■サイト内検索


スポンサードリンク

解熱鎮痛薬・NSAIDs 副作用

/

「アスピリン喘息」では何故、鼻づまりが起こるの?~「ロイコトリエン」が増えるメカニズム

回答:「ロイコトリエン」によるアレルギーが起こるから

 「アスピリン喘息」は、『ロキソニン(一般名:ロキソプロフェン)』など解熱鎮痛薬の副作用で起こるアレルギー症状です。
 体内で「ロイコトリエン」が急激に増えるため、息苦しさなどの喘息症状と、鼻づまりなどの鼻症状を起こすのが特徴です。

回答の根拠:「ロイコトリエン」が増えるメカニズム

 体内の「アラキドン酸」は、通常「プロスタグランジン」と「ロイコトリエン」の2つにバランスよく代謝されています。

 『ロキソニン』などの解熱鎮痛薬を使って、痛みや炎症の原因となる「プロスタグランジン」への代謝を抑えたとき、「アラキドン酸」がもう一方の「ロイコトリエン」に大量に代謝されることがあります。

 こうした解熱鎮痛薬がきっかけで「ロイコトリエン」が増え、喘息発作を起こすのが「アスピリン喘息」のメカニズムです1,2)。

 1) 社団法人「八日会」先端医療講座
 2) Clin Exp Allergy.32(3):339-42,(2002) PMID:11940059

+αの情報:「ヒスタミン」と「ロイコトリエン」

 アレルギーの主な原因物質には、「ヒスタミン」と「ロイコトリエン」があります。
 「ヒスタミン」は痒みやくしゃみなどの症状、「ロイコトリエン」は喘息や鼻づまりといった症状の原因となります。

 そのため同じアレルギーであっても、痒みやくしゃみの治療には『ザイザル(一般名:レボセチリジン)』などの「抗ヒスタミン薬」を、喘息や鼻づまりの治療には『シングレア(一般名:モンテルカスト)』などの「抗ロイコトリエン薬」を使う必要があります。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動

【書籍】(羊土社)
薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100

【薬学監修】
異世界薬局
m3.com 薬剤クイズ
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」
日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

【連載】
PharmaTribune「世間を賑わした健康情報」

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

  1. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  2. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  3. 薬剤師のありかた

    新卒・若手薬剤師にお勧めの「勉強用書籍」の紹介
  4. 薬剤師のありかた

    忙しい人にお勧めの「勉強・情報収集用ブログ」の紹介
  5. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
PAGE TOP