点眼薬

  1. 緑内障治療薬 似た薬の違い

    『キサラタン』と『チモプトール』、同じ緑内障の点眼薬の違いは?~プロスタグランジン関連薬とβ遮断薬、…

    【薬剤師が執筆・監修】全身性の副作用(気管支収縮や血圧上昇)が少ない『キサラタン』と局所の副作用(色素沈着やまつ毛の異常)が少ない『チモプトール』~作用の違いと…

  2. 緑内障治療薬 似た薬の違い

    『キサラタン』・『タプロス』・『トラバタンズ』・『ルミガン』、同じプロスタグランジン関連薬の違いは?…

    【薬剤師が執筆・監修】緑内障への効果に大きな違いは無いが、最も古い『キサラタン』は安価、国産の『タプロス』は使い勝手が良い、塩化ベンザルコニウムを含まない『トラ…

  3. 似た薬の違い 点眼薬

    『ムコスタ』と『ジクアス』、同じドライアイ治療薬の違いは?~点眼回数と苦味・コンタクトレンズ

    【薬剤師が執筆・監修】少ない点眼回数で済む『ムコスタ』、苦味・霞視の副作用がなくソフトコンタクトレンズを装着したままでも使える『ジクアス』~使用回数や副作用、コ…

  4. 似た薬の違い 点眼薬

    『ヒアレイン』と『ジクアス』、同じドライアイ治療薬の違いは?~涙の量・質への効果

    【薬剤師が執筆・監修】涙の乾燥を防ぐ『ヒアレイン』、涙の量(水)と質(ムチン)を改善する『ジクアス』~ドライアイに対する効果と値段、塩化ベンザルコニウムの有無…

  5. 似た薬の違い 点眼薬

    『パタノール』と『インタール』、同じアレルギー点眼液の違いは?~pH・浸透圧による刺激の差

    【薬剤師が執筆・監修】人間の涙と同じ性質(pH・浸透圧)を持つ『パタノール』は、眼にしみない~pHや浸透圧比が影響する目薬の刺激や不快感…

  6. 似た薬の違い 点眼薬

    『アレジオン』と『パタノール』、同じアレルギーの目薬の違いは?~コンタクトレンズと保存料

    【薬剤師が執筆・監修】保存料「ベンザルコニウム」が使われていない『アレジオン』は、コンタクトレンズを付けたまま使える~使い勝手や使い心地は、治療効果に大きく影響…

  7. 知っておくべきこと 点眼薬

    目薬は1滴だけで本当に効くの?~点眼1滴と、目に収容できる液体の量

    【薬剤師が執筆・監修】目薬をたくさん差しても意味がない、その理由と根拠…

  8. 専門用語解説 点眼薬

    『リズモンTG点眼液』のTGって何?

    【薬剤師が執筆・監修】1日1回の点眼で済むための、製剤工夫…

  9. 似た薬の違い 点眼薬

    『アレジオン点眼液』、コンタクトレンズをつけたまま点眼しても良い?

    【薬剤師が執筆・監修】ソフトコンタクトレンズに吸着してしまう防腐剤「ベンザルコニウム」を使わずに製剤化した『アレジオン』点眼液~コンタクトレンズと点眼液の関係…

  10. 知っておくべきこと 点眼薬

    コンタクトレンズをつけたまま目薬をさしても良い?

    【薬剤師が執筆・監修】塩化ベンザルコニウムとソフトコンタクトレンズの関係~ワンデーのコンタクトレンズでも気にするべきか…

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

スポンサードリンク
  1. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  2. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  3. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  4. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  5. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
PAGE TOP