スポンサードリンク

解熱鎮痛薬・NSAIDs インフルエンザ

/

インフルエンザの時に『ロキソニン』を使っても良い?~インフルエンザ脳症のリスク

回答:使わない方が良い

 インフルエンザの時に、『ロキソニン(一般名:ロキソプロフェン)』などの解熱鎮痛薬(NSAIDs)を使用すると、「インフルエンザ脳症」を誘発したり、重症化させることがあります

 そのため、発熱や痛みがあっても、安易に解熱鎮痛薬を使うべきではありません。
インフルエンザとカロナール
 成人の場合は、インフルエンザであっても医師が『ロキソニン』等のNSAIDsを処方するケースはありますが、基本的にはインフルエンザの時の解熱・鎮痛には、安全な『カロナール(一般名:アセトアミノフェン)』を選ぶことをお勧めします

回答の根拠①:「インフルエンザ脳症」とNSAIDsの関係

 NSAIDsに分類される解熱鎮痛薬は、インフルエンザの時には使ってはいけないと「禁忌」に指定されている薬があります。

※小児のインフルエンザ患者への投与が禁止されているNSAIDsの例 1,2)
『ボルタレン(一般名:ジクロフェナク)』
『ポンタール(一般名:メフェナム酸)』

※小児のインフルエンザ患者への投与が、原則禁止されているNSAIDsの例 3)
バファリンなど市販の風邪薬にも含まれている「アスピリン」
『PL配合顆粒』などに含まれる「サリチル酸」

 1) ボルタレン錠 添付文書
 2) ポンタールカプセル 添付文書

 3) PL配合顆粒 添付文書

 NSAIDsは多くの種類がありますが、日本小児科学会は「インフルエンザ治療に際しては、NSAIDsの使用は慎重にすべき」という見解を公表しています4)。

 4) 日本小児科学会 「インフルエンザ脳炎・脳症における解熱剤の影響について」 (2000)

『カロナール』による安全な解熱・鎮痛

 解熱鎮痛薬のうち、『カロナール(一般名:アセトアミノフェン)』は「インフルエンザ脳症」のリスクにならないため、子どものインフルエンザの際には推奨されています5)。

 5) 日本小児神経学会 「インフルエンザ脳症はどうしたら予防できますか?」

 38~38.5℃を超えるような異常な高熱は消耗や脱水のリスクにもなるため、適切な解熱をするようにしてください。

回答の根拠②:「インフルエンザ脳症」の大人と子どものリスク

 「インフルエンザ脳症」は、発症すると約30%が死亡し、約25%で後遺症が残るとされている、インフルエンザの最も重い合併症です6)。

 6) 国立感染症研究所 「インフルエンザ脳症ガイドライン」 (2009)

 ほとんどは乳幼児で起こりますが、大人であってもリスクはゼロではありません。そのため、家に『ロキソニン』などの解熱鎮痛薬があるからといって、安易に自己判断で使用することは控えるべきです。
 また、そもそも『ロキソニン』は15歳未満の子どもへ使用できない薬であることにも注意が必要です。

薬剤師としてのアドバイス:解熱薬ではなく、予防接種や「抗ウイルス薬」による根本治療を

 解熱鎮痛薬は、あくまで高熱による辛さを緩和するための”対症療法”です。根本治療にならないことに注意が必要です。
インフルエンザに対する薬の意義

 「インフルエンザ脳症」は、ワクチンの予防接種によって防ぐことが可能とされています。小児や高齢者は、なるべく予防接種を受け、重症化を防ぐように努めましょう。

 また、インフルエンザを発症した場合には『タミフル(一般名:オセルタミビル)』や『リレンザ(一般名:ザナミビル)』などの「抗ウイルス薬」で治療する必要があります。
 これらの薬は発症してから48時間以内に服用する必要があります。そのため、インフルエンザの疑いがある際には、なるべく早く病院を受診するようにしてください。

ポイントのまとめ

1. インフルエンザの時は『ロキソニン』などのNSAIDsは避け、『カロナール(アセトアミノフェン)』を使う
2. インフルエンザ脳症は子どもに多いが、大人でも絶対に起こらないわけではない
3. 熱を下げてもインフルエンザが早く治るわけではないので、無理に使う必要はない

+αの情報:「インフルエンザ脳症」と「ライ症候群」

 「インフルエンザ脳症」は、インフルエンザウイルスに感染したことが原因で起こる意識障害やけいれんなど、インフルエンザの合併症のことを言います。
 NSAIDsを使っていなくても発症することがありますが、NSAIDsを使うことで発症や重症化のリスクが高まることが指摘されています。

 「ライ症候群」は、インフルエンザの時に「アスピリン」等のサリチル酸系の解熱薬を使ったことが原因で起こる副作用のことを言います。
 この副作用は「アスピリン」等に限らず、NSAIDs全体でリスクが指摘されています。

 そのため厳密には、インフルエンザの時にNSAIDsを使うと、「インフルエンザ脳症(合併症)」の発症・重症化と、「ライ症候群(副作用)」の発症という、2つのリスクを発生させることになります7)。
インフルエンザ脳症とライ症候群
 7) Clin Infect Dis.36(5):567-74,(2003) PMID:12594636

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

    • Fizz-DI
    • 2016年 7月 08日

     +αの情報として、「インフルエンザ脳症」と「ライ症候群」の違いについて追記しました。本Q&Aではこの2つを区別した上で、知名度の観点から、「インフルエンザ脳症」の表記で記載しています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


【主な活動】

★「PharmaTribune」にてコラム「今月、世間を賑わした健康情報」連載中です。
★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  2. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneで連載コラムが始まりました
  3. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  4. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  5. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラス1」に取材協力しました
PAGE TOP