スポンサードリンク

痛風治療薬 似た薬の違い

/

『ザイロリック』と『ユリノーム』、同じ尿酸値の薬の違いは?~排泄促進と生成抑制

回答:尿酸の生産を減らす『ザイロリック』、尿酸の排泄を増やす『ユリノーム』

 『ザイロリック(一般名:アロプリノール)』と『ユリノーム(一般名:ベンズブロマロン)』は、どちらも尿酸値を下げる薬です。

 『ザイロリック』は、体内で新たに作られる「尿酸」の量を減らします。
 『ユリノーム』は、体から出ていく「尿酸」の量を増やします。
ザイロリックとユリノーム2
 「尿酸」は様々な要因で増えますが、体内で作られる「尿酸」が多い「尿酸産生過剰型」には『ザイロリック』を、体から出ていく「尿酸」が少ない「尿酸排泄低下型」には『ユリノーム』を、それぞれ使い分けます。

 また、『ユリノーム』は服用中に定期的な血液検査が必要であること、腎機能が低下した人では効き目が弱まることなどから、型によらず『ザイロリック』が選ばれることもあります。

回答の根拠①:『ザイロリック』~尿酸生成抑制薬としての作用

 「尿酸」は、体内でプリン体などから作られますが、その際に「キサンチンオキシダーゼ」という酵素が深く関わっています。
 『ザイロリック』は、この「キサンチンオキシダーゼ」を阻害することで、「尿酸」の生成を抑制する作用があります1)。
ザイロリック~尿酸生成抑制薬
 1) ザイロリック錠 添付文書

 そのため『ザイロリック』は、体内で新たに作られる「尿酸」の量が過剰になっている「尿酸産生過剰型」の治療に使われます。

回答の根拠②:『ユリノーム』~尿酸排泄促進薬としての作用

 「尿酸」は腎臓の尿細管でろ過された後、「ヒト尿酸輸送担体(Urate Transporter:URAT)」によって、血液中に再吸収されるようになっています。
 『ユリノーム』は、この「URAT1」の機能を阻害することによって、再吸収される「尿酸」の量を減らし、排泄を促す作用があります2,3)。
ユリノーム~尿酸排泄促進薬
 2) ユリノーム錠 添付文書
 3) Am J Physiol Renal Physiol.281(5):F875-86,(2001) PMID:11592946

 そのため『ユリノーム』は、体内から排泄される「尿酸」の量が減っている「尿酸排泄低下型」の治療に使われます。ただし、『ユリノーム』のような「尿酸排泄促進薬」は、腎機能が低下して尿酸ろ過量が減ると薬の効果も弱まるため、腎障害のある人には適していません4)。

 4) 日本痛風・核酸代謝学会「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン(第2版)」

『ユリノーム』の服用中は、定期的な血液検査が必要

 『ユリノーム』は、稀に肝臓に負担がかかることがあるため、服用開始から6ヶ月間は定期的な血液検査をする必要があります2)。
 こうした検査が負担になるような場合は、血液検査が必要ない『ザイロリック』を使う場合もあります。

薬剤師としてのアドバイス:「痛風発作」がなくとも、尿酸値は下げた方が良い

 尿酸値が高い状態が続くと、腎臓や心臓に負担がかかることが知られています。そのため、尿酸値は基準となる7.0mg/dL以下に維持しておく必要があります。
 痛風発作を起こしていないから治療の必要はない、と考えている人は少なくありませんが、将来的な腎不全や心血管疾患のリスクを減らすためにも、きちんと医療機関を受診し、治療するようにしてください。

 その際、尿酸値を下げる治療は薬物治療だけでなく、生活習慣の改善も重要となるため、まずは生活習慣の改善から始めるという方法もあります。
 特に、急激に尿酸値を下げると痛風発作を悪化させる恐れがあり、痛風発作が起こっている状態では尿酸値を下げる薬は使えないことにも注意が必要です。

ポイントのまとめ

1. 『ザイロリック』は、新たに作られる尿酸の量を減らす
2. 『ユリノーム』は、体内から排泄される尿酸の量を増やす
3. 尿酸値を下げる治療には、生活習慣の改善も重要

添付文書、インタビューフォーム記載内容の比較

◆適応症
ザイロリック:痛風、高尿酸血症を伴う高血圧症
ユリノーム:痛風、高尿酸血症を伴う高血圧症

◆用法
ザイロリック:1日2~3回、食後
ユリノーム:1日1~3回

◆剤型
ザイロリック:錠(50mg、100mg)
ユリノーム:錠(25mg、50mg)

◆肝機能検査
ザイロリック:必要なし
ユリノーム:投与開始後少なくとも6ヶ月間は必ず、定期的に肝機能検査を行う

◆規制区分
ザイロリック:処方箋医薬品
ユリノーム:劇薬、処方箋医薬品

◆製造販売元
ザイロリック:グラクソ・スミスクライン
ユリノーム:鳥居薬品

+αの情報①:「尿酸産生過剰型」と「尿酸排泄低下型」の基準

 作られる「尿酸」の量が多いのか、排泄される「尿酸」の量が少ないのかは、「尿酸クリアランス」と「尿中の尿酸排泄量」を尿検査によって調べることで診断できます4)。
 24時間蓄尿で検査するのが理想ですが、外来診療で行うのは大変なため、60分間の尿で検査するのが一般的です。

尿酸産生過剰と尿酸排泄低下 

+αの情報②:『ザイロリック』と『ユリノーム』の併用

 腎障害のある高尿酸血症に対して、『ザイロリック』と『ユリノーム』の併用療法が有効とする報告もあります5)。このとき、『ザイロリック』の使用量も減らせることが示唆されています。

 5) Nihon Jinzo Gakkai Shi.50(4):506-12,(2008) PMID:18546882

+αの情報③:新しい尿酸生成抑制薬『フェブリク』

 『ザイロリック』と同じ、作られる「尿酸」の量を減らす薬に『フェブリク(一般名:フェブキスタット)』があります。

 『フェブリク』は、『ザイロリック』よりも尿酸生成に関わる酵素に対してピンポイントに作用するため、副作用や他の薬との相互作用が少ない、腎機能が多少低下していても用量調節する必要がないという特徴があります。
 ただし、2011年に登場した新しい薬のため、後発医薬品(ジェネリック医薬品)は未だ存在せず、薬価も高くなっています。

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  2. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  3. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  4. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  5. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
PAGE TOP