スポンサードリンク

外用剤 薬の特別な使い方

/

『カチリ』ってどんな塗り薬?~水疱瘡に対する効果はあるのか

回答:汗疹(あせも)に古くから使われる炎症・痒み止め

 『カチリ(一般名:フェノール + 酸化亜鉛)』は、炎症と痒みを抑える塗り薬です。

 「フェノール」が含まれているため、絵の具のような独特の匂いがします。
 また、「酸化亜鉛」が含まれているため、塗ると真っ白になります。

 全体的に、「白い絵の具」のような印象を受ける薬ですが、古くから汗疹(あせも)や蕁麻疹、虫刺されなどの皮膚炎に対して、副作用の少ない塗り薬として使われています。

回答の根拠:「フェノール」と「酸化亜鉛」

 『カチリ』は、明治初期の日本の医学者で土肥慶蔵氏が処方した、日本特有の塗り薬です。

 「フェノール」には、防腐・消毒・鎮痒作用があります。
 「酸化亜鉛」には、皮膚保護と収れん作用があります。(※『亜鉛華軟膏(一般名:酸化亜鉛)』)

 また、塗布すると水分が蒸発し、あとに残った膜(植物樹脂:トラガント)が皮膚を保護します。

 どんな塗り薬にも存在する、薬に対する過敏症と刺激感の他には、目立った副作用もありません1)。

 1) カチリ「ホエイ」 添付文書

より刺激の少ない「亜鉛華軟膏」

 『カチリ』は、「フェノール」が刺激になることがあるため、基本的に「傷のある部分」や「粘膜部位(眼・耳・鼻・口腔・肛門・性器)」へは使えません1)。

 こうした部位へは、「フェノール」の入っていない『亜鉛華軟膏』を使うのが一般的です。

薬剤師としてのアドバイス:水疱瘡には使える?

 「水疱瘡」では水疱が全身にでき、その水疱を掻き破ってしまうことが頻繁にあります。そのため、『カチリ』はあまり適切であるとは言えません。

 しかし、「水疱瘡」は比較的簡単に治ることや、『カチリ』に大きな副作用がないことから、簡単にできるケアとして処方されることもあります。
 『カチリ』を塗布すると真っ白になるため、特に小さな子どもの場合は「薬を塗った白い場所は、触ったらダメ」という目印にもなります。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  2. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  3. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  4. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  5. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
PAGE TOP