スポンサードリンク

ステロイド(外用) 免疫システム

/

『エキザルベ』ってどういう薬?

回答:「炎症止め」と「感染予防」の塗り薬

 『エキザルベ(一般名:ヒドロコルチゾン + 混合死滅菌浮遊液)』は、炎症止めと感染予防の効果を持つ塗り薬です。
 乳幼児の”おむつかぶれ”や、大人のデリケートゾーンのトラブルなど、皮膚が薄い場所で、細菌感染の恐れがある場合によく使用します。

回答の根拠:「ヒドロコルチゾン」と「混合死滅菌浮遊液」の作用

 エキザルベの成分(5g中)は、以下の2つです1)。

ヒドロコルチゾン 2.5mg
混合死滅菌浮遊液 0.166mL

 1) エキザルベ 添付文書

ヒドロコルチゾン

 「ヒドロコルチゾン」とは、いわゆるステロイドです。
 しかし、最も穏やかな作用のもので、更に含まれる濃度も低いため、『エキザルベ』は「ステロイド外用剤」には分類されていません。

混合死滅菌浮遊液

 「混合死滅菌浮遊液」とは、既に病原性を失わせた細菌のことです。

(組成) 1)
大腸菌死菌:約1.5億個
ブドウ球菌死菌:約1.5億個
レンサ球菌死菌:約0.15億個
緑膿菌死菌:約0.15億個

 これらの細菌は既に「死滅」しているので、新たに感染するような力はありません(例:不活化ワクチン)。

 しかし、皮膚に付着すると人間の身体は「細菌がくっついた!」と認識します。
 細菌が皮膚についたと認識した身体は、その場所に白血球を集めて免疫能力をアップさせます。
エキザルベの局所感染防御
 薬を塗った場所に白血球が集まってくるために、その場所の「感染に対する防御力」が上がります2,3)。これを「白血球遊走能を高めることで、局所の感染防御作用を発揮する」と表現します。

 2) 薬理と治療.5(2):397,(1977)
 3) 薬理と治療.2(9):1463,(1974)

 『エキザルベ』は、局所的にワクチンと同じような働きをする薬と言えます。

+αの情報:傷を治す効果

 『エキザルベ』には、「肉芽形成促進作用」と呼ばれる、傷の治りを促す効果もあります2)。

 「肉芽」とは、皮膚を再生するときのスタート地点、まさに「芽」のことです。薬を塗ることでこの「芽」がたくさん作られるので、損傷を受けた皮膚の修復がスピードアップします。

薬剤師としてのアドバイス:何度も塗り直しが必要な場合は、別の薬をもらおう

 『エキザルベ』は、おむつ交換の時や、すぐにとれてしまった場合などは塗り直しすることも可能です。

 しかし、『エキザルベ』にはステロイドである「ヒドロコルチゾン」が微量ながら含まれていることも事実です。

 一時的な使用であれば問題にはなりませんが、長期的に頻繁な塗り直しが必要な場合は、より害の少ないない『亜鉛華軟膏(一般名:酸化亜鉛)』や『プロペト(一般名:白色ワセリン)』などを、「塗り直し用」として追加処方してもらうよう、医師に相談することをお勧めします。


 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  2. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  3. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  4. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  5. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
PAGE TOP