スポンサードリンク

慢性腎不全・CKD 似た薬の違い

/

『フェロミア』と『リオナ』、「クエン酸第一鉄」と「クエン酸第二鉄」は何が違う?

回答:消化管から吸収される『フェロミア』、吸収されない『リオナ』

 『フェロミア(一般名:クエン酸第一鉄)』は、「鉄欠乏性貧血」の治療薬です。

 『リオナ(一般名:クエン酸第二鉄)』は、慢性腎不全に伴う「高リン酸血症」の治療薬です。

 
 同じ鉄の化合物であっても、消化管から吸収されやすい第一鉄(2価:Fe2+)は鉄の補給剤として、消化管から吸収されにくい第二鉄(3価:Fe3+)はリン吸着剤として使用されます。

回答の根拠:第一鉄と第二鉄の違い

 鉄の化合物が、リン(P)を吸着することは古くから知られています1)。

 しかし同じ鉄と言っても、第一鉄(2価:Fe2+)と、第二鉄(3価:Fe3+)では、体内での働きが大きく異なります。
フェロミアとリオナ
 『フェロミア』に含まれる第一鉄(2価:Fe2+)は、消化管から吸収されやすい特徴を持っています1,2)。そのため、身体に鉄を補給する目的で、貧血の治療に用います。
 第一鉄も確かにリン(P)を吸着しますが、吸着したまま吸収されるため、リン(P)の排出には不向きです。

 『リオナ』に含まれる第二鉄(3価:Fe3+)は、消化管から吸収されにくい特徴を持っています1,2)。そのため、消化管でリン(P)を吸着したまま排泄させる目的で、高リン酸血症の治療に用います。
 第二鉄も確かに鉄を含みますが、消化管から吸収されないため、鉄の補給には不向きです。

 1) リオナ錠 インタビューフォーム
 2) Arzneimittelforschung.37(1A):105-7,(1987) PMID:
3566863

 
 また、『ピートル(一般名:スクロオキシ水酸化鉄)』も第二鉄(3価:Fe3+)で、『リオナ』と同様に”リン吸着剤”として使用されます。

詳しい回答①:生体で必要なリン(P)の調節

 生体では、リン(P)とカルシウム(Ca)の合計量は一定になるように調節されています。これを「カルシウム・リン積」と呼びます。

 慢性腎不全になると腎臓の調節機能が働かなくなり、血液中のリン(P)濃度が上昇し、「高リン酸血症」を起こすことがあります。このとき、「高リン酸血症」そのものは特に自覚症状がありません。
 しかし、過剰にリン(P)が存在すると、「カルシウム・リン積」を一定に保つために骨などからカルシウム(Ca)が流出します。こうして溢れ出したカルシウム(Ca)は、本来は骨ではない組織に沈着し、石灰化を起こします。

 実際、慢性腎不全患者ではこうした「高リン酸血症」が原因となった、”組織の石灰化(骨化)”が頻繁に起こります。

詳しい回答②:鉄を補給しても治らない貧血もある

 貧血のうち、血液の原料となる鉄が不足して起こる「鉄欠乏性貧血」は、『フェロミア』などの鉄剤を補給することで改善します。

 しかし、免疫トラブル等で起こる「溶血性貧血」や、骨髄の機能に異常がある「再生不良性貧血」、慢性腎不全に伴う「腎性貧血」などでは、鉄を補給しても改善しないことがあります。

 長く続く貧血は、鉄不足以外の原因を疑う必要があります。一度病院で検査を受けるようにしましょう。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


【主な活動】

★「PharmaTribune」にてコラム「今月、世間を賑わした健康情報」連載中です。
★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラス1」に取材協力しました
  2. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  3. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  4. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  5. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneで連載コラムが始まりました
PAGE TOP