スポンサードリンク

薬の誤解 筋弛緩薬

/

肩凝りの薬をもらったが、「筋弛緩薬」と書いてある。そんな怖い薬を飲んでも大丈夫?

di-terne

回答:肩凝りに使う「筋弛緩薬」は、怖くない方の「筋弛緩薬」

 筋弛緩薬には、「末梢性」と「中枢性」の2種類があります。

 多くの方が怖い薬と認識している筋弛緩薬は、「末梢性」の筋弛緩薬です。
 「末梢性」の筋弛緩薬は、重度の麻痺や痙攣に使うもので、使い方が難しいため、熟練した医師のみに使用が許可された薬です。

 一方で、「中枢性」の筋弛緩薬は、肩凝りや腰痛、緊張型頭痛などにもよく使う、特に怖い要素がない薬です。
筋弛緩薬~中枢性と末梢性
 「筋弛緩薬」という同じカテゴリに分類されているため、まとめて怖い薬という印象を持っている方がおられますが、使う目的も作用のメカミズムも全く異なる別の薬です。

回答の根拠①:「筋弛緩薬=怖い薬」の理由

 2000年に仙台で、准看護師が点滴で「筋弛緩薬」を過量に投与して患者を死亡させた(1人死亡、4人重篤)、という事件がありました。
 このとき使われた薬が、末梢性の筋弛緩薬である『マスキュラックス(一般名:ベクロニウム)』です。この事件が大きく報道されたため、「筋弛緩薬=死ぬこともある怖い薬」という強い印象が残りました。

 また、「筋弛緩薬」は使う量を間違えて患者の呼吸が止まったなど、大きな医療過誤の原因としても報道されることが多い薬です。

 こうした際、いちいち「末梢性の筋弛緩薬」とは報道されません。そのため、「末梢性」と「中枢性」の筋弛緩薬を混同してしまう原因になっています。

回答の根拠②:末梢性と中枢性の大きな違い

 筋弛緩薬は様々な目的で使用されますが、一般的には以下のように明確な分類をすることができます。

※「末梢性」の筋弛緩薬(使い方が難しい方)
作用機序
: 筋肉の収縮システムや神経伝達を阻害することで、全身の筋肉の収縮を止める
主な目的 : 全身麻酔薬や抗精神薬による悪性症候群、脳・脊髄の異常による痙攣性の麻痺などの改善
薬剤の例 : 『ダントリウム(一般名:ダントロレン)』、『ボトックス(一般名:A型ボツリヌス毒素)』、『マスキュラックス(一般名:ベクロニウム)』、『スキサメトニウム(一般名:スキサメトニウム)』

※「中枢性」の筋弛緩薬(怖い要素がない方)
作用機序
: 中枢神経から発せられる異常な反射を抑えて、筋肉(骨格筋)の緊張を和らげる
主な目的 : 肩凝りや腰痛症などによる筋肉の緊張状態を和らげる
薬剤の例 : 『ミオナール(一般名:エペリゾン)』、『テルネリン(一般名:チザニジン)』

薬剤師としてのアドバイス:「筋弛緩薬」の名前だけで判断しない

 『ミオナール』や『テルネリン』は、肩凝りや腰痛の他にも、緊張型頭痛を和らげるために痛み止めと一緒に使うことがあります。
 多くの場合、こうした「中枢性」の筋弛緩薬のことを、薬剤師はわざわざ怖い印象が強い「筋弛緩薬」とは言いません。

 ところが、インターネット等で薬を調べると、分類上の「筋弛緩薬」という名前が出てくることがあります。そのため薬を怖がって飲まなくなってしまう人も少なくありません。

 よく報道される”怖い薬”である「末梢性」の筋弛緩薬と、肩凝りにも使う「中枢性」の筋弛緩薬は、メカニズムも全く異なる別の薬なので、「筋弛緩薬」という名前に惑わされないようにしてください。
 

+αの情報:肩凝りに効く『葛根湯』

 肩凝りには、漢方薬の『葛根湯』も効果があります1)。
 どうしても「筋弛緩薬」という名前に抵抗がある人は、試してみることをお勧めします。

 1) ツムラ葛根湯エキス顆粒 添付文書

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  2. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  3. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  4. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  5. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
PAGE TOP