■サイト内検索


スポンサードリンク

薬の誤解 筋弛緩薬

/

肩凝りの薬をもらったが、「筋弛緩薬」と書いてある。そんな怖い薬を飲んでも大丈夫?

di-terne

回答:肩凝りに使う「筋弛緩薬」は、怖い印象のある「筋弛緩薬」とは別の薬

 筋弛緩薬には、「末梢性」と「中枢性」の2種類があります。多くの方が「怖い」と認識している筋弛緩薬は、「末梢性」の筋弛緩薬です。

 「末梢性」の筋弛緩薬は、重度の麻痺や痙攣などに使うもので、扱いが難しく、時には死亡例が報道されることもある薬です。
 「中枢性」の筋弛緩薬は、肩凝りや腰痛、緊張型頭痛などにもよく使う薬です。
筋弛緩薬~中枢性と末梢性
 「筋弛緩薬」という同じカテゴリに分類されているため、まとめて怖い薬という印象を持っている方がおられますが、使う目的も作用のメカミズムも全く異なる別の薬です。

回答の根拠①:「筋弛緩薬=怖い薬」の理由

 2000年に仙台で、准看護師が点滴で「筋弛緩薬」を過量に投与して患者を死亡させた(1人死亡、4人重篤)、という事件がありました。このとき使われた薬が、末梢性の筋弛緩薬である『マスキュラックス(一般名:ベクロニウム)』です。

 この事件が大きく報道されたため、「筋弛緩薬=死ぬこともある怖い薬」という強い印象が残りました。

 しかしこういった報道の際、わざわざ「末梢性」の筋弛緩薬とは言わないため、「末梢性」と「中枢性」の筋弛緩薬をどちらも「怖い」と感じてしまう原因になっています。

回答の根拠②:末梢性と中枢性の大きな違い

 「筋弛緩薬」は骨格筋を弛緩させる効果の薬の総称で、様々な目的で使用されますが、以下のように大別することができます。

※「末梢性」の筋弛緩薬(使い方が難しい方)
作用機序
: 筋肉の収縮システムや神経伝達を阻害することで、全身の筋肉の収縮を止める
主な目的 : 全身麻酔薬や抗精神薬による悪性症候群、脳・脊髄の異常による痙攣性の麻痺などの改善
薬剤の例 : 『ダントリウム(一般名:ダントロレン)』、『ボトックス(一般名:A型ボツリヌス毒素)』、『マスキュラックス(一般名:ベクロニウム)』、『スキサメトニウム(一般名:スキサメトニウム)』

※「中枢性」の筋弛緩薬(肩凝りにも使う方)
作用機序
: 中枢神経から発せられる異常な反射を抑えて、筋肉(骨格筋)の緊張を和らげる
主な目的 : 肩凝りや腰痛症などによる筋肉の緊張状態を和らげる
薬剤の例 『ミオナール(一般名:エペリゾン)』、『テルネリン(一般名:チザニジン)』

薬剤師としてのアドバイス:「筋弛緩薬」の名前だけで判断しない

 『ミオナール』や『テルネリン』は、肩凝りや腰痛の他に緊張型頭痛の予防・治療に使うことがあります。この時、処方される「中枢性」の筋弛緩薬のことを、医師や薬剤師はわざわざ怖い印象が強い「筋弛緩薬」とはあまり言いません。
 ところが、インターネット等で薬を調べると、分類上の「筋弛緩薬」という名前が出てきてしまうため、怖がって薬を飲まなくなってしまうことがあります。

 「筋弛緩薬」とはあくまで分類上の総称であって、「末梢性」か「中枢性」によって、作用のメカニズムや薬を使う目的、扱いの難しさも全く異なる別の薬です。名前の印象だけで薬を混同しないようにしてください。

+αの情報:肩凝りに効く『葛根湯』

 肩凝りには、漢方薬の『葛根湯』も効果があります1)。
 どうしても「筋弛緩薬」という名前に抵抗がある人は、試してみることをお勧めします。

 1) ツムラ葛根湯エキス顆粒 添付文書

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

前のページ

次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動

【書籍】
■羊土社
薬の比較と使い分け100(2017年)
OTC医薬品の比較と使い分け(2019年)
■日経メディカル開発
薬剤師のための医療情報検索テクニック(2019年)

 

【連載】
Medical Tribune / PharmaTribune
ダイヤモンド・ドラッグストア
m3.com

 

【講演】
薬剤師会(兵庫県/大阪府/広島県/山口県)
大学(兵庫医療大学/同志社女子大学)
学会(日本薬局学会/プライマリ・ケア連合学会/アプライド・セラピューティクス学会)

 

【監修・出演等】
異世界薬局(MFコミックス)
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ / TBSラジオ
yomiDr./朝日新聞AERA/BuzzFeed/日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

 

 

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■カテゴリ選択・サイト内検索

■おすすめ記事

  1. 乗り物酔いのOTC、どんな選び方をすれば良い?~予防・治療の…
  2. 『ラミシール』と『イトリゾール』、同じ内服の水虫薬の違いは?…
  3. 【反論】「ダマされるな!医者に出されても飲み続けてはいけない…
  4. 『キサラタン』と『チモプトール』、同じ緑内障の点眼薬の違いは…
  5. 「リン酸コデイン」は12歳未満に使っても良い?~呼吸抑制と日…

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

PAGE TOP