スポンサードリンク

知っておくべきこと スタチン

/

コレステロールはもう気にしなくて良くなった?~摂取制限が撤廃された真意

回答:LDLコレステロール値が高いことは、相変わらず悪いこと

 「2015年日本人の食事摂取基準」において、これまで定められていたコレステロール値の基準が撤廃されました。
 これによって「もうコレステロールを気にしなくて良い!」と言っている人たちが居られますが、そういう意味ではありません。

 むしろ、LDLコレステロール値を減らすためには、食事による摂取量を減らすだけでは駄目で、野菜や海藻の積極的な摂取、タバコ・お酒の減量、減塩、1日30分以上の有酸素運動などを行い、多方面からアプローチしなければならない、という意味です。

 LDLコレステロール値が高いことは、心筋梗塞や脳梗塞などの危険因子であることに、変わりはありません。
コレステロールの基準撤廃

回答の根拠①:LDLが高いことは、血管トラブルの元

 悪玉コレステロールであるLDLの血中濃度が高いと、心筋梗塞や脳梗塞などの危険因子になります1)。

 1) Circ J.76(1):221-9,(2012) PMID:22094911

 そのため、基準値を越えている場合には「スタチン製剤」などの薬物治療によって下げる必要があります。

回答の根拠②:撤廃の理由は、食事制限の大きな個人差

 食事制限をしても、LDLコレステロール値がほとんど下がらない人も居ます。
 これは、LDLコレステロール値が高い原因は人によって様々で、一概に食事からのコレステロール摂取を制限すれば解決するものではない、ということを意味しています。

 つまり、食事制限の効果は”個人差”が大きいため、基準として設けるに適したものではない、ということです。これが基準撤廃の理由です。

 また、肉や乳製品、卵といった、いわゆる”コレステロールの高い食品”が悪者扱いされ、健康志向の高い高齢者から忌避される傾向が高まっていました。
 しかし、最近では「サルコペニア」などの概念が生まれ、特に高齢者の低栄養が問題視されています。高齢者にとっては低栄養である方が問題で、むしろ積極的に肉や乳製品、卵といった”栄養価の高い食品”を摂るべきという考え方も広まってきています。

 こうした背景から、一概に「コレステロールの摂取を減らせば良い」という問題でもない、という考え方に変わってきています。

薬剤師としてのアドバイス:従来通り、”食事にも”気を付けるべき

 先述の通り、LDLコレステロール値が高い原因は人によって様々です。単純に、摂取するコレステロールが多い場合には、これまで通り摂取量を減らせば良いです。
 LDLコレステロール値は、バターなどの動物性油脂、肉の脂身などに含まれる飽和脂肪酸の過量摂取で上昇します。また、生クリームなども飽和脂肪酸が多いものとして知られています。
 こういった食品を多く摂取するとLDLコレステロール値は上がってしまいますので、従来通りに注意を続けるべきです。

 また、コレステロールの排出量が少ない場合には、コレステロールの排出を促す食品を積極的に摂取する必要があります。魚や大豆製品が代表的です。

 更に、LDLコレステロールが多いと最終的に動脈硬化につながることから、動脈硬化のリスクを生活の中から排除していくことも効果的です。タバコや過量のアルコール、塩分の摂り過ぎ、運動不足などは動脈硬化の代表的な危険因子です。
 特に、1日30分以上の有酸素運動を続けることは、動脈硬化の予防に効果があるとされています2)。

 2) 日本動脈硬化学会 「動脈硬化性疾患予防ガイドライン (2012)」

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


【主な活動】

★「PharmaTribune」にてコラム「今月、世間を賑わした健康情報」連載中です。
★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneで連載コラムが始まりました
  2. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラス1」に取材協力しました
  3. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  4. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  5. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
PAGE TOP