■サイト内検索


スポンサードリンク

解熱鎮痛薬・NSAIDs 外用剤

/

腰が悪くて足が痛む、湿布はどこに貼れば良い?~坐骨神経痛の湿布を貼る場所

回答:基本的に、原因のある場所=腰に貼る

 腰が悪くて足が痛む、といった「坐骨神経痛」の場合、実際に張りや痺れを感じている足に湿布を貼ってもあまり効果が期待できません。

 『モーラステープ(一般名:ケトプロフェン)』など、痛みや炎症を抑える”消炎鎮痛の貼り薬”は、基本的に原因のある場所・・・つまり腰へ貼り付けることが効果的です。
湿布を貼る場所

 ただし、温める作用のある『MS温シップ』などの場合、足に貼って足の血行を良くした方がより効果的である場合もあります。

回答の根拠①:神経痛は、鎮痛消炎の貼り薬では治まらない

 坐骨神経痛の主な原因は、椎間板や背骨などの異常によって神経が圧迫されることです。その結果、神経に異常な興奮が伝わり、足の”痺れ”や”焼けるような痛み”として感じることになります。

 こうした「神経の痛み」は、『ロキソニン(一般名:ロキソプロフェン)』や『ボルタレン(一般名:ジクロフェナク)』といった通常の痛み止めでは、理論上は全く抑えることができません

※「神経の痛み」を抑える作用のある薬
『リリカ(一般名:プレガバリン)』
『ノイロトロピン(一般名:ワクシニアウイルス接種家兎炎症皮膚抽出液)』
 

 『モーラステープ』や『ボルタレンテープ』など一般的な消炎鎮痛の貼り薬も同様、「神経の痛み」を抑える作用がありません。
 そのため、足に貼ろうが腰に貼ろうが、「神経の痛み」を解消する効果はあまり期待できません。

回答の根拠②:腰の炎症を抑えることで、足の神経痛が和らぐこともある

 「坐骨神経痛」に『モーラステープ』などの湿布薬が処方される意図は、「坐骨神経痛」の原因となっている腰の炎症を抑えることです。

 特に、初期や軽度の”突っ張る”ような「坐骨神経痛」の場合、原因部位である腰の炎症を抑えることによって、結果的に足に伝わる神経の異常な興奮が減り、「坐骨神経痛」が和らぐ可能性があります。

 ただし、何年も続く慢性化した”痺れる”もしくは”焼ける”ような「坐骨神経痛」の場合には、腰の炎症は既に治まっているものの、神経の異常な興奮だけが残っているケースもあります。
腰痛の急性期と慢性期
 この場合、鎮痛消炎の貼り薬を腰に貼ってもあまり効果が期待できません。

薬剤師としてのアドバイス:足の”痺れ”が辛いときは

 「坐骨神経痛」で足の”痺れ”が辛いときには『MS温シップ』など患部を温める湿布薬で効果が得られることがあります。
 この場合、腰でも足でも、温めて気持ちが良い方、症状がより和らぐ方へ貼るという選択で問題ありません。

 基本的に、湿布薬の目的は根本治療ではなく、症状を和らげる対症療法です。そのため、理論上は腰に貼っても意味がなくとも、本人が「これがよく効く」と確信しているのであれば、その使い方でも問題ありません。

 ただし、血行が悪くなっている場所に冷感シップを貼るような逆効果の使い方や、直射日光の当たりやすい場所に『モーラステープ』を貼るような副作用のリスクが高い使い方は避けるようにしてください。

 また、飲み薬である『リリカ』『ノイロトロピン』など、「神経の痛み」に効く鎮痛薬の使用も選択肢に入れ、医師と相談するようにしてください。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動

【書籍】
■羊土社
薬の比較と使い分け100(2017年)
OTC医薬品の比較と使い分け(2019年)
■日経メディカル開発
薬剤師のための医療情報検索テクニック(2019年)
■金芳堂
医学論文の活かし方(2020年)

 

【連載】
Medical Tribune / PharmaTribune
ダイヤモンド・ドラッグストア
m3.com

 

【講演】
薬剤師会(兵庫県/大阪府/広島県/山口県)
大学(兵庫医療大学/同志社女子大学)
学会(日本薬局学会/プライマリ・ケア連合学会/アプライド・セラピューティクス学会)

 

【監修・出演等】
異世界薬局(MFコミックス)
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ / TBSラジオ
yomiDr./朝日新聞AERA/BuzzFeed/日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

 

 

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■おすすめ記事

  1. 『アムロジン』・『ワソラン』・『ヘルベッサー』、同じCa拮抗…
  2. 『セレネース』と『リスパダール』、新旧の統合失調症の薬の違い…
  3. 『ビビアント』と『エビスタ』、同じ骨粗鬆症の薬の違いは?~S…
  4. 不要な薬を薬局に返せば、返金してもらえる?~健康保険法上の解…
  5. OTCの痛み止め(内服・外用)、各成分の特徴から考える使い分…
  6. 『ヒアレイン』と『ジクアス』、同じドライアイ治療薬の違いは?…
  7. 『アイトロール』と『ニトロール』、同じ硝酸薬の違いは?~初回…

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

スポンサードリンク
PAGE TOP