di-rox

神経の痛みに、『ロキソニン』は効く?~帯状疱疹の後に残った痛み


回答:効かない

 理論上は、全く効きません。

 電気が走るようなビリビリした痛み、焼けるようなジリジリした痛みは、神経が異常に興奮しているために起こる痛み(神経障害性疼痛)です。
 『ロキソニン(一般名:ロキソプロフェン)』等の一般的な痛み止めは、こうした神経の興奮には一切作用しないため、効果は期待できません。

 神経の痛みを和らげるためには、神経の興奮を抑える効果を持つ『リリカ(一般名:プレガバリン)』『ノイロトロピン(一般名:ワクシニアウイルス接種家兎炎症皮膚抽出液)』のような薬が必要です。



回答の根拠:痛みの分類

 「痛み」は、発生する要因によって3つに分類されます。
痛みの分類
①侵害受容性疼痛・・・トゲが刺さった、転んで擦りむいた、頭をぶつけた等、外傷を受けた時に感じるもの。感覚神経を経由する「体性痛」や「内臓痛」が当てはまる。
②神経障害性疼痛・・・神経系の機能の異常で起こるもの。ジリジリと焼けるように持続する、電流が走るように感じるもの。
③心因性疼痛・・・原因が特定できないもの。

 『ロキソニン』等の「非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)」は、このうち「①侵害受容性疼痛」にだけ効果があります。
 日常生活で感じる痛みの大部分はこれに該当するため、「どんな痛みにもロキソニンが効く」といった印象を持ってしまいがちですが、痛みの原因によって薬は使い分ける必要があります。

「腹痛」の原因によって使い分けるケース
「頭痛」の原因によって使い分けるケース



詳しい回答:帯状疱疹の最中に感じる痛みと、残る痛みの違い

 帯状疱疹を患った後に、疱疹が治っても「痛み」だけが残ることがあります(これを「帯状疱疹後神経痛」と呼びます)。

 帯状疱疹を患っている最中の痛みは、皮膚の損傷や炎症によって感じる痛みが含まれているので、『ロキソニン』でも効果が期待できます。

 しかし、疱疹が治った後に残っている痛みは、ウイルスによって損傷を受けた神経が異常な興奮を起こすことによって感じる痛み、つまり「②神経障害性疼痛」です。
 この痛みには『ロキソニン』等の痛み止めでは効果がないため、『リリカ』など神経痛専用の痛み止めを使う必要があります。
帯状疱疹後神経痛
 特に、高齢者や、帯状疱疹の皮膚症状が酷かった場合には、この「帯状疱疹後神経痛」が残る可能性が高いため注意が必要です。


『ノイロトロピン』~帯状疱疹後神経痛の適応

 『ノイロトロピン(一般名:ワクシニアウイルス接種家兎炎症皮膚抽出液)』も「帯状疱疹後神経痛」に効果があります。
 従来は帯状疱疹が治癒してから6ヶ月以上経っても痛みが残っている場合にしか使えませんでしたが、2013年7月からは、帯状疱疹を発症した段階からいつでも使えるようになりました1)。

 1) ノイロトロピン錠 添付文書



薬剤師としてのアドバイス:帯状疱疹の時は、薬はきちんと飲み切る

 痛みがなければ、薬を止めて良いわけではありません。

 「抗ウイルス薬」を途中でやめてしまうと、退治しそこねて生き残ったウイルスが神経に潜んでしまいます。こうして潜んだウイルスは神経を傷つけ、後に残る「帯状疱疹後神経痛」の原因になります。
 また、体調を崩して免疫力が落ちた時に、潜んでいたウイルスが活動を再開し、帯状疱疹を再発する恐れもあります。

 必ず処方された薬は最後まで飲み切るようにしてください。


 帯状疱疹を発症している時に使う痛み止めには『ロキソニン』などのNSAIDsを使うこともありますが、この薬には「痛み止め」の他に「炎症を抑える」作用があります。痛みがなくとも、炎症を抑える必要がありますので、できる限り痛み止めも続けて飲むようにしてください。



 ~注意事項~
◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

カスタム検索



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL