合。
『半夏厚朴湯』・・・神経性胃炎、喉や食道の違和感、吐き気がある場合。
『甘麦大棗湯』・・・けいれんを起こしている場合。

+αの情報:アロパノール

 ストレスに効果があるとして、テレビCMでも放映されている「アロパノール」は、『抑肝散』の生薬を使った薬です。

 

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


【主な活動】

★「PharmaTribune」にてコラム「今月、世間を賑わした健康情報」連載中です。
★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  2. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラス1」に取材協力しました
  3. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  4. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  5. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
PAGE TOP