スポンサードリンク

めまい・耳鳴り 薬の特別な使い方

/

『アデホスコーワ』は耳鳴りに効く?~「めまい」の随伴症状に対する効果

回答:めまいに伴う「耳鳴り」には効果がある

 『アデホスコーワ(一般名:アデノシン三リン酸)』の適応症の項目には、「耳鳴り」とは記載されていません。

 しかし、実際には「耳鳴り」に『アデホスコーワ』が処方されることもあります。
 これは、『アデホスコーワ』に「めまい感」と、それに伴う諸症状(耳鳴り・難聴・吐き気頭痛など)を改善する効果があるからです。
アデホスコーワと耳鳴り
 そのため、「耳鳴り」などが「めまい」に伴って起きていると判断された場合には、『アデホスコーワ』が処方されることがあります。 

回答の根拠:「めまい感」及び「随伴症状」の改善効果

 『アデホスコーワ』は、「めまい」の程度や持続時間、それに伴う「耳鳴」、「難聴」、「耳閉感」、「音過敏」、「悪心・嘔吐」、「頭痛」などの随伴症状を改善する効果があります1,2)。
アデホスコーワ~めまいの随伴症状
 1) アデホスコーワ顆粒 インタビューフォーム
 2) 医学のあゆみ 126:988,(1983)

 これらは、「メニエール病及び内耳障害に基づくめまい」という表現で、適応症に記載されています。

 つまり、「耳鳴り」や「耳の閉塞感」などの症状に対して『アデホスコーワ』が処方された場合には、それは「メニエール病や内耳障害に基づくめまい」の「随伴症状」である、と診断された可能性が考えられます。

薬剤師としてのアドバイス:「めまい」を感じるかどうかは、人それぞれ

 メニエール病では、回転性のめまい、中・低音部の難聴、耳鳴りを感じることが特徴です。
 しかし、人によっては「めまい」を感じなかったり、「耳鳴り」を感じなかったり、症状の出方は人それぞれです。

 そのため、実際には「耳鳴り」しか感じていなくとも、『アデホスコーワ』が処方されることもあります。

 こういった状況から、『アデホスコーワ』が「耳鳴り」に効くとは書いていないのに処方された、「頭痛」なのに『アデホスコーワ』が処方された、といったことが起こり得ますが、こうした処方もダメ元のものではなく、正しく科学的根拠のある処方であると言えます。

+αの情報:『アデホスコーワ』は、錠剤と顆粒で適応症が異なる

 『アデホスコーワ』の「メニエール病及び内耳障害に基づくめまい」の効能は、顆粒にしかありません。錠剤には適応症に含まれないことに注意が必要です3)。

 3) アデホスコーワ錠 添付文書

 そのため、安易に剤型変更をすると、保険適用上の問題が生じる可能性があります。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  2. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  3. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  4. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  5. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
PAGE TOP