『デパケン』と『テグレトール』、同じてんかん薬の違いは?~全般発作と部分発作


回答:『デパケン』は全般発作、『テグレトール』は部分発作の「第一選択薬」

 『デパケン(一般名:バルプロ酸)』と『テグレトール(一般名:カルバマゼピン)』は、どちらも「てんかん」の薬です。

 『デパケン』は、「全般発作」の「第一選択薬」です。
 『テグレトール』は、「部分発作(局在関連てんかん)」の「第一選択薬」です。
デパケンとテグレトール
 『デパケン』は、「全般発作」と「部分発作」の両方に効果がありますが、「部分発作」に対する優先度はそれほど高いわけではありません。てんかん=『デパケン』という安易な選択はできないことに注意が必要です。



回答の根拠①:「てんかん」の分類と、「第一選択薬」の違い

 「てんかん」は、脳のどこで過剰な興奮が起こっているか、によって「全般発作」と「部分発作」の2つに分類されます。

※てんかんの分類
全般発作・・・脳全体で過剰な興奮が起こっているもの
部分発作・・・脳の一部で過剰な興奮が起こっているもの
(部分発作のことを、最近は「局在関連てんかん」と呼ぶこともあります)

 ガイドラインでは、「全般発作」の第一選択薬は『デパケン』、「部分発作」の第一選択薬は『テグレトール』とされています1)。そのため、基本的にこの分類によって使い分けます。

 1) 日本神経学会 「てんかん治療ガイドライン (2010)」

意識障害の有無で分類するわけではない

 「全般発作」と「部分発作」の違いを、意識障害があるかないかで区別する、としている情報が時々あります。
 しかし、「部分発作」には、意識障害を伴わない「単純部分発作」と、意識障害を伴う「複雑部分発作」があり、必ずしも意識障害の有無で区別できるわけではありません。



回答の根拠②:『デパケン』は「部分発作」にも使うが、優先順位は高くない

 『デパケン』は、「全般発作」と「部分発作」の両方に効果があります2)。

 2) デパケンR錠 添付文書

 そのため、てんかん=『デパケン』という安易な使い方がされていたこともありますが、現在のガイドラインでは、「部分発作」に対する『デパケン』は第4候補という扱いで、そこまで推奨度が高いわけではありません1)。
デパケン~部分発作にも効果
※新規の「部分発作」に対するガイドラインの推奨度
第一選択薬:『テグレトール(一般名:カルバマゼピン)』
第二選択薬:『アレビアチン(一般名:フェニトイン)』・『エクセグラン(一般名:ゾニサミド)』
その他、候補になる薬:『デパケン(一般名:バルプロ酸)』

部分発作に『デパケン』が使われている場合は、副作用歴や併用薬に注意

 「部分発作」の「第一選択薬」である『テグレトール』は、相互作用を起こす薬が非常に多いこと3)、また皮膚障害の副作用も多いこと4)から、非常に扱いが難しい薬です。

 3) テグレトール錠 添付文書
 4) 厚生労働省 「医薬品・医療機器等安全性情報 No.290」 (2012)


 そのため、比較的副作用の少ない『デパケン』に切り替えて使っていることがあります。
 このように、「部分発作」に対して『デパケン』が使われている場合、過去に『テグレトール』による副作用や相互作用が問題になった、というケースもあるため、注意が必要です。



薬剤師としてのアドバイス:運転免許取得・妊娠など人生の節目には、専門医の受診も

 「てんかん」の治療は、年単位で長く続ける必要があります。
 そのため、日常的な診察・薬の処方は「かかりつけ」の医師にしてもらい、何か困ったことが起きた場合は専門医を紹介してもらう、といった治療が一般的です。

 特に、「てんかん」の治療薬は、2006~2016年の10年間の間に10個の新薬が承認されています(後述)。
 また、発売当初は他の薬との併用でしか使えなかった薬が、現在では単独で使えるようになっている場合もあります。

 このように、「てんかん」の治療は大きく変わりつつあります。運転免許を取得したい、結婚して子どもを産みたい、といった人生の節目には、一度専門医を受診して治療方針を軌道修正することも必要です。


ポイントのまとめ
1. 『デパケン』は「全般発作」、『テグレトール』は「部分発作」の第一選択薬
2. 『デパケン』は「全般発作」と「部分発作」の両方に効くが、「部分発作」に対する優先順位は高くない
3. 「てんかん」の薬物治療は、この10年で大きく変わりつつあるため、時には治療方針の修正も必要





添付文書、インタビューフォーム記載内容の比較

◆適応症

デパケン:各種てんかん(小発作・焦点発作・精神運動発作ならびに混合発作)およびてんかんに伴う性格行動障害(不機嫌・易怒性等)の治療、躁病および躁うつ病の躁状態の治療、片頭痛発作の発症抑制
テグレトール:精神運動発作、てんかん性格及びてんかんに伴う精神障害、てんかんの痙攣発作:強直間代発作(全般痙攣発作・大発作)、躁病・躁うつ病の躁状態、統合失調症の興奮状態、三叉神経痛

◆併用禁忌の薬
デパケン:カルバペネム系の抗生物質
テグレトール:『ブイフェンド(一般名:ボリコナゾール)』、『アドシルカ(一般名:タダラフィル)』、『エジュラント(一般名:リルピビリン)』

◆併用注意の項目数
デパケン:9種
テグレトール:29種(CYP3A4に関わる薬全般)

◆妊娠中の安全性評価
デパケン:オーストラリア基準D】 (添付文書上は「原則禁忌」)
テグレトール:オーストラリア基準D】 (添付文書上は「有益性が上回る場合のみ投与」)

◆剤型の種類
デパケン:錠・R錠(100mg、200mg)、細粒(20%、40%)、シロップ
テグレトール:錠(100mg、200mg)、細粒

◆製造販売元
デパケン:協和発酵キリン
テグレトール:田辺三菱製薬



+αの情報:2006~2016年の10年間に新しく登場した「てんかん」の薬

 現在、「てんかん」に使われている薬は20種近くありますが、その半数近い10種が2006年以降に登場した新薬です。特に、2016年には3種の新薬が承認され、選択肢が大きく広がっています。

2006年:『ガバペン(一般名:ガバペンチン)』
2007年:『トピナ(一般名:トピラマート)』
2008年:『ラミクタール(一般名:ラモトリギン)』
2010年:『イーケプラ(一般名:レベチラセタム)』
2012年:『ディアコミット(一般名:スチリペンドール)』
2013年:『イノベロン(一般名:ルフィナミド)』
2016年:『フィコンパ(一般名:ペランパネル)』
2016年:『サブリル(一般名:ビガバトリン)』
2016年:『ビムパット(一般名:ラコサミド)』

 しかし、現行のガイドラインは2010年に改訂されたもので、一部の新薬に関しては記載がありません。そのため、医師によっても判断が分かれる部分があります。



 ~注意事項~
◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

カスタム検索



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL