■サイト内検索


スポンサードリンク

薬の飲み方 漢方薬

/

漢方薬、いつまで飲み続けるべき?

di-kanpou

回答:飲まなくても症状が出なくなるまで

 基本的に、薬を飲まなくても症状が出なくなれば、それ以上続ける必要はありません。

 漢方薬は、まず2週間~1ヶ月間ほど続けて服用し、効果が出るかどうかを試すのが一般的です。全く効果を感じられなかった場合は変更・中止し、効果を実感できた場合にはそのまま続けて服用します。

 漢方薬は身体に蓄積するような成分もなければ、耐性や依存性も起こらないため、年単位の長期で使用を続けられる薬です。

 しかし、「いつまで飲むの?」という疑問が生まれるということは、既に効果を実感できなくなってきている可能性があります。一度、医師や薬剤師に相談してみることをお勧めします。

詳しい回答:即効性のある漢方薬もある

 風邪の発熱に漢方薬を使う場合などは、2~3回の服用でも十分に効果を発揮することがあります。そのため「漢方薬は長期間飲まなければ効かない」というわけでもありません。
 しかし、慢性的な症状に使う場合はたいてい1ヶ月、最低でも2週間は続けて服用するよう指導されることがほとんどです。

 また、漢方薬は一度飲み始めたら一生飲み続ける必要がある、とも限りません。漢方薬は西洋薬と異なり、症状を直接抑えるのではなく、体質を改善することで症状を抑える、という傾向があります。

 例えば”冷え症”に漢方薬を使い、冷え症になりやすい体質が改善してきた場合、漢方薬無しでも”冷え症”に悩まなくても良くなる、といったことが期待できます。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動

【書籍】(羊土社)
薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100

【薬学監修】
異世界薬局
m3.com 薬剤クイズ
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」
日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

【連載】
PharmaTribune「世間を賑わした健康情報」

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

  1. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  2. 薬剤師のありかた

    忙しい人にお勧めの「勉強・情報収集用ブログ」の紹介
  3. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  4. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  5. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
PAGE TOP