スポンサードリンク

消化性潰瘍治療薬 ピロリ菌

/

『タケキャブ』を服用中は、ピロリ菌の検査を行える?~偽陰性の原因となる作用の有無

※2016/10/7 ガイドライン改訂に伴い、大幅な修正を行っています

回答:2週間の休薬を置くよう、ガイドラインにも明記された

 『タケキャブ(一般名:ボノプラザン)』を服用中にピロリ菌の検査を行うと、「偽陰性」を示す可能性があります。

 このことから、検査の前には最低でも2週間の休薬を置く必要があります。2016年に改訂された「H.pylori感染の診断と治療ガイドライン」において、この点が明記されました。

回答の根拠:静菌作用と、ガイドラインでの明記

 『タケプロン(一般名:ランソプラゾール)』などの既存のPPIを服用中は、ピロリ菌の検査を行えません

 これは、PPIには「抗H.pylori活性」や「H.pyloriウレアーゼ阻害活性」など、ピロリ菌の活動を抑える作用があり、この作用によって、「本当はピロリ菌が居るにも関わらず、まるでピロリ菌が居ないかのような検査結果が出ることがある」からです。
 この現象を「偽陰性」と呼びます。

 『タケキャブ』には「抗H.pylori活性」や「H.pyloriウレアーゼ阻害活性」がないことが示されています1)。
 しかし、実際には『タケキャブ』がピロリ菌の活動に影響し、「偽陰性」を示す可能性があることから、従来のPPIと同様に検査前は少なくとも2週間は休薬期間を置くよう、ガイドラインでも明記されました2)。

 1) タケキャブ錠 インタビューフォーム
 2) 日本ヘリコバクター学会 「H.pylori感染の診断と治療ガイドライン(2016)」

薬剤師としてのアドバイス:抗生物質や、他の胃薬でも「偽陰性」を示すことがある

 『タケプロン』などの従来のPPIや『タケキャブ』などの胃酸を抑える薬に限らず、抗生物質や胃の粘膜を守るタイプの薬であっても、一部の薬ではピロリ菌の「偽陰性」の原因となる可能性が指摘されています。

 そのため、ピロリ菌の検査前にはその旨を医師・薬剤師に必ず伝え、検査結果に影響する可能性のある薬は避けるようにしてください。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

    • Fizz-DI
    • 2016年 10月 18日

     2016年に改訂された「H.pylori感染の診断と治療ガイドライン」の内容を踏まえて、『タケキャブ』でもピロリ菌検査前には2週間程度の休薬が必要であることなど、内容を最新のものへと加筆・修正しました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  2. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  3. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  4. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  5. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
PAGE TOP