スポンサードリンク

うつ病の治療 統合失調症

/

うつ病に『ジプレキサ』を処方されたのは何故?~うつ病の分類と処方意図

回答:双極性障害(躁うつ病)と診断されたか、あるいは症状緩和を目的にしたもの

 『ジプレキサ(一般名:オランザピン)』は、統合失調症の薬と言われていますが、「双極性障害(躁うつ病)」にも適応があります。

 そのため、『ジプレキサ』を処方された場合、うつ病の中でもいわゆる”病的なうつ状態”が続く「大うつ病性障害」ではなく、「双極性障害」と診断された可能性が考えられます。

 また、うつ病において妄想などの精神症状が強い場合には、症状緩和を目的に処方される場合もありますが、こうした使い方は保険適用外になることに注意が必要です。

 

回答の根拠:『ジプレキサ』の適応症と、双極性障害の難しさ

 『ジプレキサ』は、「双極性障害」の躁症状とうつ症状の両方に適応があります1)。また、『ジプレキサ』は治療ガイドラインにおいても「双極性障害」に対して使用が推奨されています2)。

 1) ジプレキサ錠 添付文書
 2) 日本うつ病学会 治療ガイドライン第2回改訂版「双極性障害」 (2012)


 一般的に「抗うつ薬」と呼ばれるSSRIやSNRIは、「双極性障害」の患者に使用すると症状が躁転し、それが引き金となって自殺を起こしてしまうリスクがあります3)。
 そのため、SSRIやSNRIといった抗うつ薬は単独で使わず、『リーマス(一般名:炭酸リチウム)』や気分安定薬などを併用しながらの治療を行います2)。

 3) ジェイゾロフト錠 添付文書

 ずっと”病的なうつ状態”が続く「大うつ病性障害」と異なり、「双極性障害」では躁状態とうつ状態を繰り返します。

 しかし、毎回診察している医師であっても、いつも顔を合わせたタイミングが”うつ状態”であった場合など、「双極性障害」であると見抜くのは非常に難しいとされています。
 特に、躁状態のときは患者本人も”調子が良い”と誤解し、通院や服薬を勝手に中断してしまう傾向にあります。
双極性障害を見抜くのが難しい理由

 こうした状態では、本当は「双極性障害」であっても「大うつ病性障害」と診断されてしまう、といったことが起こります。
 その結果、「大うつ病性障害」の第一選択薬であるSSRIやSNRIを処方され、「双極性障害」の症状が躁転してしまうといった事例が多々起こっているのも事実です。

 これらの理由から、一見普通の”うつ病”に見えても「双極性障害」の疑いがある場合などには、SSRIやSNRIといった抗うつ薬ではなく、『ジプレキサ』が処方されることがあります。

+αの情報:『ジプレキサ』は指導もしやすい

 本来、SSRIやSNRIなどの抗うつ薬も、多少調子が良くなったからといって止めて良いものではありません。
 しかし、調子が良いと感じると勝手に薬を減らしたり止めてしまい、それによって症状がぶり返し、結局治療が長引いてしまう、というケースは後を絶ちません。

 その点『ジプレキサ』は、「双極性障害」の躁状態とうつ状態のどちらにも効果があるため、医師や薬剤師にとっても「躁状態=調子が良いと感じる時でも、飲み続けるように」と指導しやすい薬と言えます。

薬剤師としてのアドバイス:疑問は主治医・薬剤師に積極的に聞く

 よく、「こんなことを聞いたら怒られる」という声を聞きますが、たとえしょうもないことを聞かれたとしても、それに対して理不尽に怒るような医師・薬剤師は居ません。患者の疑問に答えるのも仕事の一つです。

 万が一居たとしても、そんな医師・薬剤師は早く見限って別の良い医師・薬剤師を探すべきです。

 何か普通と異なる薬を処方された場合には、必ずその薬が選ばれた理由があります。きちんと説明を受け納得できれば、”なぜこの薬が必要なのか”もわかり、治療効果はより一層高まります。

 どんな些細な疑問や不安であっても、積極的に医師・薬剤師に聞いて、自分の治療方針や薬について理解を深めるようにしましょう。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  2. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  3. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  4. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  5. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
PAGE TOP