『クラバモックス』の味を子どもが嫌がる、上手な飲ませ方はある?


回答:オレンジジュースと混ぜると飲みやすくなる

 『クラバモックス(一般名:アモキシシリン + クラブラン酸)』は、「オレンジジュース」と混ぜると飲みやすくなりますが、「リンゴジュース」と混ぜると飲みづらくなります。
クラバモックスとジュース
 『クラバモックス』は片栗粉のように細かい粉で、風味も独特なため嫌がる子どもが少なくありません。
 しかし、嫌がるからといって抗生物質を自己判断で止めてしまうと、病気を治せないばかりか、「耐性菌」を生んで次から薬が効かなくなってしまう恐れもあります。

 飲みやすい方法を探しながら、処方された薬は必ず最後まで飲み切るようにしてください。

 

回答の根拠:飲みやすくなるジュースは、薬によって異なる

 『クラバモックス』の粉が細かくて飲みづらいだけの場合は、水に溶かすだけでも飲みやすくなります。「ドライシロップ」なので、簡単に水に溶けるようにできています。

 『クラバモックス』の味が苦手な場合には、「オレンジジュース」や「ヨーグルト」・「チョコレートのアイスクリーム」と混ぜることで飲みやすくなります。
 しかし、逆に「リンゴジュース」や「ミルク」、「乳酸菌飲料」と混ぜると逆に飲みづらくなります1)。

 1) GSK(株) 「クラバモックス小児用配合ドライシロップ 上手な飲ませ方」


 ただし、『クラリス(一般名:クラリスロマイシン)』は「オレンジジュース」で苦くなるなど、飲みやすくなる混ぜ方は薬によって全く異なりますので、個別に薬剤師に相談するようにしてください。

「オレンジジュース」と混ぜた場合
『クラバモックス』→飲みやすくなる
『クラリス』→飲みづらくなる

※「バニラのアイスクリーム」と混ぜた場合
『クラリス』→飲みやすくなる
『タミフル』→飲みづらくなる
 ただし、お腹の調子が悪い時に冷たいものは避ける

※「スポーツドリンク」と混ぜた場合
『タミフル』→飲みやすくなる
『クラリス』→飲みづらくなる



薬剤師としてのアドバイス:抗生物質は、症状が良くなっても最後まで飲み切ること

 症状が良くなってきたからと、自己判断で薬を止めてしまう人は少なくありません。
 しかし、抗生物質を途中で止めてしまうと「耐性菌」を生み、次から同じ薬が効かなくなってしまう恐れがあります。

 脱水症状を起こしかねない酷い下痢、血や粘液の混じる軟便など、ひどい副作用を起こしていない限り、処方された薬は必ず最後まで飲み切るようにしてください。



+αの情報:『クラバモックス』は食前に飲む

 『クラバモックス』は、食前に服用する必要があります。
 食後に飲むと、配合されている「クラブラン酸」の吸収が低下してしまう恐れがあります。

 ただし、薬の本体である抗生物質「アモキシシリン」は食前・食後の影響はないため、食前に飲み忘れた場合は食後でも良いので、飛ばさずきちんと服用するようにしてください。



 ~注意事項~
◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

カスタム検索



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL