『ビタノイリン』・『ノイロビタン』・『ビタメジン』、同じビタミンBの薬の違いは?~誘導体の違いと、ビタミンB2の配合意義


回答:細かな違いはあるが、適応症は同じ

 『ビタノイリン』・『ノイロビタン』・『ビタメジン』は、いずれもビタミンB群の薬です。
ビタノイリンとノイロビタンとビタメジン~同じ適応症
 全ての薬にビタミンB群(B1・B6・B12)が入っています。『ビタノイリン』と『ノイロビタン』には、補助的にビタミンB2も配合されています。

 誘導体が異なるなど細かな違いはありますが、薬の適応症は同じで、厳密な使い分けは必要ありません。



回答の根拠①:適応症は全て同じ

 『ビタノイリン』・『ノイロビタン』・『ビタメジン』は、全て「ビタミンB群」の補充を目的に使う薬です。
 そのため、適応症も全て同じです1,2,3)。

※ビタノイリン・ノイロビタン・ビタメジンの適応症
食事からの摂取が不十分な際のビタミンB群の補給
ビタミンB群の欠乏による神経痛・筋肉痛・関節痛、末梢神経炎・麻痺の症状改善

 1) ビタノイリンカプセル 添付文書
 2) ノイロビタン配合錠 添付文書
 3) ビタメジン配合カプセル 添付文書


 全てビタミンB群の補給や欠乏症の改善を目的に使う薬で、厳密な使い分けが必要なほどの違いはありません。



回答の根拠②:有効成分と誘導体の違い

 『ビタノイリン』・『ノイロビタン』・『ビタメジン』は全て同じビタミンB群の薬でありながら、組成の成分名は少しずつ異なります。
ビタノイリンとノイロビタンとビタメジン~組成の違い
 同じ「ビタミンB1」と言っても、基本の形である「チアミン」と、誘導体である「フルスルチアミン」や「ベンフォチアミン」では、厳密には性質に多少の違いがあります。
 体内では最終的には全て同じ「ビタミンB1」として機能しますが、こうした細かな違いによって使い分ける場合もあります。

 同様に、「ビタミンB6」にも3種、「ビタミンB12」にも4種の誘導体があります。

※『ビタノイリン』の組成 1)
【ビタミンB1  】フルスルチアミン 
【ビタミンB6  】ピリドキサール
【ビタミンB12】ヒドロキソコバラミン
【ビタミンB2  】リボフラビン

※『ノイロビタン』の組成 2)
【ビタミンB1  】オクトチアミン
【ビタミンB6  】ピリドキシン
【ビタミンB12】シアノコバラミン
【ビタミンB2  】リボフラビン

『ビタメジン』の組成 3)
【ビタミンB1  】ベンフォチアミン
【ビタミンB6  】ピリドキシン
【ビタミンB12】シアノコバラミン



回答の根拠③:「ビタミンB2」は、何故配合されているのか

 ビタミンB1類を投与した際、臓器内でビタミンB2濃度が減少することが報告されています。
 そのため、ビタミンB1類を大量あるいは長期で投与する際には、ビタミンB2を併用すべきという意見があります2,4)。

 4) ノイロビタン配合錠 インタビューフォーム

 『ビタノイリン』と『ノイロビタン』には、こうした理由から「リボフラビン(ビタミンB2)」が添加されています。



ビタミンB1に着目した違い

 ビタミンB1とは、「チアミン」とその誘導体の総称のことです。主に神経機能の維持に重要です。有名なものに、脚気はビタミンB1の欠乏によって起こる症状です。

 3つの薬には全てビタミンB1が含まれていますが、いずれもチアミン誘導体です。
ビタノイリンとノイロビタンとビタメジン~ビタミンB1
『ビタノイリン』に含まれるビタミンB1:フルスルチアミン
『ノイロビタン』に含まれるビタミンB1:オクトチアミン
『ビタメジン』に含まれるビタミンB1:ベンフォチアミン

 『ビタノイリン』に含まれる「フルスルチアミン」は、「チアミン」と比べると消化管からの吸収が良く、血液中や臓器内に高い濃度で長時間維持される特徴があります1)。

 『ノイロビタン』に含まれる「オクトチアミン」は、ビタミンB6・B12との併用によって神経炎の改善効果、神経再生の促進効果が高かったことが報告されています2,5)

 5) 日本耳鼻咽喉科学会会報.(2):178,(1967)


 『ビタメジン』に含まれる「ベンフォチアミン」は、「チアミン」と比べると高い血中濃度を維持し、特に心筋・肝臓・腎臓・骨格筋などに高い濃度で維持される、という特徴があります3,6)

 6) Chem Pharm Bull.15(3):295-302,(1967) PMID:6075482




ビタミンB6に着目した違い

 ビタミンB6とは、「ピリドキサール」とその誘導体の総称のことです。主に神経伝達や皮膚の形成、ホルモン調節に関与し、不足するとてんかん、痙攣、貧血、口内炎などの原因となります。

 ビタミンB6は全部で3種あり、アルコール型を「ピリドキシン」、アルデヒド型を「ピリドキサール」、アミン型を「ピリドキサミン」と呼びます。全て、体内で「ピリドキサールリン酸」に代謝されて作用します。
ビタノイリンとノイロビタンとビタメジン~ビタミンB6
『ビタノイリン』に含まれるビタミンB6:ピリドキサール
『ノイロビタン』に含まれるビタミンB6:ピリドキシン
『ビタメジン』に含まれるビタミンB6:ピリドキシン

 『ビタノイリン』に含まれる「ピリドキサール」は、「ピリドキシン」よりも種々の特性を持ち、より活性が高いとされています1)



ビタミンB12に着目した違い

 ビタミンB12とは、コバルト(Co)を含むビタミン類の総称です。主にアミノ酸代謝や葉酸合成に関与し、不足すると貧血や神経障害などの原因になります。

 ビタミンB12は、「シアノコバラミン」、「ヒドロキソコバラミン」、「アデノシルコバラミン」、「メチルコバラミン」の全部で4種類あります。
ビタノイリンとノイロビタンとビタメジン~ビタミンB12
『ビタノイリン』に含まれるビタミンB12:ヒドロキソコバラミン
『ノイロビタン』に含まれるビタミンB12:シアノコバラミン
『ビタメジン』に含まれるビタミンB12:シアノコバラミン

 『ビタノイリン』に含まれる「ヒドロキソコバラミン」は、「シアノコバラミン」と比べて体内の貯留性に優れ、効果が持続するという特徴を持っています1)。

ビタミンB群が3種類も配合されている理由

 ビタミンB1・B6・B12は、それぞれ単独で使用するよりも、3種を併用した方が優れた治療効果を示すことが証明されています7,8)。

 7) ビタメジンカプセル インタビューフォーム
 8) ビタミン 49:308,(1975)




薬剤師としてのアドバイス:特にこだわりが無ければ、同じ薬という認識でも良い

 上記のように『ビタノイリン』、『ビタメジン』、『ノイロビタン』に含まれるビタミンB群は、誘導体の性質による多少の違いはあれど、いずれもビタミンBの補給や不足という同じ目的で使用する薬です。

 特に、どの誘導体の方が臨床的に治療効果が高い、といった報告も無いため、こだわりが無ければ同じ薬という認識で問題ありません。



添付文書、インタビューフォーム記載内容の比較

◆含まれるビタミンB群
ビタノイリン:B1・B6・B12・B2
ノイロビタン:B1・B6・B12・B2
ビタメジン:B1・B6・B12

◆適応症

ビタノイリン:ビタミンB群の補給、欠乏による神経痛、筋肉痛・関節痛、末梢神経炎・末梢神経麻痺の改善
ノイロビタン:ビタミンB群の補給、欠乏による神経痛、筋肉痛・関節痛、末梢神経炎・末梢神経麻痺の改善
ビタメジン:ビタミンB群の補給、欠乏による神経痛、筋肉痛・関節痛、末梢神経炎・末梢神経麻痺の改善

◆用法
ビタノイリン:服用回数の指定なし
ノイロビタン:服用回数の指定なし
ビタメジン:服用回数の指定なし

◆剤型の種類
ビタノイリン:カプセル(25,50)
ノイロビタン:配合錠
ビタメジン:カプセル(B25,B50)、配合散、静注

◆製造販売元
ビタノイリン:武田薬品工業
ノイロビタン:アステラス製薬
ビタメジン:第一三共



 ~注意事項~
◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

カスタム検索


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL