スポンサードリンク

解熱鎮痛薬・NSAIDs 薬の誤解

/

「ピリンアレルギー」の人は、『バイアスピリン』や『ロキソニン』を避けるべき?~”ピリン”の意味とNSAIDsへの誤解

回答:避ける必要はない

 「ピリンアレルギー」の「ピリン」とは、「アスピリン」のことではありません。解熱鎮痛薬のうち、「ピラゾロン基本骨格」を持つものを「ピリン系」と呼びます。

 『バイアスピリン(一般名:アスピリン)』の「アスピリン」は、たまたま名前が似てしまっただけで無関係です。『ロキソニン(一般名:ロキソプロフェン)』をはじめとする解熱鎮痛薬(NSAIDs)も、ほとんどは「ピリン系」に該当しません。
解熱鎮痛薬とピリン系
 そのため、「ピリンアレルギー」の人でも『バイアスピリン』や『ロキソニン』を問題なく使用できます。

 ただし、解熱鎮痛薬(NSAIDs)の中には「ピリン系」に該当する薬もあり、また解熱鎮痛薬全体に対するアレルギーもあります。
 薬でアレルギーを起こしたことのある人は、必ず医師・薬剤師に相談の上で薬を選ぶようにしてください。

回答の根拠:「ピリン系」とは

 「ピリン系」の薬とは、解熱鎮痛薬(NSAIDs)のうち、「ピラゾロン基本骨格」を有する薬のことです。

※ピラゾロン基本骨格を有する解熱鎮痛薬(NSAIDs)の例
ピラゾロン誘導体(アンチピリン、アミノピリン、スルピリン、イソプロピルアンチピリン)
ピラゾリジン誘導体(フェニルブタゾン、ケトフェニルブタゾン、フェプラゾン、スルフィンピラゾン)

※ピラゾロン環の構造
ピラゾロン骨格

 『バイアスピリン』や『ロキソニン』は、この「ピラゾロン基本骨格」を持っていないため、「ピリン系」の薬ではありません。

※「ピラゾロン基本骨格」を持つ解熱鎮痛薬の例
『メチロン(一般名:スルピリン)』
SG配合顆粒(イソプロピルアンチピリンを含む)

薬剤師としてのアドバイス:アレルギー体質であることに注意は必要

 「ピリンアレルギー」の人でも『バイアスピリン』や『ロキソニン』は使うことができます。

 しかし、「ピリンアレルギー」の人は、他の物質に対してもアレルギーを起こしやすい傾向があります。そのため、『ロキソニン』や『バイアスピリン』でも起こる「アスピリン喘息」などの副作用には注意が必要です。

+αの情報①:アスピリン喘息との混同に注意

 「ピリンアレルギー」と混同しやすい副作用に、「アスピリン喘息」があります。これらは全く別の副作用です。

「アスピリン喘息」・・・解熱鎮痛薬(NSAIDs)全般で起こる、アレルギー反応
「ピリンアレルギー」・・・「ピラゾロン基本骨格」を有する解熱鎮痛薬(NSAIDs)のみで起こる、アレルギー反応
アスピリン喘息とピリンアレルギーの対象
 『バイアスピリン』や『ロキソニン』を避けなければならないのは、「アスピリン喘息」の人です。

+αの情報②:解熱鎮痛薬とNSAIDsは別の薬か

 NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬:Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs)は、広義にはステロイド以外の抗炎症薬全般を指します。一般的には、痛みや発熱に使用する「解熱鎮痛薬」と同じとほぼ同義です。

 「アセトアミノフェン」には抗炎症作用がほとんど無く、厳密にはNSAIDsに分類されません。しかし、基本的に同じような使い方をするため、まとめて述べられることもあります。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


【主な活動】

★「PharmaTribune」にてコラム「今月、世間を賑わした健康情報」連載中です。
★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  2. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  3. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラス1」に取材協力しました
  4. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  5. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneで連載コラムが始まりました
PAGE TOP