スポンサードリンク

抗生物質 薬の飲み方

/

『クラバモックス』の用法が食直前なのは何故?~「クラブラン酸」の吸収に与える影響

回答:食後だと、配合された「クラブラン酸」の効果が弱まるから

 『クラバモックス(一般名:アモキシシリン + クラブラン酸)』は、抗生物質「アモキシシリン」と、その抗生物質の抗菌作用を高める「クラブラン酸」が配合された薬です。

 このうち、「クラブラン酸」は食後で服用すると効果が弱まってしまいます。そのため、食直前で服用する必要があります。
クラバモックスが食直前な理由

 ただし、抗生物質「アモキシシリン」は食事による影響を受けません。もし食前の服用を忘れた場合は、食後でも良いのできちんと1日2回服用することをお勧めします。

回答の根拠①:食事と「クラブラン酸」の吸収

 『クラバモックス』の成分のうち、「クラブラン酸」を食後に服用すると、空腹時よりも吸収が低下し、「バイオアベイラビリティ」が顕著に減少してしまうことがわかっています1)。

 1) クラバモックス小児用配合ドライシロップ インタビューフォーム

 このとき、食事の150分後であっても影響を受けることが報告されているため1)、『クラバモックス』はお腹に何も入っていない状態(空腹時)で服用する必要があります。

回答の根拠②:「クラブラン酸」は何のために配合されているのか

 『クラバモックス』は、ペニシリン耐性菌にも効果があります。これは、「クラブラン酸」が配合されているからです。
 
 細菌がペニシリン系の抗生物質に対して耐性を獲得する際、「β-ラクタマーゼ」と呼ばれる酵素を作り、抗生物質の化学構造を破壊するようになります。
 「クラブラン酸」は、この抗生物質を破壊してしまう酵素「β-ラクタマーゼ」を阻害することで、細菌が持つ耐性を無力化することができます2)。
クラブラン酸とβラクタマーゼ

 2) クラバモックス小児用配合ドライシロップ 添付文書

 つまり『クラバモックス』は、抗生物質「アモキシシリン」と、この抗生物質に対する耐性を無力化する「クラブラン酸」の配合剤と言えます。

薬剤師としてのアドバイス①:食前に飲み忘れた場合は食後でも良いので1日2回服用を

 『クラバモックス』に含まれる抗生物質「アモキシシリン」は、食事による影響を受けません1)。そのため、もし食前に飲み忘れてしまった場合は、食後でも良いので1日2回、きちんと服用を続けるようにしてください。

 食前に飲み忘れたから意味がなくなると思い込み、自己判断で薬を中断してしまったりすると、『クラバモックス』に対する「耐性菌」が生まれ、次から薬が効かなくなってしまう恐れもあります

 抗生物質は、たとえ症状が治まっても、必ず処方された日数を最後まで飲み切るのが鉄則です。
 ただし例外として、下痢に血や粘液が混ざっている場合や、脱水症状を起こしかねないほどのひどい症状の場合には、一旦薬の服用を中断し、主治医と対応を相談する必要があります。

薬剤師としてのアドバイス②:服薬をまとめる場合も、『クラバモックス』の食前に合わせる

 『クラバモックス』を処方される時は、同時に『ムコダイン(一般名:カルボシステイン)』や、下痢防止のための『ビオフェルミンR』なども併せて処方されるケースが多くあります。
 併せて処方された薬が食前服用でも問題ない場合は、まとめて食前に服用することで、服薬の手間を軽減することもできます。『クラバモックス』を食後にまとめてしまうことは、あまりお勧めできません。

 小児の場合、必ずしも食後でなければならない、という薬はそれほど多くありません。食前や食後と服薬のタイミングが増えて大変な場合は、どういった工夫が可能か、薬剤師に相談することをお勧めします。

+αの情報:飲みづらい時は「オレンジジュース」か「チョコアイス」と混ぜて

 『クラバモックス』は、片栗粉のようにきめ細かく、さらに独特な風味があるために、飲むのを嫌がる子どもも少なくありません。
 その場合、『クラバモックス』は「オレンジジュース」か「チョコアイス」と混ぜることで飲みやすくなります。きちんと抗生物質を最後まで飲み切れるよう、上手な工夫をするようにしてください。
クラバモックスとジュース

 
 
 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  2. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  3. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  4. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  5. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
PAGE TOP