■サイト内検索


スポンサードリンク

似た薬の違い 高血圧

/

『オプスミット』ってどんな薬?~副作用と組織移行性から見る『トラクリア』、『ヴォリブリス』との比較

回答:強力な血管収縮因子「エンドセリン」をブロックする

 『オプスミット(一般名:マシテンタン)』は、「エンドセリン受容体拮抗薬」です。肺動脈性肺高血圧症(PAH)という特殊な高血圧症に使用します。

 「エンドセリン」は強力な血管収縮を持つ物質で、ARBやACE阻害薬がブロックする「アンジオテンシン」の10倍以上の強さを持っています。

 既存の「エンドセリン受容体拮抗薬」である『トラクリア(一般名:ボセンタン)』、『ヴォリブリス(一般名:アンブリセンタン)』と比べて、『オプスミット』は効き目と安全性が高いと評価されています。

回答の根拠①:『オプスミット』の少ない副作用

 『オプスミット』は、同じ「エンドセリン受容体拮抗薬」の『トラクリア』や『ヴォリブリス』と比べると、肝機能障害や間質性肺炎など重篤な副作用が少ないのが特徴です1,2,3)。

※「肝臓の検査値異常」の頻度
『オプスミット』・・・0.5~5%
『トラクリア』・・・47.6%

※「間質性肺炎」の注意喚起
『オプスミット』・・・なし
『ヴォリブリス』・・・あり

 1) オプスミット錠 添付文書
 2) トラクリア錠 インタビューフォーム
 3) ヴォリブリス錠 添付文書

 こうした差は、『オプスミット』の組織移行性が高いことが要因とされています4)。

 4) N Engl J Med.369(9):809-18,(2013) PMID:23984728

回答の根拠②:pKaから見る高い組織移行性

 『オプスミット』は、肺組織への分布が良好であることが示されています5)。

 5) オプスミット錠 インタビューフォーム

 組織への移行性は、酸解離定数「pKa」や、水溶性・脂溶性の指標である「分配係数」などによって推察することもできます。
 薬が効果を発揮するためには、水である血液中から、脂である組織へ移行する必要があるため、脂溶性が高い方が有利です。

※『オプスミット』の性質
pKa 6.2
分配係数 2.9 (脂:水の分配率の概算 800:1)

※『トラクリア』の性質
pKa 5.1
分配係数 約2.7 (脂:水の分配率の概算 500:1)

※『ヴォリブリス』の性質
pKa 4.0
分配係数 1.20 (脂:水の分配率の概算 15:1)

 このことから、『オプスミット』は最も組織へ移行しやすく、低い血中濃度でも高い効果を得られることがわかります。

+αの情報:「エンドセリン」は2つのタイプで絶妙なバランスをとっている

 「エンドセリン」の受容体にはAとBの2タイプがあり、それぞれが自身で相反する作用を持つ特殊な物質です。

エンドセリンA・・・血圧を上げる(体液貯留)、血圧を下げる(レニン分泌抑制)
エンドセリンB・・・血圧を上げる(アルドステロン増加)、血圧を下げる(利尿促進)

 さらに各臓器によってAとBの受容体分布にばらつきがあります。

 こうした複雑な関係にある結果、「エンドセリンA」と「エンドセリンB」の作用によって血圧が急激に上下しないよう、絶妙なバランス調節がなされています6)。

 6) Physiol Rev.91(1):1-77,(2011) PMID:21248162

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動

【書籍】
■羊土社
薬の比較と使い分け100(2017年)
OTC医薬品の比較と使い分け(2019年)
■日経メディカル開発
薬剤師のための医療情報検索テクニック(2019年)
■金芳堂
医学論文の活かし方(2020年)

 

【連載】
Medical Tribune / PharmaTribune
ダイヤモンド・ドラッグストア
m3.com

 

【講演】
薬剤師会(兵庫県/大阪府/広島県/山口県)
大学(兵庫医療大学/同志社女子大学)
学会(日本薬局学会/プライマリ・ケア連合学会/アプライド・セラピューティクス学会)

 

【監修・出演等】
異世界薬局(MFコミックス)
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ / TBSラジオ
yomiDr./朝日新聞AERA/BuzzFeed/日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

 

 

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■おすすめ記事

  1. 「リン酸コデイン」は12歳未満に使っても良い?~呼吸抑制と日…
  2. 『ナウゼリン』と『プリンペラン』、同じ吐き気止めの違いは?~…
  3. 『プレドニン』と『リンデロン』、同じステロイドの飲み薬の違い…
  4. 『チャンピックス』と『ニコチネル』、同じ禁煙補助薬の違いは?…
  5. 『キサラタン』・『タプロス』・『トラバタンズ』・『ルミガン』…
  6. ステロイド外用剤の『リンデロン』、DP・V・VG・Aの違いは…
  7. 『ロイコボリン』と『フォリアミン』、同じ葉酸の薬の違いは? …

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

スポンサードリンク
PAGE TOP