■サイト内検索


スポンサードリンク

似た薬の違い

/

『ポステリザン』と『ボラザG』、同じ痔の治療薬の違いは?

回答:傷か、炎症か、で使い分けることも

 『ポステリザン(一般名:大腸菌死菌浮遊液)』と『ボラザG(一般名:トリベノシド+リドカイン)』は、どちらも痔の治療に用いる外用剤です。

 『ポステリザン』は、感染防御力を高め、傷の治りを促す薬です。似た薬に『エキザルベ』があります。

 『ボラザG』は、炎症を抑える「トリベノシド」と、痒みや痛みを和らげる表面麻酔薬「リドカイン」を配合した薬です。これらの成分は市販薬にも含まれ、特に変わった薬ではありません。

 特に厳密な使い分けの基準はなく、一般的には傷があれば『ポステリザン』、炎症があれば『ボラザ』を使用しますが、薬の使いやすさや付随する症状によって異なる使い分けを行うケースもあります。

回答の根拠①:『ポステリザン』~死滅菌による感染防御と肉芽形成

 『ポステリザン』に含まれる「大腸菌死菌」とは、文字通り死滅した大腸菌のことです。既に死滅しているため病原性はありません。

 しかしこれが皮膚に付着すると、身体は菌が付着したと認識し、白血球を呼び寄せます(白血球遊走)。この作用によって感染に対する防御力が高まります1)。
死滅菌の白血球遊走作用

 1) ポステリザン軟膏 添付文書

 また、死滅菌には「肉芽形成促進作用」と呼ばれる”傷の治りを促進する”効果もあります2)。

 2) 薬物療法 10(8,9):1205,(1977)

 こうしたワクチンの局所作用を利用した薬には、他に『エキザルベ』があります。

 『エキザルベ』と同じように、弱いステロイドを配合した『強力ポステリザン(一般名:ヒドロコルチゾン+大腸菌死菌浮遊液)』もあります。ただし、「ヒドロコルチゾン」はステロイドとしては極めて効果は弱く、配合量も微量(1g中に2.5mg=0.25%)のため、ステロイドとしての副作用の心配はありません。

 ※通常、ヒドロコルチゾンは1%の濃度で使います。

回答の根拠②:『ボラザG』~ステロイドに頼らない抗炎症・傷の治癒促進

 『ボラザG』に含まれる「トリベノシド」は、ステロイドではありませんが、抗炎症作用と創傷治癒促進作用を持ちます3)。

 3) ボラザG軟膏 インタビューフォーム

 また、市販の虫刺されの薬などにも含まれる表面麻酔薬「リドカイン」を配合し、痛みや痒みを一時的に和らげる効果も期待できます。

 

薬剤師としてのアドバイス:症状が酷ければステロイドを含む別の薬を

 『ポステリザン』と『ボラザG』は、どちらもステロイドを含まないため、長期で使用する場合に処方されることもあります。

 一方、症状が酷い場合にはステロイドが含まれる『強力ポステリザン』や、更に強いステロイドを含む『ネリプロクト(一般名:ジフルコルトロン吉草酸エステル+リドカイン)』等を使用することもあります。

 ※『強力ポステリザン』に含まれる「ヒドロコルチゾン」はⅤ群相当、『ネリプロクト』に含まれる「ジフルコルトロン吉草酸エステル」はⅡ群の強さです。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動

【書籍】
■羊土社
薬の比較と使い分け100(2017年)
OTC医薬品の比較と使い分け(2019年)
■日経メディカル開発
薬剤師のための医療情報検索テクニック(2019年)

 

【連載】
Medical Tribune / PharmaTribune
ダイヤモンド・ドラッグストア
m3.com

 

【講演】
薬剤師会(大阪府/広島県/山口県)
大学(兵庫医療大学/第一薬科大学)
学会(日本薬局学会/プライマリ・ケア連合学会/アプライド・セラピューティクス学会)

 

【監修・出演等】
異世界薬局(MFコミックス)
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ / TBSラジオ
yomiDr./朝日新聞AERA/BuzzFeed/日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

 

 

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■おすすめ記事

  1. 『パタノール』と『インタール』、同じアレルギー点眼液の違いは…
  2. 『ベイスン』・『セイブル』・『グルコバイ』、同じα-GIの違…
  3. 『ワーファリン』と『バイアスピリン』、同じ血液をサラサラにす…
  4. 『ロキソニン』と『ボルタレン』、同じ鎮痛薬の違いは?~効果の…
  5. 『デパケン』・『インデラル』・『ミグシス』、同じ片頭痛予防薬…
  6. 『ヒアレイン』と『ジクアス』、同じドライアイ治療薬の違いは?…
  7. 『クレストール』と『メバロチン』、同じコレステロールの薬の違…

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

スポンサードリンク
PAGE TOP