スポンサードリンク

栄養素 高齢者

/

”サルコペニア”って何?~高齢者こそ、肉や魚を食べよう

回答:加齢での筋力の衰え

 ”サルコペニア”とは、「加齢に伴う筋力の低下、筋肉量の減少」のことです。

 高齢者は、一般的に若年者と比べて筋肉量は少なくなっています。このとき、筋肉が落ちると脂肪に置き換わります。
 通常、同じ体積であれば脂肪よりも筋肉の方が重いため、加齢とともに体重が落ちている場合は”身体が引き締まっている”のではなく、”筋肉が衰えていっている”可能性があります。

 特に健康に問題がなければ、筋肉が衰えていかないようトレーニングすることや、積極的に栄養をとる食事の献立も考えましょう。
 

回答の根拠:サルコペニアの定義

 ”サルコペニア”は、dual energy X-ray absorption(DEXA)と呼ばれる方法で測定した「骨格筋指数」で定義されます。

※骨格筋指数の計算方法
 骨格筋指数=四肢の骨格筋量 / 身長(m)×身長(m)

 この骨格筋指数が、健康な40歳未満の人の基準(標準偏差の2倍)よりも低い場合、”サルコペニア”と定義されます1)。

 1) J Am Geriatr Soc.51(8):1120-4,(2003) PMID:12890076

 また、概念としては上記の骨格筋指数の低下と合わせて、握力や歩行速度の低下なども含めて考えます。

詳しい回答:加齢で衰える筋肉の量

 一般的に、20歳と70歳を比較すると、骨格筋の面積は25~30%、筋力は30~40%も低いと言われています。特に50歳を越えると毎年1~2%ずつ筋肉量が低下し、脂肪に置き換わっていってしまいます2)。

 このように筋肉と脂肪の割合が大きく変わってしまうため、薬の効き方も変わります。そのため、高齢者では特別に専用のガイドラインが必要です。

 2) 日本薬剤師会雑誌.第65巻第5号:481-4,(2013)

 こうした衰えは、トレーニングをすることで抑えることもできますが、他に摂取する栄養にも気を付けなければなりません。
 歳をとってきたからといって肉や魚を控えるべきと思い込んでいる人も多いようですが、最近は高齢者のカロリー不足が問題になっています。炭水化物、脂質、タンパク質のバランス良く食事すると共に、低栄養の傾向にある高齢者こそ、肉や魚、卵の摂取は必要です。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


【主な活動】

★「PharmaTribune」にてコラム「今月、世間を賑わした健康情報」連載中です。
★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  2. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneで連載コラムが始まりました
  3. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラス1」に取材協力しました
  4. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  5. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
PAGE TOP