スポンサードリンク

薬物動態学 相互作用

/

「グレープフルーツジュース」で、血圧の薬を飲んだらダメなのは何故?

回答:薬が効き過ぎて、低血圧を起こす恐れがあるから

 高血圧に使う「Ca拮抗薬」と「グレープフルーツジュース」を一緒に飲むと、薬が効き過ぎて、低血圧を起こす恐れがあります。
 これは、「グレープフルーツジュース」に含まれる「フラノクマリン」が、「Ca拮抗薬」の分解を邪魔することで起こります。
フラノクマリンとCa拮抗薬

 そのため、「Ca拮抗薬」を飲んでいる間は、「グレープフルーツジュース」の大量摂取を避ける必要があります。
 また「グレープフルーツ」に限らず、「ブンタン」や「ダイダイ」など、「フラノクマリン」を含む柑橘系は同様の現象を起こす恐れがあるため、注意してください。

 これらの果物やジュースを日常的に摂っている人は、一度、そのままの状態で主治医に相談するようにしてください。急に果物やジュースを止めてしまうと、薬の効果も変わって体調に悪影響を与える恐れがあります。

回答の根拠:「フラノクマリン」によるCYP3A4阻害作用

 「グレープフルーツジュース」に含まれる「フラノクマリン」は、小腸にある酵素「CYP3A4」を阻害します。

 普段、この「CYP3A4」は「Ca拮抗薬」を解毒・分解していますが、「フラノクマリン」によって阻害されると「Ca拮抗薬」を分解できなくなります。その結果、「Ca拮抗薬」の血中濃度は高くなるため、薬が効き過ぎるようになります。
フラノクマリンとCYP3A4

 特に、『バイミカード(一般名:ニソルジピン)』を「グレープフルーツジュース」で服用した場合、水で服用した場合と比べて血中濃度が4倍にまで上がり、頭痛などの副作用を起こすことが確認されています1)。
 また、『スプレンジール(一般名:フェロジピン)』も血中濃度の上昇によって血圧が低下し、高齢者では心拍数の増加などの副作用が起きたことが報告されています2)。

 1) Clin pharmacol Ther.67(3):201-14,(2000) PMID:10741622
 2) Clin pharmacol Ther.68(1):28-34,(2000) PMID:10945313

肝臓の代謝酵素には影響しない

 この「CYP3A4」という酵素は肝臓にも存在し、様々な薬の解毒・分解に関係しています。「グレープフルーツジュース」が影響するのは小腸の酵素だけで、肝臓の酵素は阻害しないことがわかっています3)。

 3) 大日本住友製薬 Ca拮抗薬とグレープフルーツの相互作用

薬剤師としてのアドバイス:果物の摂取であれば、問題ない場合も多い

 グレープフルーツの生の果実にも当然「フラノクマリン」は含まれていますが、濃縮されたジュースほど大量には含まれていません。そのため、デザートとして少量食べる程度であれば問題ないこともあります。

 グレープフルーツが好きでずっと控えるのは辛い、という場合は、どの程度の量であれば食べても問題ないのか、高血圧の状況や薬の種類も含めて主治医に伝え、個別に対応してもらうことをお勧めします。

+αの情報①:『アムロジン』や『ノルバスク』は影響を受けにくい

 「Ca拮抗薬」の中でも『アムロジン(一般名:アムロジピン)』や『ノルバスク(一般名:アムロジピン)』は、「グレープフルーツジュース」と一緒に飲んでも血圧には影響しない、とする報告もあります4)。

 4) Br J Clin Pharmacol.50(5):455-63,(2000) PMID:11069440

 ただし、敢えて「グレープフルーツジュース」で服用するメリットは無いため、よほどの事情がない限りは控えることをお勧めします。

+αの情報②:グレープフルーツジュースで、薬の効き目が弱まることもある

 「グレープフルーツジュース」と一緒に飲むと、薬の効き目が弱まることもあります。
 アレルギー治療に使う『アレグラ(一般名:フェキソフェナジン)』は、「グレープフルーツジュース」と一緒に飲むと、血中濃度が下がってしまうことが報告されています5)。

 5) Clin Pharmacol Ther.71(1):11-20,(2002) PMID:11823753

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  2. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  3. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  4. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  5. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
PAGE TOP