スポンサードリンク

似た薬の違い 薬の塗り方

/

軟膏とクリーム、ローションの違いは?~使い心地・刺激・皮膚への付着性

回答:使い心地・刺激・皮膚への付着性の違い

 「軟膏」は、最も皮膚にしっかりと付着しますが、べたつきが強く使い心地はあまり良くありません。
 「ローション」は、さらっとしていて使い心地は良いですが、汗やこすれ等でとれやすい傾向があります。
 「クリーム」は、軟膏とローションの中間くらいの性質を持っています。
軟膏、クリーム、ローション

 薬としての成分は全く同じです。ほとんどの場合は添付文書も共通で、どんな症状に使うか、どんな副作用が起こるか、どんな使い方をするかも同じです。

 ただし、皮膚の状態によっては厳密に使い分けることもあります。特に、傷がある場合に「ローション」を使用すると、刺激を感じて症状が悪化してしまう恐れもあります。
 使い心地で選んで良いのか、皮膚の状態に合わせた薬を使うべきか、きちんと医師・薬剤師と相談の上で使うようにしてください。

回答の根拠①:それぞれの剤形の特徴

 同じ乾燥肌に対して保湿剤を使う場合でも、症状や場所によって「軟膏」・「クリーム」・「ローション」のどれが適しているかが変わります。
 適したタイプの剤型を使うことで最も治療効果が高くなるため、製薬企業はわざわざ異なるタイプの薬を販売しています。

軟膏の特徴

 「軟膏」は最もよく用いられている塗り薬です。べたつき等、使い心地が悪い場合はありますが、およそどんな皮膚の状態でも使用できます。

・主に「白色ワセリン」と呼ばれる油脂をベースに作られる
・塗布した面に脂の膜を作るため、保湿性に優れる
・皮膚にしっかりと付着するため薬が剥がれにくい
・刺激が少なく、傷やびらんを保護できる
・鱗屑や痂皮を柔らかくして取り除く
・べたつきを感じる

クリームの特徴

 「クリーム」は軟膏よりも水分量が多く、使い心地の面で改良されています。しかし、皮膚が潰瘍やびらんのように湿潤している(じゅくじゅくしている)場合には刺激があり、適しません。

・軟膏と比べてベタベタせず、塗り心地が良い
・傷があると刺激を感じることがある
・よく延びる

ローションの特徴

 「ローション」はアルコールや界面活性剤を使って薬を水溶性にしたものです。クリームよりも更にさらっとした使用感で、夏場の使用でもべたつきを感じることが少なくなります。しかし、その分薬もとれやすく、またクリームよりも更に刺激性が強いため傷がある場所には適していません。

・べたつきが少なく、使用感が非常に良い
・頭部など、毛が多く皮膚に塗布しづらい場所にも使用できる
・汗などによって薬は剥がれやすい
・傷やびらんがある場合には刺激が強いため使用できない

回答の根拠②:刺激があると何故ダメなのか

 刺激感があると、患部の痒みや痛みが強くなり、その結果爪で引っ掻いたりする恐れがあります。その結果、皮膚の症状をより悪化させることにつながります。
刺激感が与える皮膚への影響

 特に傷のある部位では、強い刺激を感じる可能性があります。こういった場合には刺激の少ない軟膏を使用することが必要です。

薬剤師としてのアドバイス:厳密な使い分けも必要

 軽い症状のものであれば、使い心地の観点から「軟膏」・「クリーム」・「ローション」を選んでもそれほど問題ありません。
 しかし、長期で治療が必要な場合や、症状が酷いような場合には、最も治療効果が高くなるよう厳密に使い分けが必要なケースもあります。

 兄弟や家族で異なるタイプの薬が処方されている場合には、必ず別のタイプを処方した理由があります。使い心地が悪いからといって、安易に自己判断で別の剤形を使ったりしないようにしてください。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


【主な活動】

★「PharmaTribune」にてコラム「今月、世間を賑わした健康情報」連載中です。
★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneで連載コラムが始まりました
  2. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  3. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  4. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  5. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
PAGE TOP