スポンサードリンク

薬学コラム

/

薬剤師国家試験も大学別出願数を公表へ


 厚生労働省は、2015年の第100回薬剤師国家試験から大学別の出願者数を公表すると発表しました。なお、医師や歯科医師国家試験では既に大学別の出願者数は公表されています。

公表することにどんな意味が?

 これまで、国家試験の「合格率」が高いことを”売り”にしてきた大学がありました。そうした高い合格率は、受験者に対して非常に強い宣伝材料になります。

 ところが、この「合格率」はいくらでも操作できてしまいます。国家試験に合格しそうにない学生は卒業試験で留年させ、国家試験を受けさせません。そうすれば合格しそうな学生だけが受験することになるので、見せかけの「合格率」は高くなります。
合格率の数字

 今回から「出願者数」が公表されます。これによって、出願しておきながら受験しなかった人数も明らかになります。これによって、その大学がどれだけの学生を国家試験を受けさせなかったのか?ということもわかるようになります。

合格率にどんな意味が?

 例えば東京大学や京都大学の合格率はあまり高くありません。これは卒業後に研究者などの薬剤師免許を使わない職業につく学生も多いからです。およそ入学時の偏差値が高い”名門”と呼ばれる大学では、合格率よりも他にアピールするところがあるので、大した宣伝材料にしません。

 しかしそんな大学ばかりではありません。周りの大学と何かで差をつけようとしたとき、この「合格率」は国家試験に対する教育カリキュラムの優秀さを示す1つの指標として大きな意味を持ってきます。そのため、見せかけの「合格率」を高く維持するためにあの手この手で操作をするのです。

 今回からの出願者数の公表は、こうした合格率操作に対する1つの抑止策となるでしょう。

大学は国家試験予備校ではない

 そもそも、大学は国家資格を取得するためだけのものではありません。薬学部も薬剤師国家試験を取得するのはもちろん、科学者としての素養や医療従事者としての心構えなど、学ぶことはたくさんあるはずです。

 今回の公表によって見せかけの合格率だけが高い、ということはなくなるでしょうが、その分、カリキュラムがより『薬剤師国家試験対策』だけのものに偏っていく恐れはあるのではないかと思います。
 元より6年制になることにどんな意味があったのか議論が続いているいま、カリキュラムに「基礎・化学」なんてものが大々的に入ってきてしまうと、いったい何のための大学なのかと言わざるを得ません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  2. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  3. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  4. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  5. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
PAGE TOP