『クラバモックス』で酷い下痢をしている。薬を中止すべき?


回答:自己判断では中止しない、医師に相談を

 『クラバモックス(一般名:アモキシシリン + クラブラン酸)』などの抗生物質を服用していると、下痢をしてしまうことがあります。

 その際、下痢によって脱水を起こす恐れがある、便に粘液や血液が混ざっている、といった場合には薬の中止や変更を考慮する必要がありますが、多少の下痢であれば我慢して薬を服用し、治療を完了させる必要があります。
抗生物質の下痢~危険なものとそうでないもの

 特に、自己判断で勝手に薬を中止してしまうと、感染症の治療ができないばかりか、「耐性菌」を生み次から薬が効かなくなってしまう恐れもあります。

 そのため、抗生物質で下痢が酷くて困る場合でも自己判断では中止せず、医師に症状を伝えて今後の対応を相談するようにしてください。



回答の根拠①:抗生物質による下痢は、恐ろしい副作用ではない

 『クラバモックス』などの抗生物質は、感染症の原因菌だけでなく、腸内細菌にも作用します。そのため、善玉菌も一緒に退治してしまい、腸内細菌のバランスが崩れてしまうことがあります。
抗生物質で下痢をする理由
 これが、抗生物質を服用している時の軟便・下痢・便秘といった副作用の原因となります。

 そのため、『ビオフェルミンR』など抗生物質に対して「耐性」を持つ善玉菌の薬を併用することで、副作用を軽減・予防することができます。
 また、薬を飲み終われば腸内細菌も元の状態に戻っていくため、自然に治癒していきます。


危険な下痢もある

 あまりに下痢が酷くてぐったりしている、脱水症状を起こす恐れがある、といった場合には、下痢止めを併用しながら継続する、薬を中止・変更する、といった対応が必要になります。
 また、便に粘液や血液が混ざっているような場合は、腸内細菌のバランスが崩れたことによる単純な下痢ではない可能性があります。

 こうした危険な下痢の場合には、すぐに主治医に連絡し、今後の対応を相談するようにしてください。



回答の根拠②:「耐性菌」のリスク

 『クラバモックス』などの抗生物質は、症状が治まってきても最後まで飲み切る必要があります。途中で止めてしまうと、細菌が「耐性」を獲得し、次から薬が効きにくくなってしまう恐れがあるからです。

 また、こうしてできた「耐性菌」が家族や友人に伝染すると、薬の効かない感染症が広まってしまうことになります。

 安全に使用できる抗生物質の種類には限りがあります。耐性菌を次々に生み出していると、最終的にはどんな薬も効かない「耐性菌」を生み出し、ヒトが再び感染症で死に至る時代に逆戻りしてしまうことになります。



薬剤師としてのアドバイス①:下痢しやすい抗生物質は覚えておく

 抗生物質と下痢は、薬理作用上、避けられない副作用です。しかし、整腸剤や下痢止めなどを併用することによって、ある程度のコントロールが可能です。

 そのため、下痢しやすい抗生物質の名前は覚えておき、医師・薬剤師に伝えることで、予め予防対策をすることができます。
 お薬手帳などに蛍光ペンと付箋で目立つよう印を付けておくなど、伝え忘れがないようにしておくことをお勧めします。
di-techo03



薬剤師としてのアドバイス②:「下痢がひどい」という基準は人それぞれ、迷ったら相談を

 「下痢がひどい」という表現も、人によって様々です。

 多少の下痢で薬を中止してしまうことは、治療や耐性菌の面からも良いことではありません。しかし、下痢を放置して脱水症状を起こしたり、危険な下痢を見落としてしまうリスクもあります。

 継続か中止か迷った場合には自己判断せず、必ず医師・薬剤師に相談するようにしてください。
 


 ~注意事項~
◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

カスタム検索



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL